FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

ゲーム

零の軌跡 6

 3回目。

>ダークレジェンド戦

 太陽の砦、入口左手にある魔物宝箱の近く。
 レベル32のHP4999。2体。
 状態異常は全て効かず、通常攻撃に即死効果。被ダメはDEF221なら600くらい。
 通常攻撃は小円範囲。即死予防した仲間を突っ込ませて囮にし、弱点の風アーツを使えばさほどに苦戦しない。

>オーグヴィラージ戦

 星見の塔屋上にて。
 レベル32のHP9779。2体。状態異常はやはり一切効きません。
 アーツを使う為の待機状態になると、それをキャンセルする全体攻撃を使ってきます。これの被ダメは600ほど。
 後は暗闇効果のある小円範囲攻撃も600ほどで、通常攻撃は800後半。
 弱点は地と空。壊滅する様な攻撃も飛んで来ないので、Sクラフトやコンビ技で蹂躙すれば。
 ロイドとランディのコンビネーションクラフトなら、両者STR300少しで3000ダメージほど。
 ティオとランディのコンビネーションクラフトを見るに、STR依存?

>ビジョウ戦

 月の僧院。アークデーモンと戦ったところ。
 レベル32のHP8312。2体。
 やけに早い詠唱時間なガリオンタワーが鬱陶しい。ADF187で800~900ほど。1000まで到達した気もしますが。いずれにせよ、HP2400あれば上記の能力では2発で死ぬことはありません。
 いずれかの能力を大幅に下げる攻撃は被ダメ800くらい。
 状態異常の一切効かない相手にちまちま戦ってても仕方がないのでコンビネーションクラフトのごり押し。

 8日目です。

 ×××

 
>8日目

 一週間ですか。まさかクリアできていないとは。
 
 本部に戻る。セルゲイに報告。するとセルゲイは、「全部の事件繋がってんじゃね」と言う。むしろその可能性を追求しなかった理由を知りたい。
 とりあえず色んな件が結びつきそうではあるのですけど、うちの部署だけではちょっと手に余るのではないかと言うロイドに、ちょうど良い機会だと返すセルゲイ。したら来客。ダドリーさんでした。
 何か報告があって訪れたらしい。ロイド達に話すことを躊躇うダドリーさんですが、結局話してくれることに。
 
 内容ですが、一課には黒月への襲撃事件を受けてマフィア同士の抗争を食い止めるよう全力を傾けろという指示が下りました。
 全力というのは今まで行ってきた調査を打ち切り、そちらに注力するということです。
 その中には、謎の薬物の捜査もありました。それに関する噂をダドリーさんが話すと、ロイドは入手した薬物を見せます。蒼の錠剤はまさにそれ。
 薬物捜査の打ち切りを命じたのは上層部の誰か。これは即ち、ルバーチェが警察上層部を動かした証拠でもあります。
 ダドリーさんがやって来たのはその上層部に不満を持ったから。しかし一課はマフィア同士の件で動けず、それを無視すれば露骨な横槍が入ることでしょう。
 なもんで、セルゲイは一課と極秘に協力体制を取ることを提案。で、一課からはマフィアの情報を遠慮なく受け取ることが可能に。
 ダドリーさんは去り際、「そっちは任せたから、マフィアの件には首突っ込んでくるなよ!」と言うのでした。
 
 さて、新種の薬物の原料を知るため、ヨアヒム先生の元を訪れる必要があります。
 でもその前に支援要請。
 
 セルゲイと話したら会話が始まる。薬物でツキまで上げられるのかという話。
「もしかして悪魔に魂でも売ったのかもな、ティオ、その辺しっかり確かめて来い」とセルゲイさん。
 ティオの件はともかく、悪魔ってのは先の遺跡のアレでしょうが、随分詰め込んでくるもんだ。
 
 1つ目は家出娘の捜索。選択肢はメイドさん出したり娘の肩を持ったり。
 
 2つ目は爺さんの依頼に従って3種の花集め。
 ロイドの兄貴、噛ませの妻、よくわからない人の3名に花を供える。
 よくわからない人の名前は微妙な伏線なんだろうか。
 
 ヨアヒム先生のところに。あの野郎、また釣りに行こうとしてやがる。
 シズク氏が町に来るらしい。攫われるかなぁー。
 
 先生に薬を見せる。見たことのない類のもの。明日には結果を教えてくれる。
 数年前に聞いた噂の話。狂信的な宗教集団が不思議な薬を造り出した。その薬は悪魔の力を借りることで人間の潜在能力を開花させて、運すら呼びこむもの。
 薬の名前はグノーシス。ティオが露骨な反応。
 やはり宗教集団が出てきましたね。
 ……
 クロスベルの闇はどうすることもできないから、その宗教団体にクロスベルを巻き込むような災厄を引き起こさせて、それを解決させて終わらせるつもりなんじゃないだろうか。
 ……
 ええと、バスで帰る前にティオが体調を崩しました。
 
 で、ティオの昔話です。
 5年前に両親と離れてしまったティオですが、それはとある狂信的な宗教団体に拉致されたからでした。
 ティオの感知能力は、その宗教団体による人為的な産物な訳です。
 宗教団体は各地に拠点を設けていて、拠点ごとに様々な手段で儀式をとりおこなっていたんだとか。
 3年間その実験は続けられて、ある日ロイドの兄貴を含めた一課メンバーが乗り込んできました。
 後は以前話した通り。
 
 ティオは若干人間離れしてしまったことにより、自分の生きる道を……
 ……
 見てて恥ずかしくなってきたので簡単に書くと、「君の問題の答え探し、俺達も協力するさ!」ってことです。
 それを受けて、「ロイドみたいに恥ずかしい台詞を平然と吐くなよ……」と言うティオですが、私としては彼女も十分恥ずかしいと思う。SO4で唐突に悩みを告白したレイミさんを思い出す。
 ティオの場合、自分1人が生き残った、ってところに悩みの原因があるみたいなので、レイミさんとはまた違うとはいえ、「こいつ、いきなり何を言ってるんだ」という戸惑いは同一。
 
 戻ってセルゲイと話す。
 セルゲイの過去話。
 団体拠点制圧の一行にはセルゲイもいました。彼はロイドの兄貴の直属の上司だったのです。
 当時のセルゲイは今と同じように警察では煙たがられている存在でした。そんな彼に2人の規格外新人がよこされたのです。1人がロイドの兄貴。もう1人は何とあの噛ませ。2人は正反対な性格もあって妙にウマが合い、クロスベル最高のコンビと言われるまでになりました。彼らはその実績から一課に代わり国際的な犯罪事件の合同調査を任されることに。その首謀グループが例の狂信集団、『D∴G教団』です。
 ∴ってのは「~ゆえに」って数学記号らしいですが、Gの意味するものはかのグノーシスです。
 
 ……
 グノーシスってどっかで聞いたことあるなぁ、と思ったら、ゼノサーガでしたっけ。
 
 その教団事件の顛末ですが、ギルドと協力して各地の拠点を潰し、後は勝手に自滅してって終結……だったのですけど。
 ロイドの兄貴の死亡理由、更に薬の存在と、教団の生き残りが暗躍している可能性は高いです。
 ここにきてセルゲイもその重い腰を上げるのでした。
 
 特支課の設立について。いや、ロイドの兄貴の考えをセルゲイが実行したってだけなんですが。
 キーアもその教団に絡んでるかもしれないってんで、ロイドはセルゲイにキーアの護衛を頼むのでした。
 
 翌日。薬の被害にあっていると思しき人への聞き込みを行うことに。午後からはヨアヒム先生からの連絡もあるでしょうし。
 電話。ガンツ氏がいなくなった。
 
 新しい支援要請のほとんどが手配魔獣とは……
 
 太陽の砦。左手にある魔物が守っていた宝箱の近くでダークレジェンド戦。
 戦闘後にランディとティオのコンビネーションクラフトを入手。大円範囲に回避不能攻撃。
 
 星見の塔。屋上でオーグヴィラージ戦。
 撃破すると、エリィとランディのコンビネーションクラフトが使えるようになりました。効能はティオと同じ。
 
 状態異常さえしっかり防げたなら、集まってホーリーバレットからのCP回復でコンビネーションクラフト祭りになりそう。ランディならウォークライがありますし。ランディ+ロイド、ランディ+ティオのコンビネーションクラフトの連打とか。末恐ろしいな。
 
 月の僧院。儀式の間にてビジョウ戦。
 撃破後、エリィとティオのコンビネーションクラフト修得。大円範囲の50%凍結。
スポンサーサイト



コメント

新幹線男。

英雄伝説・零の軌跡とゼノサーガシリーズのコラボレーションをして欲しいですよ。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ