FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

アニメ

雑感 349

 感想は、

◆立花館To Lieあんぐる
◆あまんちゅ!~あどばんす~
◆鬼灯の冷徹 第弐期
◆こみっくがーるず

 です。


◆立花館To Lieあんぐる

 流れ星の下で。

 猪って水かけたら逃げるんですかね。おばあちゃんは本当に物理でどうにかしろと言っていたのか……

◆あまんちゅ!~あどばんす~

 ハロウィン。

 いつの間にかハロウィンはコスプレパーティという面で市民権を得てしまいましたね。実に謎。
 
 てこ君は完全に惚れきってますが、こころちゃんはどうなんだろう。友達の友達に対して持ってしまうあの何とも言えない気持ちでしかないような。しかし、なんであんなにたこが好きなんだろう。

 姉ちゃん先輩の衣装は一部のフェティシズムを持っている人にはたまらないものではないかと思う。

 数話前で見た夢の描写が今回も登場。今回覚えているのはやはりぴかり相手だからなんでしょうかね。夢だとてこ君が王子役になるのが面白い。
 そういえばてこ君ってぴかりに夢のスペシャリストだって明かしてましたっけ。夢の自分を見たらぴかりはびっくりする、って言ってた気がしますが。

 先生のモノローグがやたら多いのと、この夢の描写が今後の展開のキーになるんでしょうが、ダイビング要素はどこに……
 むしろ、1期やこれまでの雰囲気を鑑みれば、こっちが本筋で、ダイビング要素が異色なのでは……

◆鬼灯の冷徹 第弐期

 檎回。

>1

 ぬらりひょん。

 ぬらりひょんが大物扱いなのはやっぱりあの御大のせいなんですかね。確かに、人んちに勝手に居座るやつが大将ってのも不思議な話です。

>2

 労働。

 檎の声は最初聞いた時違和感しかなかったんですが、気だるい感じだけなら実にいい味のある声質ですよね。あってるかどうかともかく、いい塩梅の声。
 
 本当に楽して儲けるには、生まれる家に賭けるしかないのだろうか。
 いつか機械が何もかもやってくれるならそうした時代がやってくるのかもしれませんね。そうなれば、人間不要の王道展開が待ち受けているでしょうが。
 
◆こみっくがーるず

 メガネキャラへの憧れ。
 
 2次元キャラって大体メガネ似合ってる気がします。たぶん目が大きすぎるからだと思う。度数きつくなると、眼鏡越しの目って小さくなりますからね。それで大体顔が妙なことになる。
 
 原作でも気になってましたが、かおす先生の財源ってどこなんだろう。デビューしたとはいえアニメだけで見ればネーム持ち込みしかしてない訳で、フィギュアを即決で買えるほどの財力があるとは……
 ……
 そもそもフィギュアってどれくらいするんですかね。8000~20000円くらい? 

 今回はなぜか3巻のエピソードがメインでしたけれど、色々カット+アニオリが設定と展開にちょっと無理を引き起こしているように感じました。たとえば先輩の部屋をなぜか屋根裏に配置しておきながら部屋のレイアウトは微妙に原作を踏襲しているので、どうやって部屋に運び込んだんだと言いたくなる家具がちらほら。その上、ピアノありましたけど、原作の部屋にはなかったような……
 眼鏡を勧めるシーンも、本来ならつーちゃん体験入部回でバレー部キャプテンというメガネキャラがいたのに回想でカットしたから、大人っぽい女性への憧れ→眼鏡勧める、という微妙によくわからない展開になっているのも気になりました。
 1人で眼鏡を買いに行くかおす先生ってのも違和感がありましたが、あれは小夢初連載からの、成長しなきゃ、の流れだと思えば納得できました。

 ただ、一番どうかと思ったのは眼鏡封印をかおす先生が言い出すところですね。あれ、原作では他の人が禁じるんですよ。あれだけ「成長しなきゃ!」を前面に押し出しながら、自分の下手な絵に耐えきれず封印って、ギャグ演出にしても、かおす先生のキャラ崩壊レベルの落とし方でしょう。

 アキバ来訪のところでさりげなくかおす先生がツイートする動作、「はこなう」はアニオリのツイートですし、そういう点でいいところもたくさんあるだけに、逆に上記の点が目立って見えたのがちょっと残念でした。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ