FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

雑本 59

 いくつか買いました。
 村上春樹さんが新作を出したらしく、本屋で結構な量が積んでありました。
 あらすじを見た感じ、ねじまき鳥クロニクルをスケールダウンさせた話に見えますが、どーなんでしょ。前作の色彩がどーのこーのもノルウェイの森をスケールダウンさせた話に見えましたが。

 ×××
 
 ハクメイとミコチは5巻。今巻も安定の出来。
 印象に残った話はコンジュとその隣人の話。緑尾狼のキャラバンを見に行くまでの道中の話(2話構成の1つ目)、会長と奥さんの喧嘩の仲裁方法をみんなで考える話の3つですね。全部サブキャラがいい感じの話です。
 1つ目はコンジュの隣人が可愛かった。でも美人度で言えば暗森の話で出てきた母親キャラがダントツでしたね。
 3つ目は会長と部下のやりとりが微笑ましかった。会長の自宅の話を聞いて「さすが会長!」と皆でほめたたえるコマが好きです。

 気になったのは図書館の秘書の1日を描いた話で、途中から秘書さんがハクメイのかませみたいになったのが解せなかった。次の話が緑尾狼のキャラバンを見に行く2部作だったのも、そのもやもやに拍車をかけた感じ。あれも結局、ハクメイに箔つける話みたいなものじゃないですか。ハクメイのキャラ自体は好きなんですが、所々で有能ぶりを説明するような展開が出てくるのがちょっと……
 とはいえこれは難癖みたいなもので、やはり素晴らしい作品です。次巻、早く出ないかなぁ。

 ×××

 ダンジョン飯は4巻。
 巻のほとんどがレッドドラゴン戦と戦後処理な訳ですが、冒頭の唯一関係ない話が世界背景の補充になっていて、実に興味深かったです。今巻のマルシルの活躍ぶりを見ると、2部とも言える今後の展開はエルフがキーになるのでしょうか。
 
 肝心のレッドドラゴン戦は緊張感みなぎる読み応え抜群の内容。ライオスがレッドドラゴンの顔面に乗り移ってから決着の流れには息を呑むしかなかったです。
 息を呑む展開は、後はファリンの蘇生ですかね。この作品の雰囲気を考えると、これでめでたしめでたしって絶対にならないんだろうなぁ。

 回復魔法の副作用は素直に感心しました。でもこれゲームで実装されたらうざったいでしょうね。

 巻末のおまけ漫画も秀逸。特にドラゴン好き界隈のネタは笑えた。

 これも次巻が待ち遠しいなぁ。

 ×××

 にゃんこデイズは既刊2巻。
 アニメのあの時間では原作の魅力を引き出せていないんではないか、という期待と共に買ったんですが、アニメは原作の魅力を忠実に引き出していることを確認するだけの結果に終わりました。
 大体、色々と雑なんですよね。そもそも人語を操り字すら書けるにゃんこ達を、我々の猫と同一レベルに捉えている地点で何かおかしい。ろーが水族館に行く話なんてまさにそうで、そりゃ我々の世界の猫があんなことしたら話題になるでしょうが、描写されてるにゃんこのレベルを考えたら日常茶飯事じゃないの、と思ってしまう。
 にゃんこの設定の雑さは、アニメに出てないキャラが9年越しににゃんこと和解する話にも窺える。この世界のにゃんこはいつまで生きるつもりなんだ。しかも9年経ってるのに、9年前と何もかも変わってない様には恐怖すら覚えます。後、この話は流れも微妙で、9年と言う年月の重さを一切感じさせない様は悪い意味で感動的。そんなに思い出なかったんじゃないの。

 と、不満はありますが、全体的には無難に可愛い作品です。一番可愛いのが友子のお母さんなのは議論を待たないところですが。

 ×××

 生徒会役員共は14巻。映画化するらしいですね。何するんだろう。

 学生陣ではやはり轟さんが飛びぬけてますね。1人だけ何歩も先を歩んでる。会長やウオミーの下ネタが児戯と化してる。

 今巻でウオミー側の副会長である森さんが、この人もやっぱりおかしい枠に無事加わりました。いえ、言動自体は真っ当なんですが、知ってる人レベルのタカ君へ手作りお弁当を届けることに一切の迷いがないのが怖い。一緒に買い物するし、挙句に家乗り込みますからね。メンタルすげーですよ。
 名前だけ明らかになった生徒会の3人目のメンバー、青葉さんもやはり変人なんだろうか。
 ……
 WORKING!!に出てきそうな面してるなぁ。
スポンサーサイト



アニメ

雑感 299

 感想は、

◆うらら迷路帖
◆けものフレンズ
◆ガヴリールドロップアウト
◆にゃんこデイズ
◆小林さんちのメイドラゴン

 です。

 

ゲーム

仁王 3

 近畿地方の全ミッションをクリアしたところまで。レベル70。

 アップデートで矢弾や一部アイテムが自動的に倉庫に保存されるようになりました。やっぱり不満に思ってた人が多かったんですね。
 後、ミッション開始時に矢弾を自動補充するオプションが追加されてました。

 どんどん遊びやすくなっているものの、気持ちとしては微妙に飽きてきてます。
 何というか、討鬼伝2の延長戦をやってる気分になっているというか。
 致命的なのは探索のつまらなさですね。先に進めばどんな風景が待っているんだろうか、という期待感が全くない。あるいは新たなステージの風景を見て、ここはどんなところなんだ、って高揚感もない。ただ事務的にミッションを消化するだけになってる。それを死にゲーで感じたくなかった。
 ハクスラ要素は今の段階では根を詰めるものでもないだろうので、ますます進める気持ちがなくなってきてて……

 どうしようかな。

ゲーム

仁王 2

 中国地方のストーリーミッションが終わったところまで。レベル52。

 ディアブロと同じく武具にはレベルがついていて、それで能力値も変わります。
 低レベルの武具も高レベルの武具を材料にすれば、材料と同じレベルまで引き上げることができるのですが、費用が実用レベルじゃないので、長くお世話になっていた長政シリーズを一新したのでした。修行中級で戦えるおっさんのシリーズを4点セットで使ってます。

 新しい強雑魚が出てきてますが、この作品は相手の攻撃に割り込みガードができる仕様のせいか、どいつも攻撃の出がやたら速い。しかもその仕様のせいで、それ繋がるの? と疑問に思うモーションも目立つ。
 スタミナのインチキ具合はこの手のゲームでは当たり前なので、そこは気にしてません。でも、穴や水みたいな即死トラップに妖怪系が自分から落ちることがまったくないのが意味わかんない。明らかに見えない壁で守られてるんですよね。そこはフェアにしませんか。

 ストーリーミッションの他にサブミッションってのがあるんですが、既に使いまわしマップなところに不安を覚える。
 
 シナリオですが、そもそも世界背景がまとまってない感じがする。妖怪、守護霊、アムリタ、ここら辺の要素がシナリオはもちろん、背景として機能してない。人様の守護霊が分霊して主人公に宿るところなんて、シナリオ的な説明は一切ないですからね。
 後、妖怪の跋扈する世界で関ヶ原の戦いが起こる意味がわからない。

アニメ

雑感 298

 感想は、

◆うらら迷路帖
◆けものフレンズ
◆ガヴリールドロップアウト
◆にゃんこデイズ
◆小林さんちのメイドラゴン

 です。

 NEWGAMEの2期が決まったそうですね。ここの制作会社が2期なんか作る、という情報は知ってましたが、まさかこの作品とは……
 野崎くん2期は……

 
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ