FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

日常

雑文 464

 今年も終わりなので振り返り。

◆日常

 家は出ていませんが、健康に陰りが見えてきたこの頃。風邪などのつまらない病気にはかかっていないものの、いきなりでかい病に襲われてもおかしくないな、という気持ち。やはり健康は一番の資本ですから、食生活や運動を考えたいところ。

 お仕事は、会社は変わっていませんが、やってることはかなり変わりました。おかげで通勤時間も勤務時間もはね上がる。当初は年末年始の休みは6日間、と聞いていたのですが、気が付けば4日に減っていました。休みの日数云々ではなく、減るということが辛い。
 
 来年に免許の更新をしなければなりません。結局乗らなかった。

 お金の浪費は去年よりも悪化した気がする。貯金は増えてもいないし減ってもいない。

◆読書

 エッセイと漫画が中心なのは例年通り。
 今年はエッセイ方面に収穫がなかった。買い続けている作家さんのエッセイを継続的に買ったくらい。
 漫画は例によってアニメからの購入がほとんど。なのでジャンルも推して知るべし。

◆音楽

 USB-DACは相変わらず落ち着かず、FOSTEXのHP-A8を使っています。
 ヘッドホンは変えてTH-900に。でも来年に同機種のリケーブル可能機が出るらしい。断線したら考えよう。
 
 今年買ったCDは140枚。去年より減りました。
 買って満足したものを買った順に並べます。

>1:Talisman

 個別感想にも書いた気がするバンドのアルバム一連。今も結構聞きます。
 作品の中では『Life』が別格に格好いいと思う。「LoveBlind」が一番好きです。

>2:坂本真綾


 声優さんです。今年出たのを含め、だいたいのアルバムを買いました。初期の4枚は菅野よう子さんが全面プロデュースしていたらしい。
 私は心の狭い聞き手なので、その初期4枚以外は大してよく感じませんでした。では菅野さんの曲が好きなのかと言われると、それ以降のタッグを組んだ曲も例外なく気に入りませんでした。4枚目の『少年アリス』以降から坂本さんの歌が、個人としては悪い意味で上手くなったように感じられたのが原因ではないと思う次第。そもそも、これ以降の作品は音が嫌いなところがある。うるさい。
 作品の中では『DIVE』が一番好き。ジャケットの曇った感じが各曲の雰囲気によくあってる。一番好きな曲は「ユッカ」ですね。

>3:Stormcrow

 個別感想にも書いた、CAIN'S OFFERINGの2枚目の作品。1枚目も買いましたが、こっちはそれほどでもなかった。
 
>4:Eternal


 個別感想にも書いた、Stratovariusの新作。

>5:Asunder, Sweet & Other Distres


 個別感想にも書いた、Godspeed You! Black Emperorの新作。

>6:Central Belters

 Mogwaiのベストアルバム。アルバムはほとんど持っているので、2枚目までは既に知ってる曲だったのですが、3枚目のはじめて聞く作品が抜群によかった。具体的には「Hugh Dallas」。この曲は、「あれ、音量バランスおかしくない?」という始まりから後半に轟音でびびらせるいつもの構成なんですが、その後半パートがいいんですね。心が洗われるようです。

>7:Anathema

 イギリスのバンド。初期はParadise Lostらと並び称されるゴシックメタルの一人者だったものの、徐々に音楽性を変えて、今では初期の面影はない。でもよくよく聞くと、初期も今も音楽の構成というか、目指すところは共通してるように感じる。
 今年一番買ってよかったと思えるバンドです。イギリスのバンドって好きなバンドが多いのですが、共通しているのはじめっとした雰囲気。というか、私は全体的にじめっとした雰囲気の曲が好きなんだと思う。先に挙げた坂本真綾さんの『DIVE』だって明るくはないし。
 一番好きな作品は『Judgement』。1~4曲目の流れが完璧。曲としては……『A Fine Day to Exit』からの「Underworld」をよく聞いていた気がする。だらだらした曲で、ボーカルの歌い方も吐き捨てるような感じで、それが暗めのテンションの時に来るものがある。

>8:Porcupine Tree

 こちらもイギリスのバンド。ジャンルとしてはプログレになるらしい。そうなんですかね。プログレって定義が人によっていろいろあってよくわからない。ただ、このジャンルに属するアーティストは、感性にあうと深くまで突き刺さってきますが、あわない時は本当にあわない印象がある。たとえばDream TheaterやPink Floydはすごさはわかるもののピンとこないけれど、King Crimsonはそのどっちもびしびしくる。
 このバンドに関していえば、先に挙げた人達よりもわかりやすい印象がある。『Stupid Dream』や『Lightbulb Sun』なんてどこからどう聞いてもイギリスの方って感じの曲ばかりだし。『Fear of a Blank Planet』でようやくそうかもしれないな、と思ったくらいです。この作品は合間の18分の曲を分割してくれたら傑作だと声高に言えました。
 作品としては『In Absentia』が一番いいんじゃないですかね。曲は『Arriving Somewhere but Not Here』がダントツ。

>9:Steven Wilson

 先のPorcupine Treeの中心人物である方のソロアルバム一連。Porcupine Treeよりはわかりやすさは減退。あっちの現段階の最新作である『The Incident』が2009年の作品で、ソロ作品はそれ以降に出ているのですが、『The Incident』の微妙さが嘘のような快作が多い。
 一番好きな作品は『Insurgentes』。でもかなり陰気な作品です。曲では最新作である『Hand. Cannot. Erase.』からの「Happy Returns」。興味のある人はこの作品か『The Raven That Refused to Sing (and Other Stories)』を買えば幸せになれるんじゃないですかね。どっちもすばらしい作品です。

>10:Kingdom Of Rock

 Magnus Karlssonというギタリストのソロプロジェクト最新作。この人のバンドだったLast Tribeが結構好きなので、ソロプロジェクトも買っています。1枚目はいい曲もあるけど全体的な満足度は低めだったのですけど、こちらはその全体的な満足度も高い良作。わかりやすいハードロックが多いからかも。
 曲の中では『Never Look Away』が一番好き。『When The Sky Falls』も、このボーカル在籍時のBlack Sabbathが好きな身としては感慨深い曲。

 以下アニメとゲーム。

スポンサーサイト



ゲーム

ダンジョントラベラーズ2 13

 クラウン付けは、残りがメルヴィ、モニカ、コネット、スフレ、リリアンの5名に。ちょっと飽きたので装備品集めをしていました。

 レベル上げの関係でヤエが侍から変えられないので、アリシアをヴァルキリーで使っています。アリシアの上級職コスチュームはどれもいいですね。反面ヤエは中級職が一番いいという悲しさ。2回行動はどの職でも強いですが、コスチュームの関係で侍でいいかな、と思い始めています。
 回廊狩りは初手煉獄の鬼神楽を、煉獄+レイジングスマッシュに変更。TPアップを2つ乗せているので、レベル99だとこの後煉獄が6回使えるのが理由。それでも右の奴は結構生き残りますけどね。オートガード3連続なんて時間泥棒の極み。
 
 クラウン付けが済んだメンバーは最終職でレベル90まであげなおしています。これもコスチュームで選んでいます。
 グリシナはダークロード、リゼリエッタとメフメラはジョーカー、エルトリシアとイリーナをマジカルプリンセス、ツララはトレジャーハンターで、ユーニはディーヴァという感じ。重複しているのは、メフメラは単純にコスチュームの問題。イリーナはほら、マジカルプリンセスのコスチュームを見ればわかります。マジカルプリンセスは攻撃特化か補助+盾寄りで差別化できるはずなので、無駄ではないと思いたい。詠唱速度上昇のユニークがあるエルトリシアが後者を担う予定。エルトリシアはウィッチでもいいと思うのですが、プリンセスの響きには抗えなかった。
 ジョーカーはもう仕方ない。メインをリゼリエッタにして、サブがメフメラの予定。違いは防具の差です。クトゥグアキュラッサの差はかなりでかいと思う。

 装備集めは最近グングニルを手に入れました。セレモニアルチュチュの2着目が欲しいこの頃。

日常

雑文 463

 健康診断の結果が来ました。基本的なところは何の問題もなかったのですが、いわゆる善玉コレステロールの値が基準値以下で、警告の印がついていました。原因はたぶん運動不足とストレスと思いたい。タバコは吸わないし。
 改善の方法は例によって運動、魚を食べること、後、適量のアルコールらしい。
 アルコールかぁ……あの後味がなければなぁ。

 ×××

 仕事納めは予定では29日。でも、30日も出てほしいみたいな雰囲気を感じる。12月になったら落ち着くから、なんてことを聞かされた気がするのですが、期待しなくて正解だった。来月は土日のどちらかが必ず出勤になりそう。
 片道2時間の通勤なので、行くのが億劫です。一日の6分の1が通勤時間に消えるのはどうなのか。
 

アニメ

雑感 249

 感想は、

◆小森さんは断れない!
◆ハッカドール THE あにめ~しょん
◆ミス・モノクローム-The Animation- 3
◆ゆるゆり さん☆ハイ!
◆てーきゅう
◆不思議なソメラちゃん
◆温泉幼精ハコネちゃん
◆ご注文はうさぎですか??

 です。最終回攻勢は、来週。

雑本 47

 今年最後の買い出しでした。といっても、きらら系は26日発売で、幸腹グラフィティの新刊がその日に出るのですが、26日は休日出勤確定のため、もう休日に外出したくなかった。来年に買います。

 今回は月刊少女野崎くん7巻、のんのんびより9巻、繰繰れ!コックリさんの10巻です。

 野崎くん7巻は、これの購入を今月のモチベーションにしてたくらい期待していた作品でした。相変わらずおもしろい。
 この作品は話もそれなりにおもしろいのに、それに加えて絵が魅力的だと思う。やっぱり漫画ですから、絵が楽しめないとだめですよ。毎話にかならず1つは気に入る構図の絵があるというだけで、もう私の中では満足なのです。
 
 私は自分で言うのもなんですがあんまりメインキャラって好きにならないのですけど、この作品では千代ちゃんがダントツでお気に入りです。毎話、すさまじく可愛い絵が存在している気がする。特に呼び出しについて野崎君が調査する話での千代ちゃんは驚異的な可愛さ。でも今巻で一番いいのは、糸電話で野崎君に「次はねー数学なんだけどねー」としゃべりかけているところでしょうね。瞠目した。

 いや、素晴らしかった。次は来年の8月ごろなんでしたっけ。
 もうそろそろ2期の方は……

 ×××

 のんのんびよりは9巻。冬の話が多い。通常営業です。印象に残ったのは、ほたるんが雪ではしゃいだ痕跡がこまちゃん先輩の悲劇となる話くらい。どんど焼きの話はアニメだと映えそう。原作はどうも薄口に感じる。
 おもちゃの手錠で駄菓子屋がパニックになる話は、随分な顔芸だった。別漫画がはじまったかと思った。

 ×××

 コックリさんは遂に2桁。
 この作品って全体的に遅れている感じがある。エイプリルフールの話や、コックリさん一行がRPG世界に迷い込む話とか、狗神が事件の推理をする話とか、諸々の話のギャグに既視感しかない。これは今に始まった話ではなくて、序盤からずっと感じていたことです。
 話自体はマンネリです。新しい展開は特にない。妖怪連中の出番が心なしか多かったくらい。一時期多かった、お外に出てわちゃわちゃする話は少なくなり、また自宅内でのお話が増えた印象です。私としてはお外でわちゃわちゃする話がそれほど好みでなかったので、そこだけは好意的。
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ