FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

アニメ

雑感 192

 感想は、

◆デンキ街の本屋さん
◆旦那が何を言っているかわからない件
◆ヤマノススメセカンドシーズン
◆秘密結社 鷹の爪 EX
◆繰繰れ!コックリさん
◆Hi☆sCoool! セハガール

 です。

スポンサーサイト

ゲーム

ディアブロ3ROF 4

 モンクのレベルが70になったので、クルセイダーのレベル上げを始めました。
 こういうゲームってのは装備にレベル制限があるので、アイテムの厳選なんかはレベルが最高値でないとあんまり意味がないところがある。なのでサクサクレベルを上げたいと思っても、なかなかそう上手くはいかない。

 レベル上げの方法の1つとして、最高難易度で、宝箱開けるだけでクリアになる5章のイベントを回すというものがあるそうです。ただ出現はランダムな上、地形もゲーム開始でランダムなので、一度試しにやってみたところ、目的地がわからないという不幸な目にあいました。ある程度の時間が経てば地図上に案内のアイコンが出るはずなのに、いつまで経っても出なかったんですよね。謎。
 後はロード時間が結構だるいかな。PS4版は凄いですね。動画見ましたけど、全然ロード時間がなかった。

 そんなわけでPS4版の購入をわりと真剣に考えているものの、お部屋の都合で置く場所がない。
 後、DSiやXBOXのトラウマがあって、新型ゲーム機って迂闊に買えないところがある。あ、前者は別に買った意味がなく、後者はSO4のために買ったら、プレイ中にPS3版の発売が発表されたのです。それ以来XBOXは起動してない。
 もちろんVitaみたいに、新型が発表されても「そうですか」で済む場合もあるのですが、卓上機はねぇ。最近のゲーム業界の罪は、ハードもソフトも完全版の影に怯えないといけないところだと思う。もちろん結局は本人の気持ち次第なんですけどね。

アニメ

雑感 191

 今月はニコニコ動画で、野崎くんときんいろモザイクの一挙放送があったのでした。
 一挙放送を見る前は、大体体調がよろしくなくなる場合が多い。きんいろモザイクの一挙放送をさっきまで見ていたのですが、見る前から目の疲労が凄まじく、頭痛まで併発している状態。色々と薬を飲んで見始めたところ、中盤から徐々に良くなりました。薬は凄い。

 野崎くんの一挙放送では、序盤でちょっと出た入学式の話のシーンで、既に千代ちゃんがマミコスタイルだったのが印象的でした。ここで見逃していたのは迂闊だった。でもこの頃ってまだ5巻は出てなかったかな。覚えてないな。
 原作はWEB連載で、一応毎月読んでます。つい最近更新された今月の話は良かったですよ。千代ちゃんとみこりんが野崎君の実家に押し掛ける話です。無料で読めるので、読んでください。

 きんいろモザイクの一挙放送はOPで色々と懐かしい気持ちになった。アウトロのフレーズと映像は何度見ても鮮やかで好きだなぁ。
 当時の感想では色々と不満を述べています。ただ、今回改めて見ると、当時の自分はどこにあんなに不満を感じていたのかまるでわからなかった。これは進化なのか退化なのか。
 後、最終回のミュージカルで、カレンが取っていたポーズについて当時の感想で色々述べていますけれど、改めて見直すと、勇ねえに写真撮られる話でのカレンもあのポーズしてますね。デフォルメかそうでないかというだけで。
 あのミュージカル、クライマックスで、忍が自身で切った金髪を空に放り投げながら歌う「止めてくださいー」のフレーズは格好良くて壮大ですね。あんな話なのに、あの場面でちょっと目頭が熱くなりましたもん。

 当時は綾と陽子にしか目が向いてなかったのであんまり印象に残っていませんでしたが、アリスのあざとい可愛さはなかなかよろしかった。結局のところ、当時の不満というのは、キャラ全てに愛着を持てておらず、そこら辺を見過ごし、その隙間をテンポが悪いだの間が悪いだのにしていたのではないかと思うのでした。

音楽

雑音 153

 ANTHEMの新作『ABSOLUTE WORLD』が届きました。
 今作発売前にボーカル変更がありましたが、新任者というわけではなく、『GYPSY WAYS』から活動休止までのボーカルであった森川氏が復帰しております。
 活動休止前までの作品を見ると森川さんの方が好きな曲が多いものの、『NO SMOKE WITHOUT FIRE』からの歌い方があんまり好きではなかったので(「GOLD & DIAMONDS」は曲としては好きですが、歌い方で何度も聞きたくない)、今回の復帰は正直心配ではありました。復活後の音作りも歌唱力の向上した坂本氏との相性は抜群でしたが、復活前の森川氏の歌い方を考えると……
 あ、ドラムの人が今作で正式に変わったそうです。

 先行シングルの「SHINE ON」から受けた印象は、復活後から積み上げてきた音楽性を特に弄らずに森川氏を迎えたんだなぁ、というもの。不安した音づくりとの相性はあんまり良いようには思えず、ますますアルバムに不安を感じることに。
 で、実際にアルバムを通して聞いた感想としては、わりと手堅くまとまっております。他も「SHINE ON」みたいな感じなら幻滅であったものの、3曲目の「PAIN」は復活後の曲調と森川氏のボーカルががっちり噛み合った佳作だと思うし、4曲目の「DESTROY THE BOREDOM」も2分そこらの短い曲ながらキレがいい。私はそんなに好きじゃないですが、一番噛み合ってるのは「LOVE OF HELL」じゃないですかね。解散前の最後のアルバムの最後の曲である「SILENT CROSS」を彷彿とさせる。
「DON'T LET IT DIE」のサビに既視感があり、云々悩んだ結果、布袋寅泰さんの「POISON」という結論になりました。

 曲後半をギターの清水氏が彩る構成も従来通り。「IN THE CHAOS」は好きで、「EDGE OF TIME」はAメロだけ好き。
 森川氏の歌唱に特に文句はない。今の音作りでは復活前の歌唱だと浮いてしまうし、そもそも出ないだろうし。配信限定で「LOVE IN PAIN」を再収録したものが出ていますけれど、さすがにキツかった。

 欠点を上げると何の新鮮味もないところですかね。大体どの曲にも過去のフレーズが散見される。ただもう15枚目ということで、もはや伝統芸能の域に達している当バンドのアルバムを継続的に買っているファンというのは、そこら辺のお決まりを素直に受け入れているはずでありましょう。むしろここまで出しているのに、一応過去のフレーズを使いながらも、それなりに聞ける作品を出しているところを称賛するべきかもしれない。私には復活後の作品で1枚をきちんと聞き通せる作品ってほとんどないのですが、当作がその珍しい1作であることは間違いない。聞けば聞くほど印象の悪くなった前作の『BURNING OATH』だって、一応きちんと通しては聞けるのです。そう考えると、今後の当バンドにはわりと上向きな印象を持っていますね。
 後、欠点と言えるほどの欠点ではないですが、やっぱりギターソロが肌に合わない。フレーズの1つ1つを取ってみると格好良いのに、それらを1つのソロとしてまとめると、聞き終わった後の満足感が全然ない。原因のほとんどは、過去の名曲達のギターソロに惚れこんでいるからなんでしょうけどね。

 前作の『BURNING OATH』が気に入った人は買ってもさほど裏切られないと思う。復活前の森川氏の作品を思い出して今作に期待している人は止めた方がいいです。

ゲーム

ディアブロ3ROF 3

 5章をクリアし、ストーリーモードは終了しました。モンクのレベルは58。

 レベルが上がると出てくる武器も相応に強くなるので、後半はレア武器を手に入れると火力が2倍になるインフレ具合が楽しめます。しかしこれでもまだ序の口というのだからおそろしい。
 ストーリーモードのクリアによってアドベンチャーモードというのが解放されました。これは各章のエリアを自由に行き来できるモードです。各章には5つ報酬ミッションというのがあり、それをクリアしてアイテムを手に入れつつ、特別なアイテム5つで入ることのできるランダムダンジョン的なところで更にアイテムを稼ごう、な遊び方になるみたいです。
 
 ストーリーは、これで終わり? みたいな終わり方でした。設定がきちんと組まれているのに進め方が淡泊なのは、ゲーム性を考えると道理には思えます。ただちょっとつまんないなぁ。
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ