FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

雑本 13

 漫画ばかりではなく、エッセイも折を見て仕入れています。

 最近作者買いしたのは故丸谷才一氏のエッセイ。歴史的仮名遣いで書かれている文章は初読は違和感がありますが、慣れると勝手に脳内で変換されるので気にならなくなります。
 余談、脇道にそれることが多く読んでいてちょっと疲れるところはあるものの、なめらかで特徴のある文体は読みやすく、内容もそこそこに興味深い。啓蒙的な物言いの多さは、人によっては反感を覚えるかも。

 読んでいてほとほと困ったのはよしもとばななさんのエッセイ。選んだのは食に関するもので、日常の食事に対する小話で構成されています。
 困った点ですけど、意味もなく今の社会に対する批判的なまなざしが出てくるところです。別に批判的な意見を述べるのはかまわないのですが、こういう軽い小話なら、それにふさわしい軽妙なものにするのが芸ではないかと思う次第。
 
 故ナンシー関氏の著作には興味があったのですが、どこにも売ってませんでした。
 最近本屋で名前を見かけて、何ぞやと手に取ったそれは生前の対談集。愛読している東海林さだおさんや群ようこさんとの対談もあっていそいそと買ったのですが、お目当て2人以外の対談がぴんとこない。こないというか、対談している2人の見ている景色が無学な自分には全然見えない、わからないというのが正しい。
 特に皇室関係、芸能人の格付けをしている2つの対談が全然わからなかったです。やっぱり著作から入るべきだったなぁ。
スポンサーサイト

雑本 12

 諸々漫画を買ったので感想。

 鬼灯の冷徹は14巻。既存のキャラを掘り下げるだけで十分面白い話ができそうなものなのに、惜しげもなく新キャラが登場する。
 カラオケ、白澤と鬼灯の争いの歴史、占い回あたりは形式が一緒。この形式の話はキャラの台詞が全体的に説明口調なのがやですね。
 各話におけるキャラの立ち振る舞いが画一的な気がしますけど、相変わらずの質と言えば質。ファンならまず楽しめますし、なんだかんだで楽しんで読んでます。次巻も期待。

 ×××

 生徒会役員共は10巻。今巻も次巻もOVAがつくんですよね。すごいなぁ。
 ウオミーの存在感は抜群だなぁ、と思うことしきり。タカ君の保護者面談に来るところや、腕組みを寸止めするところは脳内アフレコで3倍おいしい。

 他のところではホラー映画の試写会の話、タカ君の缶詰生活のために無言でし尿瓶を置く畑さんのコマが好き。こちらも安定感のある堂々とした振る舞いでした。

 ×××

 久米田先生の新作、せっかち伯爵と時間どろぼうの現2巻を買いました。
 かってに改蔵、さよなら絶望先生と全巻揃え、義務的に買いましたが、相変わらずの久米田漫画でした、の感想しかない。
 久米田漫画は「いいなぁ」と思うネタと「これはどうも……」と思うネタの差が激しくて、どうも素直に面白かったで片づけられないところがあります。たとえば2巻で言えば、時只君10日ぶりの登校、24時間60日ネタはなかなかよかったですが、7つのタイツ愛、同人形の館の話はつまんなかった。しかしそれらすべてが立派に先生の鉄板ネタとして立っているところは、認めなくてはいけないところなのです。

 話数の形式や、1年そこらで終わると先生自身が公言しています。どうなりますかね。

音楽

雑音 132

 Pretty MaidsというデンマークのバンドのCDをそれなりに買ったんですが、なかなか素晴らしい。
 中でも素晴らしいのは『Jump The Gun』『Sin-Decade』の2枚。とりわけ前者の『Jump The Gun』が最高で、ここ数日ことあるごとにアルバムを通して聞いている気がする。

 この『Jump The Gun』というアルバムは1990年に発表された作品で、キーボードの音色がふんだんに使われた、聞けば一撃で古臭さを感じるさわやかな味わいになっています。各曲の音の使われ方が、曲そのもののスケールに実にぴったりあっていて、聞いていて実に気持ちがいい。例を挙げると「Don't Settle For Less」「Rock The House」「Partners In Crime」の3曲がそれにあたります。特に「Partners In Crime」のコーラスは特筆もので、最後のコーラス部の展開には毎回唸らされます。
 後、前2曲はブリッジ部が格好いい。「Don't Settle For Less」のブリッジ部は思わず口ずさみたくなる。

 この作品と『Sin-Decade』は、曲のスケールと音の使い方が絶妙にマッチした傑作です。『Spooked』はいいアルバムですが、曲のスケールに比べて音が物足りないし、それ以降になると曲のスケールに比べて音が物々しい。

 ただ最新作である、中期作品からの楽曲のとり直しと新曲数曲が入った『Louder Than Ever』はなかなかの快作。特に瞠目したのは『Anything Worth Doing Is Worth Overdoing』からの1曲目「Snakes In Eden」。原曲はコーラス部が地味な曲なんですが、そこの音を色濃く塗り直しただけでこんなに見違えるとは。ソロ明けのコーラスアレンジも喝采もの。
『Pandemonium』からの最新2作は佳作だったし、この作品の新曲もかなりよかったので、新作はそこそこに聞かせる作品になるのでは……と結構期待しています。『Red, Hot And Heavy』から30年経つそうですが、いやはや、恐れ入ります。

 ×××

 そういえばBUCK-TICKも新作出ますよね。予約済みです。
 前作の『夢見る宇宙』は次回に期待というレベルのまあまあな作品でした。シングルはそういえば1曲も聞いてない。
 一番好きな作品は『SEXY STREAM LINER』です。音と、気だるい感じの曲が多いのがいい。「無知の涙」とか「リザードスキンの少女」とか。
 ここ数作はメロディは耳を惹くものが多いのですが、音がなんか下品に聞こえてちょっと嫌です。前述のPretty Madsの『Jump The Gun』が耳に馴染むことを考えると、時代に取り残されている感がありますね。

ゲーム

GE2 10

 最近1.4のアップデートがあったみたいですね。遂にIEの連射にテコ入れがあったとか。連爆までやられてる。攻撃属性を銃基準にしたそうですが、その場合どこの能力値を見てるんでしょう。
 それに比べて槍のブラッドアーツは相変わらず大きな変化はない。スカイフォールってどんなのだったっけな。防御無視は文字だけなら輝いているのですけれど。

 連戦形式のミッションが増えたそうですが、そこで新しく出たアラガミとは個別に戦えないらしい。それはどーなんだろう。
 コアのテコ入れも特にない。必要個数、1個でもいいから減らしてくれないものか。

 前回のアップデートから3か月経ってたんですね。インフラモードのための時間だったと聞きますが、そもそも最初から実装されてなかったのがどーなんだという話で。2自体がそこまでの時間をかけたように見えなかっただけに、全体的に遅きに失した感があるなぁ。
 
 有料DLCが遂に出るとか。ええと、タツミさん含めた防衛隊の皆さんが登場と。1000円ですか。
 新キャラ5人、追加イベント等を考えると一見妥当に見える(新キャラ200円とかありますし)。
 
 現実的に無理とはいえ、本体のボリューム:DLCのボリューム=本体の値段:DLCの値段でないことが多いのが、DLCに複雑な気持ちを持つ理由の1つですね。
 
 とりあえずまたプレイし始めようかなと思ってます。

>追記

 1.4にアップデートしました。容量がデモンゲイズよりも大きい。

 サバイバルミッションは想像以上に面倒くさいですね。連戦で、武器は5つのセットでまかなう。回復アイテムの補充は当然なく、グレネードも同様。今作のアラガミはなにかと合流したがるので、グレネードの補充がないのは基本的に乱戦しろということなのか。
 マルデュークとルフス・カリギュラの2つをクリアしましたけど、1戦目から4体のアラガミを相手取ることになってげんなりしました。後半のミッションがある程度楽なのが幸い。
 他のミッションを見ていると、報酬アイテムからマガツ君が最後に陣取るミッションがありそう。やだなぁ。

 属性武器が活きるかなぁ、と思い、セットをいくつかの属性で構成してみたんですけど、暴走神器でごり押すのが結局早いんですよね。セットは武器の種類で変えるのが一番いい気がする。

ゲーム

雑文 407

 来週に発売予定のペルソナQシャドウラビリンスを予約しました。

 ペルソナは4Gだけやったことがあり、結局まだクリアしてません。
 戦闘システムやダンジョン探索は好感が持てました。でも、コミュニティレベルを上げるための学校パートがイベントのノリを含めてわりと苦痛で、面倒くさくなったんですね。

 今回のこれは3と4のキャラが一同に会し、世界樹の迷宮形式のダンジョンでお送りする作品になっているらしい。
 3も4も同じ系統の作品だったそうで、ということは4があわなかった私は3もあわないだろうと思うのですが、世界樹の迷宮自体は好きです。だから、その2つが合わさった時、どちらが勝つのか、ちょっと興味がわいたわけです。

 後、中古のDSLiteを買ってみました。4000円近くだったので。
 DSはDSiを持ってますけど、あれはどうもよろしくない。
 GBAのスロットがあるのもちょっと引かれました。SP持ってますけど、イヤホン刺すところがないのがあれの欠点だと思う。
 世界樹の迷宮2を買っておきながらやってなかったので、暇つぶしにいいかな、と。
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ