FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

ゲーム

隻狼 3

 2回目の坊さん撃破まで。

 全エリア踏破のトロフィーが出たので、どうやら終盤らしいです。ソウルシリーズと比べると、ずいぶん少ない。

 ガードできない強攻撃の1つである下段系はジャンプ回避が基本なんですが、ジャンプボタン押しても跳べないことが頻発して、坊さん戦はこれのせいでかなり苦戦しました。コントローラーのせいかと思って取り替えても出ない時は出ない。
 後、大猿戦や坊さん戦が顕著でしたが、弾きやってると処理落ちでもしてるのか、物凄くもっさりしだして、後々、入力遅延も出る始末。敵の攻撃モーションがわかってるのに、こういうので被弾するとやるせない気持ちになります。
 自分だけかと、倒したボス限定で動画サイト漁っても、全体的にそうでもなく、サクサクしてる。初期型が悪いのか、外付けSSDに入れてやってるのが悪いのか。わからないですね。

 Proなぁ。今更買うのも……という気がちょっとしてます。
スポンサーサイト



ゲーム

隻狼 2

 猿軍団撃破まで。

 猿軍団の4匹目は時折被ダメ食らうところから、これは見えない系だなぁ、とわかったものの、そこから15分さまよう羽目になりました。かすかに足音は聞こえるので、ヘッドホンならもっと楽だったのかも。
 おばば様とお兄様はこの作品の戦闘の主題を教えてくれる素晴らしいボス戦でした。特にお兄様戦の楽しさは感動的と言ってもいいと思う。
 
 ある意味ガードゲーだとわかってから、色々順調になってきた感があります。
 ただお寺の薙刀僧兵みたいに、未だに戦い方がよくわからない雑魚もいますが……。

ゲーム

隻狼 1

 鬼なんとかさんを倒したところまで。
 
 てっきりブラッドボーン系列かと思ったんですが、ステップの性能が思ったよりよろしくないのが誤算だった。ダメージ食らってあわててステップというのは全然適切な行動でなくて、とにかくジャストガードを決めないと話にならないです。これがうまくハマるととんでもなく楽しい戦闘になるのですが、タイミングが掴めないとただただ防戦になり、クソゲーの烙印を押したくなること請け合いです。

 ステージを進めるだけならそれほど難しくないのですが(視認範囲がわりと狭いので、忍殺仕放題なところがある)、中ボスやボスで難易度が跳ね上がる感じ。中ボスやボス戦はどんだけジャストガード決めるかの世界で、元々ソウルシリーズでパリィが全く扱えなかった私にはなかなかしんどいコンセプトです。前述通り、うまくハマるととてつもなく楽しいんですが、そこまでのハードルがとても高いですね。

 気になるのは、中ボスで絶対に雑魚が複数体配置されているところ。死にゲーなので繰り返しやる必要がある訳ですが、いちいちこの処理をしないといけないのがとてもダルいです。

ゲーム

無双OROCHI3 5

 プラチナ取りました。

 プラチナまでのトロフィーは修羅S、オールS、オールミッションクリアで、要するに各ステージの修羅を全部Sでクリアして、かつ適当な誰かのユニーク武器の条件満たせば良かっただけなんですが、合体神術系がだるくて敬遠していたのでした。
 ただ、ずいぶん前に出てたDLC神器を触ってみたところ、ケルベロス系統のチャージ神術が合体ゲージ貯めにも殲滅にもえげつない性能を誇っていたので、その勢いで達成できてしまいました。孫市は本当に何でもできるなぁ。

日常

雑文 515

 ピエール瀧さんがコカインで逮捕されて、ゲームの配信が止まったり電気グルーヴのCDの配信が止まったりで大変なことになってますね。30周年のリミックス作に早く気付けて良かった。

 この手の不祥事になると必ず上記のような対応が行われて、それは果たしてどうなんだ、ということが続いて話題になります。私も、ドラマの再撮影やら声の撮り直しやらは不毛だと思いますし、音楽の配信停止も謎な対応だと感じます。

 音楽の世界で言えば、お薬の力で出来た作品なんてのはもちろんありますし、中には使用感をイメージして作られた楽曲もある訳で、使うことの是非はともかくとして、出来上がった作品にケチをつける必要はないでしょう。
 私の中では俳優業もそうですね。数ある演技が仮にお薬の力だったとしても、映像化されたら作中の人物でしかないはず。ドラマで殺人鬼を演じた俳優が殺人鬼扱いされることはないのに、その逆が起こるのは不思議なことです。

>追記

 とはいえ、精神の安定をはかるために薬を用いていたとすると、話は変わってくるんですかね。
 いずれにしても、作品中止までは不要だとは思う。スポーツ選手なら100%アウトですけど、剥奪されるのは記録であって、映像ではないですし。
 ……
 とあるプロレスラーが殺人を犯して自殺した際、映像の取り扱いがなくなりましたよね。まあこっちは罪が罪な訳ですが……
 うーん。

>追記終わり

 しかしながら、昨今の世の中は少数派の不謹慎で謝罪撤回に追い込まれるようになっていますから、その観点での対応はわからなくもない。特にディズニーなんかは自身のブランドがありますからね。アラジンだって今はもう変わってるらしいですし。
 したがって、こういう不毛に見える対応をなくすには、人々の意識を変えないといけないのでしょうが……無理でしょうね。本心はいざしらず、とりあえず「不謹慎!」と言いたいだけの手合いは絶対出てくるでしょうし。

 そういえば逮捕されるなら卓球さんかと失礼なことを思ってたんですが、やってても海外できちんと済ませていたのかもしれない。
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ