FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

雑本 3

 アニメ1話で興味を持った「鬼灯の冷徹」全12巻を買ってきました。
 うちの近くの本屋はニーズがわかっていて、アニメ化した作品の原作はリアルタイムなら全巻そろってるんです。未確認で進行形や桜Trickなんて数か月前までは1巻あればいいレベルだったのに、今期にあわせて全巻がつんですからね。そういう心意気を買って、私もきちんとお金を落とすのですけれど。
 その分、文庫本の品揃えはダメダメです。本当にダメ。

 とりあえず全巻読みました。さすがに全12巻は時間がかかった。
 感想としては大満足。アニメが楽しめた方は確実に原作も楽しめると断言できます。

 主人公の鬼灯のキャラクターがいいなぁ、とまず思う。完璧超人……ならぬ超鬼なんですが、性格に多少難があります。感性も微妙にずれているし。ただそれらの一切合財が、彼の確固たる信念にきちんと立ち上がっている様に好感が持てるんです。しかもその信念がかなり俗っぽいのがいい。男の主役には、その行動の軸に苛々させられることが多いので、それがないだけでもう面白いと感じられました。
 
 そして物語を支える登場人物達も魅力的。お気に入りのキャラは閻魔様、シロ、茄子ですね。
 鬼灯の俗っぽさを強調してくれる白澤もいいし、嫌いなキャラが作中で見当たらない。悪女枠のリリスも「人間じゃないしね」の一言で行動が許せる。座敷童の2人も可愛いですねー。

 物語としては基本ほのぼの系。地獄、というか、あの世に対する薀蓄が豊富なのも読んでいて飽きが来ない。
 ギャグに関しては人の感性に依りますけれど、私には毎巻1話は口を開けて笑えるネタがありました。
 パロディもままありますが、これに関しては地獄の俗っぽさが感じられてむしろ好感が持てました。作品を気に入ったことによる贔屓目かもしれませんが。

 先ほどから俗っぽいを連呼している気がしますけれど、この作品を読んでいて強く感じた気持ちがそれなんですよね。我々の想像でしか作りようがない世界が我々の世界と同じように回っている、みたいな作品は特に珍しくもないですけれど、この作品はその重なり方が好きです。

 そういうのが特に嫌悪感のないキャラで繰り広げられるんですから、私と完全に波長のあった作品でした。
 次回13巻は来月発売だそうです。Aチャンネルも来月5巻出るそうですよ。

アニメ

雑感 154

 感想は、

◆のうりん
◆未確認で進行形
◆秘密結社鷹の爪 MAX
◆となりの関くん
◆GO!GO!575
◆スペース☆ダンディ
◆鬼灯の冷徹
◆うーさーのその日暮らし 覚醒編
◆お姉ちゃんが来た

 です。
 今期はこれに桜Trickが加わるくらいになると思います。

ゲーム

GE2 7

 ちまちまやっています。
 とりあえず全ミッションをクリアしておこうと、槍を担いで戦っています。来週の火曜日にアップデートがあって、一部のブラッドアーツのバランスが見直されるそうですね。確実にIEの連射は威力が下がることでしょう。槍のブラッドアーツは暴風圏・甲がいじられるのかなぁ。貫通はただでさえ不遇なんだから(クアドリガ戦は苦痛)、暴風圏・甲は見逃してほしいんですけれど。

 結局槍のブラッドアーツは暴風圏・甲におさまりました。そうでないと火力きついんですよね。いける時に一気にたたみかけられる暴風圏・甲はやっぱり便利ですよ。
 槍自体はマルドゥーク系列……だったような、の槍を使用しています。切断が微妙にあって、カリスマ、アクロバットチーム、ブラッドアーツ強化のスキルがあるやつですね。切断の恩恵はあんまり感じられませんけれど、下手な私にはカリスマがありがたい。

 シールドはカリギュラ系で作れるパックラーにしました。バースト時間上げられるし、スタミナ大あるし、2段ジャンプあるし、防御値もそこそこですし。
 そのおかげで強化パーツの選択肢が増えました。現状は受け渡しバースト化と総合攻撃上昇にしています。バスターブレードなら総合攻撃外してチャージ短縮でしょうか。
 制御ユニットはアサシンにしました。

 銃は収集も兼ねているためフォル・モーント安定。ショットガンは銃として使いにくいですね。散弾もあんまり有効に使えてません。ダメージレートは剣100%です。銃もきちんと使いたいんですが、ショットガンじゃなぁ。
 普通に使うならアサルトが好きです。

雑本 2

 散髪の帰りに本屋に寄ったんですが、東海林さだおさんのまるかじりシリーズの新刊が出ていたので、ついでに6冊ほど漫画を仕入れてきました。
 読みました。
 ついでにこの機を逃すと読まなさそうな桜trickも3巻読み終えました。

 まずは2冊、「ハクメイとミコチ」。
 まず表紙に惹かれました。帯を読むと、1話完結のファンタジー系日常ものっぽい。絵柄がほんわかしていて好感が持てたので買いました。
 果たして想像通りで、期待以上に面白かった。
 ハクメイとミコチという2人の小人がメイン。小人と他の生き物が共存している世界での彼女達の日常を描いた作品です。1話完結ものです。
 世界観はわりと作りこまれていながら、あくまで2人の視点で語られるお話の空間が絶妙。各話の描写の細かさも話に引き込む好材料となっています。登場人物も全員が魅力的で、ハクメイとミコチのキャラも十分立っています。
 1年に1巻ペースみたいですね。とてもいい作品です。

 ×××

 桜trickは1巻の地点で読むのが辛かったんですが、とりあえず勢いで3巻まで読みました。来月か再来月には4巻が出るみたいですし。
 既にアニメは2話まで放送されており、あまりのキスっぷりに、ただ女の子がいちゃいちゃしているところを見たがっていた人には辛い出来となっているみたいです。残念ですね。もっとひどくなるのに。

 生徒会長が春香への思いを吹っ切るところとか、コトネに許嫁がいることが判明した話とか、真面目なお話もあるにはあるんですけど食い足りない。それだけ? って思う。結局キスで締める春香と優の話なんてどーでもいいから他の2組の交流を見せろやおらー! と読みながらもんもんとしていました。
 
 色々と物足りない作品です。副会長はもっと出番があるべきだったと強く言いたい。

 ×××

 もう1つは未確認で進行形。現在アニメやってますね。多分見るので予習のために買ってきました。現在4巻まで。
 主人公は16歳の誕生日に許嫁の存在を明かされるのですが、しかもその人とそいつの妹と同居する、というラブコメです。あ、4コマです。
 その許嫁君と妹にはとある秘密があって……という背景があります。
 
 ラブ面で見ると2人の関係の進展が拙速気味。2人の関係の進展と許嫁君の設定が上手く絡んでないように思います。トラブルメーカーっぽい新聞部の子も、許嫁君の妹を考えると上手く発展しそうに思えない。どうも設定が全体的に足を引っ張っている印象です。 

 こちらも読んでいて物足りなさの残る作品でした。コメディ面はわりと好感が持てたんですが、それも諸々の設定と絡んでいるように思えないのです。

音楽

雑音 119

 ヘッドホンは無事に到着。音に関してはイヤホンの方が好きですけど、付け心地には満足しています。

 Mogwaiの新作『Rave Tapes』が届きました。
 それで聞きました。

 1年前の作品『Les Revenants』がなかなかの好作で、そこからどれだけの影響が出るのか楽しみだった今作。1曲目の「Heard About You Last Night」はその延長線の楽曲に聞こえました。全体的にはフルアルバムの前作である『Hardcore Will Never Die, But You Will』よりも音の面ですっきりとしており、聞きやすい印象です。電子音を大胆に扱った「Remurdered」は最初は面食らいましたが、繰り返し聞くとこれはこれでアリという気持ちになる不思議。
“らしさ”が前面に出てくるのは「Deesh」以降の楽曲。個人的今作ナンバー1は「No Medicine For Regret」ですね。
 国内版のボーナストラックは2曲あります。『Hardcore Will Never Die, But You Will』はボーナストラックの「Slight Domestic」が作内ベストでしたけど、今作のボーナストラックも両方優れた楽曲ですので、国内版でいいんじゃないかと思いますです。

 音の使い方という面で、聞きやすさでは歴代屈指。Mogwaiを勧める上で1つの参考作品になると思います。
 あ、Mogwaiは初期の2作だ! と公言してはばからない人の満足度は低いと思われます。
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ