FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

アニメ

雑感 31

 感想は

・日常
・TIGER & BUNNY
・まよチキ!
・うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%
・ゆるゆり
・R-15
・異国迷路のクロワーゼ
・森田さんは無口
・快盗天使ツインエンジェル

 です。
スポンサーサイト



日常

雑文 248

 一度も真っ当に見たことはありませんが、キングオブコントって番組があったそうですね。
 なぜか優勝はロバートだったようですけど、その採点方法があれなせいで例によって賛否両論だそうで。

 特に、何ですか、2700とかいうコンビの2回目のネタの採点が高すぎる。あんなのはコントじゃないとか、シュールを免罪符にしている、とか。
 見られたので見てみました。
 ……
 意外と普通だった。もっとアレな感じだと思っていたのに。

 最初のベットで展開を全て見せてしまったせいで、そこからの意外性がなく出オチ気味なのがつまらない。
 ゾウのベット方法も捻りがなく、表面だけがシュールなのが低評価の理由なのかもと思いました。

 
 

音楽

雑音 22

 前回R.E.M.の解散を取り上げましたが、The Musicも今年で解散したのだとか。うへぇ。
 このバンドはアルバムを3枚しか出していないのですけど、どれもこれも捨て曲が少なめのなかなかに良いバンドでして、新作を折に触れて期待していました。

 そんな訳でノリノリにThe Musicの楽曲を聴く。

 捨て曲が少なめと書いたものの、1作目の『The Music』はそうでもない気がする。
 楽曲がノリのようなものを重視しているので、自分とそういうのが合わなければ良くはないです。
 そんな1作目で好きなのは「Too High」。2作目もそうですけど、こういう徐々に盛り上げる楽曲が抜群に良かった印象があります。

 2作目の『Welcome To The North』は1作目のノリを薄めて歌モノを増やした印象。
 2曲目の「Freedom Fighters」に代表される前半はまさにそう。
 後半にも「I Need Love」を配置することで中弛みもカバー。
 ただ、「Bleed From Within」や「Into The Night」のような曲調の方が好きではあります。
 正統進化というよりも、やっぱりそういう方向に行っちゃうのかぁ、という気持ちの方が強い。

 3枚目の『Strength In Numbers』は2作目の方向性。前作よりも音の面で、良い意味でポップさが薄れた。
『Drugs』や『Fire』が好み。特に前者は3枚通して屈指の名曲じゃないかと思う。
 でも個人的ハイライトはボーナストラックっぽいインストの『No Danger』。『Inconceneivable Odds』から少しの空白を置いての局です。全部あわせて13分ほどの長尺ながら、こういう形式が嫌いな私でも一気に聞ける完成度が魅力的。『No Danger』の起承転結は大好物ですね。ボーカルの叫びが入ってくるパートから、結になだれ込む展開には震えるものがあります。
 
そんな訳で、このバンドの解散は実に残念であります。
 

ゲーム

TOX 4

 2週目はシャン・ドゥ到着まで。既にレベルは38。
 ボスとの戦闘では、青白い『!』が鬱陶しい。オーバーリミッツの連打といい、難易度の補い方が気に食わない。

 今回は王の狩り場から空飛ぶ化け物との戦闘まで。

 ×××

音楽

雑音 21

 R.E.M.が解散するというニュースを聞きました。アメリカのロックでは数少ない聞く気になるバンドだっただけに、新作が出なくなるのは残念であります。

 そんな訳でしみじみとR.E.M.の作品を聞く。
アルバムで一番好きなのは『Life's Rich Pageant』ですね。最後の「I Am Superman」がなければ傑作と高らかに言えるアルバムなのですけど。

 代表作らしい『Automatic For The People』もいい作品ですよね。特に「The Sidewinder Sleeps Tonite」と「Nightswimming」は屈指の名曲であると思います。

 他の作品では『Out Of Time』からの「Losing My Religion」でしょうか。後半の「Try, cry, why try」というところでいつも胸にこみ上げてくるものがあります。
 でもこの作品で一番好きな曲は「Country Feedback」です。

 このバンドの曲は基本的に地味で、肩透かしな印象を持つ人が多いのではないかと思います。
 でも私はその地味さ加減というか、ポップと地味さが程よく調和した上記の作品群がたまらなく好きです。

 とはいえ、正直に申し上げると初期の作品と上の作品、後、『Around The Sun』以外の作品はあまり好きではありません。
 なぜかと申し上げると、恐らく音作りにあるのではないかと考えます。音がそのバンドを語る上で大事な要素になることを、私は筋肉少女帯から学びました。『新人』以降の筋少が好きになれない理由の2番くらいは音です。

 最終作となってしまった『Collapse Into Now』は良い作品ですが、あまり聞き返す気になれないのは音のせいです。
 悪く言えば安っぽい上記作品の音でのR.E.M.の楽曲は聞いていて安心できました。

 音楽の好みってのはもちろんメロディーもあるでしょうけど、大きなウェイトを占めるのは音なのではないかと思い始めています。
 例えば最近ヘビーローテーションしているBUCK-TICKの傑作と名高い『memento mori』が私はあまり好きではありません。理由はもちろん音です。
 じゃあ音的に何が好きかと言えば、『SEXY STREAM LINER』や『狂った太陽』あたりになります。
 BUCK-TICKに関しては今度もう少し書きたい予定です。

 そんな訳でR.E.M.の解散は残念ではあります(ぇ)。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ