FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

日常

雑文 512

 今年も終わりなので振り返り。

◆日常

 今年は人生初のインフルにかかりました。病気はそれくらいです。
 体調自体は、やはりパソコンのモニタの見過ぎで、目が毎年辛いです。眼鏡かけていてもピントが合わせづらくなっているのが気になる。今年か去年かに眼鏡買い直したんですが、あんまりあってない気がする。

 お仕事は現在絶賛残業中で、今月は色々面倒くさい時間になってました。私本人がよくても、会社が、社会が許してくれないってのが面倒くさいですね。

 健康診断で心電図の異常を指摘されました。不整脈だそうですが、とても今更感がある。というのも、私は物心ついた頃から定期的に心臓付近が痛む体質で、それで一回病院に駆け込んだくらいなので、むしろ今まで指摘されなかったことの方が不思議でした。病院に行った時は肋間神経痛だと言われたのですが、今回の指摘と関係あるのかはわかりません。

 いずれにせよ、身体は順調に蝕まれているみたいです。気持ち的にはそうでもないのですけど。

◆読書

 例年と同じく、仕事に関係のある本と時折買うエッセイ、後は全部定期的に買ってる漫画ですね。

 今月の買い出しに本屋に行ったら、私の前で会計してたおばあさんが大量のラノベを購入していて面食らいました。あれは帰郷する孫に読ませるものだったのだろうか。

◆音楽

 機器の更新はなし。昨年から耳が遠くなってるのを自覚してたみたいですが、今年もそんな感じです。
 CDごとの音量バランスがバラバラなのが、ここら辺の錯覚を生んでいるような気がしなくもない。

 今年買ったCDは163枚。あれ、去年と同じ。そういえば去年の総括、書くと言いつつ書いてませんね。
 以下買った順です。

1.face to ace

 聖飢魔IIの元(?)ギタリスト、エース清水氏のユニット。あっちはメタルでしたが、こっちはポップスです。
 聖飢魔IIの頃から特徴的なメロディでアルバムに彩りを添えていた同氏ですが、こちらでもそのセンスが存分に発揮されております。ボーカルは全部エースさんで、特筆するほど上手いとは思わないですが、いい声質だと思う。
 アルバム全体でいい曲が揃ってるのは『FACE TO FACE』、『NOSTALGIA』、ミニアルバムの『風と貝がら』。曲で好きなのは『FACE TO FACE』から「...I KNOW」、『風と貝がら』から「ヒグラシ」、『PROMISED MELODIES』から「約束の旋律」ですね。

2.Amorphis

 どこかのメロディック・デス・メタルでいいんでしょうか。多分今年一番聞いたのはこのバンドの曲だと思う。
 デスヴォイスとクリーンヴォイスを使い分けるよくある形式のバンドですが、曲の哀愁度が高く、とにかくしんみりしたい時によくプレイリストを流してました。
 私の中ではわりとハードよりな楽曲が多い『Circle』『Under The Red Cloud』がお気に入り。もちろん『Eclipse』と『Silent Waters』の完成度も抜群。
 曲では『Circle』から「Into The Abyss」がたまらなく好き。このアルバムは、「Mission」から、「Nightbird's Song」以外の「Into The Abyss」までの曲って義兄弟な感じがあって私はお気に入りです。悪く言えば似たような曲なんですが……
 後は『Under The Red Cloud』から「Dark Path」。デスとクリーンの使い分けが気持ちいい曲です。

3.Sentenced

 今更買ったような気がするどこぞのハードロックバンド……でいいんでしょうか。
『The Cold White Light』の名盤ぶりは聞いていたものの、どこかで視聴して、そこまででもないな、と思ってずっと買わずにいたのですが、なんか気が向いて買ってみたら、看板に偽りなし、という感想になりました。
 このアルバムでは「You Are The One」が一番好きですね。
『The Funeral Album』も名盤でした。

4.Dark Tranquillity

 どこぞのメロディック・デス・メタルやってるバンドのはず。
 Amorphisと違ってクリーンヴォイスの使い方は控え目で、基本的にはデスがメインです。方向性としてはゲロ気味なものの、それほど不快感なく聞けます。
 このバンドはとにかく鍵盤が目立ってるのがいいですね。鍵盤入ってたらわりとなんでも気に入る性質の私にはドンピシャでした。
 その極地みたいなアルバムが『Fiction』で、アルバム単位で何度も聞いたのはこれと、Circus Maximusの『Nine』だと思う。
 他のアルバムでは『Haven』と『Damage Done』がお気にいり。『Damage Done』はボーナストラック含め隙がない作品だった。

5.ARMORED CORE ORIGINAL SOUNDTRACK 20th ANNIVERSARY BOX

 アーマードコアの今まで出たサントラをまとめた夢のような作品。即時予約しないのは罪ですよ。
 来年7が出るエースコンバットもしてくれないなぁ……あれ、スペシャルセットにサントラつけ過ぎだと思う。

6.Tunguska

 Treatの新作。曲単位では前作の方が好きな曲が多かったですが、今作の完成度も文句なしです。

7.cali≠gari

 日本のビジュアル系……でいいんですかね。
 最新作の『14』はまだ聞き込みが足りてないからか、あまり良い印象ではないです。

8.GOATBED

 cali≠gariのボーカルのソロプロジェクト。
 脳天気なテクノポップからハードなテクノに変わっていっており、どちらかといえばメロディの良かった初期の方が好きです。
 
9.Tiara

 Seventh Wonderの新作。ボーカルがKamelotでもやってるからか、なんと前作から8年ぶり。その間にKamelotは3枚出してますからねぇ……というか、今年出してましたね。
 そのKamelotの新作も買ってますが、どっちの方が気に入ったかと言われるとこっちですね。ジャンルとしてはプログレ・メタルになると思うのですが、とにかく聞きやすいです。

10.Circus Maximus

 やはり『Nine』が一番好きなアルバムですね。スルメアルバムって表現は好きじゃないのですが、この作品はまさにそうでした。

11.UNDERMINED

 cali≠gariのベーシストのソロアルバム。
 元々cali≠gariを手にとったのはこの人が私の聞いてるバンドの諸々に参加されてたからなんですが、この作品はそんな方々がゲストとして出ているのが特徴。正直Deepers目的で買ったと言ってもいい。
 御本人もDeepersリスペクトを謳っている、cali≠gariのボーカルも参加している「Aqualander」が一押しなんですが、「Isolated」も捨てがたい。こっちは要所に出てくる鍵盤が綺麗。

12.RABBIT EP

 そんなDeepersの新作。音源自体は7年ぶりですか。
 これを皮切りに新作を……

13.Richard Ashcroft

 イギリスのバンドThe Verveのボーカリスト。The Verveはかなり好きなバンドなんですが、あれの肝はギターにあったんじゃないかと思っていたので、ソロアルバムはあんまり興味なかったのでした。
 ただ例によって気が向いて買ってみたら、音はともかく、メロディはやっぱりいいなぁ、と手のひらを返した次第です。
 アルバム単位では『Alone With Everybody』と『Keys To The World』の2強。最新作の『These People』もわかりやすくていいですよ。

以下アニメとゲーム。

スポンサーサイト

ゲーム

ラストレムナント 6

 議長代理として王都に向かうところまで。バトルランク83。

 育て過ぎなのか、シナリオではボス戦続きだったのですが、一切苦戦することなく今に至っています。
 拠点6戦はアサルトアシッドの独擅場でした。バランスが吹き飛んでる。
 
 いつの間にかトルガルがガン=カタ使えるようになってたんですが、与ダメ8万なんて出ててビビる。
 ただ、バグズがいつの間にか覚えてた強技は16万という文字通り桁違いの破壊力でした。

 王都到達で一部のクエストが受けられなくなるそうなのですが、その受けられなくなるクエストの1つが、裏ボス級の敵を倒さないといけないものらしい。
 この作品は周回プレー可能なものの、引き継ぎ要素は素材と一部大事な物くらいなんだとか。
 わりとボリュームのある作品なので、2周目は色々としんどいため、倒すための稼ぎをしてでも1周で完結したいところ。

 しかし、そうなるとラスボスは消化試合になるのか……
 もう今の段階でわりとシナリオボスは消化試合みたいなものなので、気にするだけ無駄かもしれない。

ゲーム

ラストレムナント 5

 妹を救出し、バトル参加人数が18人になったところまで。バトルランク73。
 18人というのはやっぱり、4人を3ユニオン、3人を2ユニオンというバランスなんでしょうね。
 
 1ユニオンの与ダメが1万を超えるようになったものの、雑魚ユニオンの体力も数万レベルなので、戦闘時間はむしろ長くなっているような。
 敵も味方も使って強いのが突撃術のアサルトアシッド。範囲攻撃みたいなテキストなのに、明らかに全ユニオンが対象なのは仕様のか。そのせいで敵が2回使えばこっちが全滅する有様です。

ゲーム

ラストレムナント 4

 仇討ちと妹救出のため、敵の拠点に乗り込むところまで。バトルランク59。シナリオ的には中盤くらいですかね。

 ユニオンを5つ出せるようになったので、役割分担を一応考えて構成してます。物理系3,魔法1,サポート1という感じ。強雑魚はマルチロックアップがあるので、体力そこそこの魔法系が何人かいれば魔法系を増やしたいのですけれど。
 主人公のラッシュは魔法系で運用してますが、クラスはソードマンという歪さ。wikiによるとソードマンはランク3のクラスだそうですが、魔法系のランク4って条件結構面倒くさいですね……。
 ランクで見ると、いつの間にかトルガルがランク6のテラーナイトになってました。斧に持ち替えていたので、タクティクスオウガ的には嬉しいところ。テラーナイトと言えば斧ですよ。
 後はケイドモンも同じくランク6のサイレントになってました。2人とも、その種族専用のクラスらしいですね。
 
 他の皆さんは基本的にランク3で、工作魔法使いまくってた人達の一部がランク4になってました。工作魔法は敵が使っても味方が使っても強い。狙撃魔法も、こっちがまともに使えるやつがいないのでアレですが、敵に使われると面倒です。

ゲーム

ゴッドイーター3 0

 とりあえずアップデート前に触っておかないと、と思い、序盤の2ミッションだけやりました。OPの歌がひどかった。

 さらっとしか触ってませんが、拠点らしきところの移動速度の遅さでもう嫌になりました。R1ボタンを押せば多少早くなりますが……
 武器設定のメニューもなんだかもっさりしてる。改善されるらしい攻撃速度の遅さに関してはそれほど違和感はなかったですが、ステップのレスポンスの鈍さはかなり気になりました。
 新武器のヘヴィムーンは、ヘヴィとは思えない振りの速さに驚愕してます。

 いずれにせよ、ラストレムナントが一段落するまでやらないです。最も、一段落した頃、あるいは前にキングダムハーツ3が出そうですけど……
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ