FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

アニメ

雑感 265

 感想は、

◆三者三葉
◆ふらいんぐうぃっち
◆ワガママハイスペック
◆うさかめ
◆パンでPeace!
◆田中くんはいつもけだるげ

 です。

 今期のOPとEDですが、相変わらず特に何とも。
 曲に既視感を覚えるのは加齢の証明だからあんまり言わない方がいいのでしょうが、それでも三者三葉のOPは言わざるを得ない。あの曲、隅から隅まで聞き覚えのあるフレーズしかない。

 
スポンサーサイト

ゲーム

ダークソウル3 5

 2周目始めました。ラスボス前まで。レベルもそこそこあるし(現在130くらい)し、1周目の経験もあるしで、そんなに苦戦せずに来られました。ボス戦ははNPCをふんだんに使ってやっていますけれど、実に便利です。おとりになってくれるのが本当にありがたい。竜狩りの鎧戦でのイーゴンが印象的です。かなりしぶとかった。
 周回で難易度が上がっているそうなのですけど、体感としてはしぶとくなってるなぁ、くらい。王子戦では兄貴を3回くらい地面に這いつくばらせた気がする。1周目は1回目の回復中に仕留められたのですけど。
 プラチナを目指すには後1周しなければいけない訳ですが、ボスの体力を削り切れるか不安です。
 
 NPCのイベントも大体回収。わかっていたとはいえ、暗いイベントが多いです。
 
 とりあえずラスボスを撃破したら、契約系のアイテムを手に入れるためのマラソンを行うことになるのでしょう。
 飽きたら途中であきらめたブラッドボーンに再チャレンジしてみようかな。

>追記
 ブラッドボーンをちょっと触る。放置していた神父様に勝てたので、上手くなっているのかもしれない。
 ただ、その後のマシンガン野郎に爽快にやられる。大きな違いは回復アイテムの回復量な気がする。

アニメ

雑感 264

 感想は、

◆三者三葉
◆ふらいんぐうぃっち
◆ワガママハイスペック
◆うさかめ
◆パンでPeace!
◆田中くんはいつもけだるげ

 です。

 ふらいんぐうぃっちの原作を買おうかと本屋に行ったのですが、1巻と4巻しかなかったのであきらめました。
 大家さんは思春期といい、ニーズに応えてくれないですね。三者三葉なんて全巻揃ってたのに。

 

ゲーム

ダークソウル3 クリア

 クリアしました。レベルは96。プレイ時間は40時間くらい。

 ハベルの大盾の受け値を改造で適度に上げると、ラスボス戦が一気に楽になりました。回避を織り交ぜないと満足に攻撃できませんけど、防御を選択して崩される心配がまったくなくなったのが大きい。
 一応全エリアは踏破し、ボスも全撃破しました。攻略情報はラスボスのエリアに到着してから解禁したので、ハベルの大盾の入手は攻略情報に頼ったようなものですね。
 ボス戦はNPCと一緒に戦うこともできたそうですけど、前回に書いた通りNPCのイベントは大体すっ飛ばしてますし、ボス戦のほとんどは燃えてない状態で戦ってたので、1回も使いませんでした。

 能力値の振り分けは筋力重視で、クリア地点で46+指輪補正の51でした。ゴッドヒルトの双剣を装備できるくらいの技量を確保してます。で、防具は無名騎士の兜、後はドランシリーズで固め、双剣とハベルの大盾を装備、ハベルの指輪と寵愛の指輪の補正込みで、重量が7割を下回るまで体力を上げてから、生命力と持久力に残りを割り振ったような構成です。

 他の武器はヨームの大鉈を愛用していました。武骨で格好いい。

 感想ですが、かなり面白かったですね。最初はクリアできるかとても不安だったものの、レベルと装備の補強さえしっかりすれば何とかなるものです。すべてのボス戦で心臓が高鳴っていた気がする。
 ボス戦の不満は与ダメの感覚があまりないところ。ひるんでほしいとまでは言いませんが。
 後は、この手のゲームの宿命と言えるカメラワーク。古竜の頂で戦ったボスのところが一番しんどかったです。

 雑魚戦は大物を持っている奴が戦ってて面白くなかった。敵の剛体はおかしい。それ以外はおおむね楽しかったです。

 探索に関しては、初プレイみたいなものなので特に不満はありません。何もかもが新鮮でした。

 トロフィーのコンプには3週いるんですね。まったく見てなかったNPCのイベントを見るため、2週目はやると思います。

日常

雑文 470

 電子書籍端末を買おうと思って止めました。
 漫画や小説は紙媒体じゃないと読む気になれないものの、参考書ならいいかな、と考えたのです。ほとんどの参考書って無駄にでかいので、持ち運びが面倒ですからね。
 問題は、私がタッチパネルという操作方法が大嫌いなことで、当たり前ですがどっちもほとんどがタッチパネルです。専用端末の一部には物理ボタンで操作できるものがあるそうですが、お値段何と2万5000円から。さすがにちょっと高い。
 また、参考書ってほとんどがA5サイズ以上なので、ほとんどの端末の大きさだと読むのが大変そう。
 と、調べれば調べるほど、メリットがなさそうなんですね。せめて値段が1万円前後なら試しに、という感覚で買えたのですが……
 結局、まだ小説などを読むのにしか適してないのでしょう。
 A5サイズのブックカバーを買うことで着地点としました。
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ