FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

ゲーム

スパロボ BX 2

 16話までクリア。
 
 ユニットはUXの時と変わってないような気がする。ユニットのボーナスで組むのがよさそう。
 UXに比べて特殊兵器が増えましたね。しかもどれもこれもおかしな性能。敵の命中率と回避率を3割下げるルカや船長、バリアを無効化するビッグボルフォッグあたりがとても使える。敵の地形適性を下げ、こちらの適性をあげる凱も大概おかしいですが、極めつけは放射範囲で気力10上げるマイクでしょう。激励が息してない。
 
 火力面ではナデシコ勢が頭3つ分くらい飛びぬけてる。
 騎士ガンダム勢もサイズがSSのお蔭で使いやすい。今は彼らとナデシコ勢を組ませています。
 単独運用ができそうなのはガオガイガーくらい。カイザーはまだ無理。

 今作は無駄にサイズMの中途半端なスーパー系機体が揃っている印象です。ガリアンにゴーグは、地上は適性Sなのでまだ戦えます。ただ宇宙になると途端に避けない当てない受けない3拍子揃った子になるのではないかと危惧しています。特殊兵器のお蔭で当てないは何とかなると思うのですが、火力面はどうだろう。マジンカイザーは火力面ではまだ頑張ってる。

 無駄に多いと言えば戦艦もそうですね。現段階で5機いる。まだ強化を残しているナデシコと、MAP兵器が凶悪そうな……名前が出てこない、ダンバイン勢の戦艦が強くなる気がする。

>追記

 20話までクリア。20話以降から改造を解禁するプレイスタイルなのですけど、今のところEP以外は必要ないかも。
 
 マイクの気力上げは思った以上の反則兵器でした。気力制限なしで打てるのもアレだし、EP消費30ってのもアレだし、範囲もアレ。バサラだってここまでできなかったですよ。
 
 ビッグボルフォッグが思った以上に強い。能力補正のスキル持ってるとやはり違う。
 ガリアンとゴーグに対して辛辣なことを言っていましたけど、ガリアンは指揮持ちですしゴーグはマジンガーが可哀想になるくらい硬いし、彼らが駄目なら他にもっと可哀想な子が出てくることになる。ガンダムAGEの面々あたり。
スポンサーサイト

アニメ

雑感 232

 感想は、

◆干物妹!うまるちゃん
◆城下町のダンデライオン
◆WORKING!!!
◆てーきゅう
◆ミス・モノクローム-The Animation- 2
◆だんちがい
◆ワカコ酒
◆おくさまが生徒会長!
◆のんのんびより りぴーと
◆ゆるゆり なちゅやちゅみ!+
◆うーさーのその日暮らし 夢幻編
◆わかば*ガール

 です。

 8月が終わるということは、今期のアニメも半分を超えたということです。早いなぁ。

雑本 43

 今月も諸々買いました。

 まずは城下町のダンデライオン3巻。
 茜は3年生に進級し、いよいよ来年選挙があるぜ! という雰囲気。前回の感想で7巻なんてアホ言ってましたが、その前に終わりそうですね。
 各メンバーが王様になる理由を考えつつ、父親の過去や兄貴と奏の過去が明らかになり、佐藤さんと兄貴の関係が解決を迎えました。よかった。
 
 兄貴と奏の過去は、奏が能力の使い過ぎで事故を起こし、ついて来ていた茜を助けるために兄貴が足に重い障害を負ってしまった、というもの。金を使いきったらどうなるのか、という問題の答えは、成果物からの補填であるらしい。ふーん。
 奏が兄貴に諸々訴える話で事故が起きるのですけど、すぐに「また借りを作っちゃう!」と欠片も思わなかったのが不思議だった。あのシーンは正直よくわからなかった。

 気になるのは茜の人気が崇拝の域に達しそうなところ。マスコットっぽくないですか、あの子。
 とりあえず佐藤さんが可愛かった。

 ×××

 ひもうと!うまるちゃんSはスピンオフ作品。自分で自分の作品のスピンオフというのもなんというか。
 全員がこまる化してドタバタするギャグ風味が強い作品。海老名ちゃんと兄貴がもはや公認の関係なのが面白い。
 ただ、キャラの可愛さは保証しますが、ギャグの面白さは正直微妙なところ。他の方によるスピンオフ読み切りが大きく補っているので不満ではないですけど。うまるちゃん大好きおじさんの話が白眉。これ非公認なのか……
 
 ×××

 ダンジョン飯は待望の2巻。食事シーンは1巻に比べると減りましたが、話の内容が面白いので問題はない。
 個人としては絵の中に入る話、チルチャックの謎解き、馬の話がよかったですね。特に絵の中に入る話がよかった。ライオスの食事への執念と、この世界の背景の補足説明が絶妙に噛み合ってる。
 
 ダンジョン内のモンスターを食べる、という視点だけで見ると今巻は物足りないでしょう。しかし、その発想だけではネタ切れが迫るのは明白だし、マンネリ化だって避けられない。今巻のよかったところは、ダンジョン内で生きる、という視点において世界を適格に広げているところだと思うのです。それが先に挙げた絵の中に入る話や、財宝に変化した虫の話に表れていると感じます。
 後、キャラの掘り下げも適切。センシは1巻の頃から不思議な魅力がありましたけど、今巻で更に味が出たように思う。チルチャックの個別回は先にも書きましたが今巻屈指の話。いい立ち位置。マルシルは1巻の印象とそんなに変わってません。これは悪い意味ではありません。

 一方でライオスは微妙に株を落とす。いえ、いいキャラであるという気持ちは変わってません。妹のことを思い出す話での残念な発言も許容できた。ただ、馬の話で「魔物は信用できない」と言いつつ、自分の剣で飼っている魔物に愛着が湧いているところがちょっと気になりました。こういう言動不一致な人は現実世界にもよくいますから、その点、リアリティがあると目を伏せることもできますけれど……
 
 ともあれ、今巻も面白かったです。

 ×××

 WEB版WORKING!!の2巻はいろいろと進展。
 途中からはWEB掲載時の絵に戻る。今もそんなに上手いと思いませんが、しかしやはりすごいなぁ。
 1巻を最初に読んだ時にあった不快感はずいぶんなくなる。耐性がついたのかな。
 デレた時の諸々の反応にとても既視感を覚える。背景は違いますが、根っこのところが似たり寄ったりのキャラが多いのを改めて感じる。これが先なのは言うまでもないですけど、お話を作るのって難しいですね。

ゲーム

スパロボ BX 1

 買いました。7話までクリア。

 今回は参戦作品の問題でどうしようかな、と思っていました。大体の人がそうだと思いますけれど、1体の大エースを据えるのが基本方針なので、それになりえそうなユニットがいないように見えたのです。私の場合、装備が尖っているか(前作の空魔)、Lサイズ以上のスーパー系(ダイターン3あたり)が条件。特に優先されるのは後者です。
 今作はそもそもスーパー系が少ない。ガオガイガーにマジンガー、マジンカイザー、ライジンオーくらい。どいつもサイズMで、物足りないです。もしかしたら候補になるのってガオガイガーなんじゃないかと恐れています。なんとなくそれは嫌だ。
 主人公機が珍しくスーパー系っぽいので、後継機に期待しています。サイズはでかければでかいほどいいのです。

 システムは前作のUXを踏襲。最近ユニットを組めるようになったのでここら辺はまだあんまり理解してない。
 敵のターンが早いのがいいですね。さくさくできる。

 現状のユニットでは相変わらずガオガイガーが強い。指揮持ちってのがえげつない。
 他のところではナデシコ系がなかなか。無改造の合体攻撃が既に威力7000越え。うまくユニット編成したらかなり活躍しそう。戦艦はミサイルが10発なことに愕然とする。でも、ナデシコって大体そうでしたね。敵からの集中砲火で弾もエネルギーも蒸発する。
 マクロス系は相変わらず使い方が難しい。わりと避けない。
 ライジンオーは5人乗りだと思っていたのに3人乗りで拍子抜け。サイズがMなことに絶望。
 マジンガーは良くも悪くもない安定感。
 
 ところで、敵の技術力って明らかにこっちより優れていますよね。雑魚敵のほとんどが軽減系バリアを持っている気がする。射撃系オンリーのバリアなんてマクロス系への嫌がらせですよ。2桁出た時は目を疑った。

音楽

雑音 165

 気が付けば色々なCDの発売情報が出ていました。

 まずアトリエシリーズの新作。今回もサントラとボーカルものの2作。両方購入します。
 筋肉少女帯の新作も出る。前作って1年前でしたか。こちらはお布施。
 前作が傑作だったストラトヴァリウスの新作。こちらは喜んで飛びつく。
 石川千晶さんの新作も出る。ミニアルバムは何枚か出しておられてましたよね。それは未購入。
 クロノトリガー、クロノクロスのアレンジアルバムが出る。購入予定。私はゲームとしてもサントラとしてもクロノクロスの方が好きですね。特にサントラは、RPGのサントラのおすすめでは絶対に挙げる作品です。
 でも正直クロノトリガーだけで良かったんじゃないか。あちらはまだアレンジの余地があると思いますけど、クロノクロスは……いえ、私の思い入れが強いからそう感じるだけなのでしょうけれど。

 聖剣伝説レジェンドオブマナのアレンジアルバムは見送る方向。正統派のアレンジじゃないっぽいので。

 ×××

 デビルメイクライのHR/HMアレンジなるもののCDが届く。
 聞きました。
 この手のHR/HMアレンジって、音をゴリゴリにしてへヴィな雰囲気にすればいいんでしょ、みたいな雰囲気の物が多いという偏見があるのですが、この作品もその例に漏れていませんでした。ただ、デビルメイクライのBGM自体を私はそんなに買っていないので、アレンジが悪いと一概には言えない。じゃあ何で買ったんだと言われると返答のしようがないです。

 さておき、ボーカル系がいまいち。音がへヴィなようで軽い。顕著なのが最後の『Shall Never Surrender』。途中からの鍵盤が対比として活きてない。
 またへヴィさが邪魔をしているのが『The Theme Of Eva』。3分半の曲の歌の入りに1分も使うなと言いたい。
 
 インスト系は聞けたものの、時間が2分半くらいの手軽さだからな気がしてならない。いえ、褒めてます。だらだらやられるよりはよほどいい。

 何も期待していなかった分、『The Theme Of Eva』が良かったので納得しています。でも歌入りに1分も(以下略)
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ