FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

ゲーム

オクトパストラベラー クリア

 一応エンドロールを見たのでクリア扱いに。8人の4章をクリアしました。サイラスのレベル75。
 さすがにこのレベルだと苦戦も何もなかった。

 感想ですが、期待通りに面白かったです。一番評価しているのは自由度の高さですね。自由度というのは、すべての街にいつでも行ける、という意味です。これは別に最近の話でもないですが、シナリオの進行度で不自然な通行止めを食らうことが多い中、その気になれば後半の街に行けるのは新鮮でした。もちろん一部のシナリオで行くダンジョンは不自然な通行止めがありますけど……
 後はフィールドアクションの「盗み」がこの作品の魅力の4割位あるんじゃないかと思う。その段階ではありえないくらいの戦力にできる、その大味さがとても好印象でした。

 戦闘は最初の方で頭打ちが早そう、と書きましたけど、バトルジョブ解禁から思った以上に戦略性が増していった感じです。属性耐性がない関係で、魔術師やルーンマスター等の属性大正義になってる感はありますが。
 あ、ルーンマスターの真価は全体ルーンで魔術師に追撃起こさせることだったみたいです。

 難点は

1.マップがやたら見づらい。宝箱の配置的に意識的なのがいやらしい。
2.鍵付き宝箱。いちいちテリオン連れて再訪するのめんどい。
3.メンバーの入れ替え+別メンバーの装備替えが酒場でしかできない。
4.控えメンバーに経験値入らない。
5.ストーリー進行のテンポが悪い

 でしょうか。
 雑魚戦に関しては中盤以降はサイラスの魔法ぶっぱで全部解決だったので、特に気になりませんでしたが、それに気づかないと終始ダルいことになるので、そこを欠点に感じる人もいるかもしれませんね。

 シナリオに関しては、全体的な内容はトレサとオルベリクがよろしく、エンディング単体ではオフィーリアがよかったですね。

 以下ネタバレ。

 比較対象はずっとサガフロだったんですが(ロマサガ3は違うと思う)、そもそもサガフロの舞台っていい意味でめちゃくちゃなので、1大陸で人間相手のシナリオでは、似たり寄ったりの展開になるのは仕方ないのかな、とちょっと思う。どいつもこいつも主要人物が裏切るので、テンポが悪いって書きましたが、たぶんその原因は既視感によるものでしょうね。
 特にプリムロゼ4章は、先にオルベリク3章を見ていたので、全部エアハルトの焼き直しに見えて困りました。せっかくあんな入念に描写されてたのに。

 アーフェンのシナリオは、オーゲンに悪人をおっかぶせる展開が雑だと思いました。オーゲンは助けた悪人に妻が殺されるって展開ですが、アーフェンの場合、助けた悪人が赤の他人を襲っている訳で、オーゲンの治療で立ち直れる話ではないでしょう。
 しかし、あの話の一番の衝撃は子供時代のアーフェンを治療した恩人の年齢が当時26ってところだと思う。見間違いであってほしい。
 
 トレサのシナリオは終始彼女の成長譚なので、わかりやすく、すっきりした話でした。
 ただ、「本当に大事な宝物は1つだけ」というワードに対してのトレサの答えが「旅」ってのはざっくりし過ぎでは……14歳の子供の話ならともかく、18歳設定でこんなこと言われても……

 サイラスの話は終始何がしたいのかよくわからなかったです。

 オフィーリアのシナリオですが、義理の父ってやっぱり暗殺だったんですかね。
 もっとも黒幕って間抜けそうなので「死んだ? ラッキー!」くらいの行き当たりばったりな作戦だった気がしますけれど。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ