FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

無残

 
 最近、日本の終わりを憂慮する声がたくさん聞こえてきます。その理由は様々あれど、共通しているのは「日本はもう駄目かもわからんね」に尽きています。
 そりゃ、脱税してるにも関わらずのほほんと総理大臣の椅子に座ってる人がいたり、事業仕分けとか言ってよくわからないパフォーマンスに励んでいる議員の皆様を見てると、むべなるかなという気持ちは一層強まります。

 あの事業仕分けってのには何か意味あるんでしょうか。無駄を削減する、って確かに聞こえはいいですが、見ている限りではちゃんと取捨選択しているようには思えません。その象徴とも言えるのがスパコンを代表とする科学技術でしょうか。削減じゃー! と言っておきながら、管副総理から「見直さないかんでしょう」と駄目だし食らい、挙句に「ちゃんと説明してくれれば!」と開き直っている始末。何でそういう金の整理を任されているのに、行われていることの基礎知識を抑えていないのか。

 無駄を削減! という面しか取り上げず、それを行っている人間の能力について一切触れないのは何でなのでしょう。

 んでまあ「日本はおしまい。一回駄目になってやり直そう」という意見が大半で、私も恐らく日本は駄目だろうと、まだ成人も迎えてないのに悲しいことを思っていますが、やり直したところで、下がっていた線を平行にするだけで、更に悪くなる可能性を免れただけに過ぎず、結局は悪いところにいるのは変わりない。ではそこからもう一度這い上がろうということになっても、それができる政党はありますか? 民主党だろうが自民党だろうが、どこにもクズで無駄に力を持った政治家はいるのですし、そういう連中を駆除できなければ、結局平行になった線はまた下がるだけではないですか。もちろん埋もれている有能な人はたくさんいるのでしょうけど。
 
 やり直そうという意見には賛成な私ですが、そう上手くいかないと同時に思います。戦後とはまるっきり状況が違うのですしね。
 本当に終わった時、はたして日本に浮上するきっかけとなるべきものは残っているんでしょうか。皆無な気がしてならない昨今の私です。

>追記

 前回のものといい、真面目なことを書くとすぐに書きなおしたくなる、芯のない私です。
 マスコミが悪いとか書くのは簡単ですし、実際この状況を作り出している、いや、あの民主の支持率が6割もあるという状況ですけど、その一因はマスコミにあると思ってますもの。スッキリ! なんて報道バラエティにくせに連日事業仕分けを取り上げるから良くない。新聞も何かオブラートな感じ。社説では「何やってんだ民主」とは言うものの、肝心の記事は声高じゃない。社説で言ってもなぁ、と思う、社説や市民の声が好きな私です。最近市民の声は政治的なものが薄くなって、たまにあったかと思えば「事業仕分け、ようやっとる」で何だかなぁ、な気持ちになりました。マスメディアってあれですね。国民は無知である、の認識の次に「だから啓蒙してやろう」という意識にいかずに「好都合ですわい」と思っている節があるように思います。市橋容疑者の飯の問題とか。

 上の書いた後に飯を食べていたら、テレビでアンビリーバボーな番組がやっていて、最近2012とかいう、2012年に人類が滅亡する映画をやるとかで、2012年に訪れる危機とは何なのか、というのを取り上げていました。なんでしたか、マヤ文明の予言との奇妙な合致がどーとか。マヤ文明は自分達の文明が滅びることも予見していた! とか言ってました。ふうん、って感じです。
 番組では太陽からの磁気嵐がその原因である、と述べて、NASAの発表を引用。何でも太陽ってのは活発な時期とそーでない時期とがあって、その周期は11年ほど。んで、2012年は今までで一番強くなるだろう! ってのが発表。11年という短い周期。NASAって創立何年なのでしょう。
 後、その根拠となるのは、地球には磁気圏っていうバリア的なものがあるのですが、これに地球以上の穴が開いていた。だからその時に地球に壊滅的な被害があるだろう、だそうで。その穴って唐突に開いた訳じゃないでしょうし、ねぇ。

 地球温暖化だってCO2が直接原因であると科学的に証明された訳じゃないのに。1999年のノストラさんもそうでしたが、こういうそれっぽいこじつけで金もうけをする輩ってのは浅ましいですね。

 しかしこれが事実なら、別に日本の行く末を憂慮する必要はないかもしれませんね。上の方で「日本が立ちなおる? 何楽観的なこと言ってんでえ」と言っておきながら、その実、良くも悪くも楽観的な私です。多分日本人は先天的に楽観的なところがあるのでしょう、うむ。
スポンサーサイト



コメント

良いことですよ

文科省と学校が、どれほど腐っているかを知っていますか。
事業仕分け大賛成です。
文科省官僚が計画した事業は、全て廃止すべきと思っています。
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることです。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実こそ、文科省官僚の無能と腐敗を明らかにしています。文科省こそ、日本社会を衰弱させる癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。絶対に許せません。
不道徳で無責任な腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
誰もが、事業仕分けで文科省を廃止すべきと、確信する筈です。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ