FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

アニメ

雑感 347

 感想は、

◆立花館To Lieあんぐる
◆あまんちゅ!~あどばんす~
◆こみっくがーるず
◆鬼灯の冷徹 第弐期

 です。

 今期のOPとEDは、立花館To LieあんぐるのED(OP?)の音がやたら小さいのが気になるくらい。


◆立花館To Lieあんぐる

 なんか増える。

 いきなり上がり込んできた女性を可愛いの一言で片付ける大家さんが一番危険人物な気がする。普通に3Pで参戦してそう。

◆あまんちゅ!~あどばんす~

 ぷちふらいんぐうぃっち。

 夢を夢と意識するのってわりとあるんですが、薄い膜のようなものに隔てられている感じで、いつも大体傍観者です。自分自身がそこにいる感覚になったのって一回あったくらい。
 ネガティブに見ると、何もかもてこ君の空想ってのが怖いですね。前回からの描写を引きずると、夢で自分の理想を演じて、そのダシに、たまたま隣にいた女の子を利用した。名前を聞く前に消えたのは当然自分が知らないから。自覚していないところを見るに、そもそも明晰夢であるかどうかも怪しい。
 ……
 一応調べたら、この夢の仕様は原作の設定通りらしいですね。どういう作風なんだ……
 普通覚えてたら隣をちらっと見るもので、詳しいところまでは忘れちゃったらしい。夢のプロフェッショナルとは一体……

◆こみっくがーるず

 小夢回……でよかったんですかね。

 わかばガールの子達が友情出演。また札束で解決しようとしてましたね。

 小夢が連載持ちたい雑誌の恋愛漫画なんて、大体妄想垂れ流しの絵空事オンパレードな内容のものばかりではないかという偏見があります。むしろ実際に恋愛を経験しない方が突飛なものが書けていいのでは。
 それに、そもそも小夢の問題点って男がまともに描けないところだったような。それって読み切り以前の問題じゃないですか。

 遊園地のチケット受け取るところとか、観覧車乗るところとか、小夢のテンションの変わりぶりは狂気を感じる。

 寮母さんは恋のつくものなら男女問わないのか、そっち専門なのか。
 寮母さんと編集さんの繋がりはなんとなくわかりますが、そこに先生が絡んでくるのが不思議。元漫画家志望だったのかしらん。
 
 そういえばるっきー毎回携帯で写真撮ってますけど、パソコンに疎い彼女がその写真を現像したり退避させたりしている光景が想像つかない。容量大丈夫なんだろうか。

◆鬼灯の冷徹 第弐期

 滝夜叉姫。

 義経公ってそういえば中の人あの人でしたね。全然覚えてなくて、軽く衝撃を受けました。
 
 いつの時代も重要なのはコミュニケーション力なんだなぁ。異界のものとのコミュニケーションを円滑にする書物なんてのも出回っていたのだろうか。骸骨相手なら、頭蓋骨の形で性格分析してどうのこうの、という話になるのか。鬼の場合は角の数あたりか。なかなか楽しそうな本になりそう。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ