FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

グランディア 3


 懸念してたレベルですけど、遂に30になり、存外ちゃんと考えて作られてるのかも、と思ったり。

>ストーリー

 ええと、塔の最上階には変な化け物が飼育されていました。
 その化け物が石化現象を引き起こしているのは明白で、早速破壊することに。
 しかし化け物は暴れ始め、一行はそれと戦闘。勝利後、化け物は球根になってしまいました。
 カフーの里で長老に見てもらうも、その夜、軍がそれを取り戻しにやってきます。
 それを率いていたのはフィーナの姉。化け物が再度成長し、また戦闘かと思いきや、姉の背中に羽が生えて、白光、気がつくと球根と姉は消えてしまいました。

 球根の名前はガイアって言います。いかにもな名前ですね。

 姉は実は光翼人だった!
 って展開になったんですが、姉の口から「私、光翼人なの」って言葉を聞いてない気がするので、多分人為的なものなんでしょう。あれ、姉ってフィーナと血繋がってなかったっけな。もしも繋がってて、本当に光翼人なら、フィーナしばらく離脱しそうですね、目覚めたりとかして。

 翌日、村から追い出された一行は、塔で会った怪力女ミルダの村に行くことに。彼女の旦那なら何か教えてくれるだろうとのこと。村の長老の孫であるラップも同行し、砂漠越え山越えて、ようやく村に到着(その間にストーリーと関係ないダンジョンを2つ攻略したり、3つの種族が住んでる町で休んだりしました)。
 
 村でダーリン(嗚呼、名前ですよ)からエンジュールについて聞かされるジャスティン。ジャスティンはエンジュールに選ばれし者っていう肩書がついてました。
 その後デーリンだのドーリンだのに話を聞きに行くも、その内のどっちかが頭が呆けてて、それを治すために、どちらかの角を求めて前の村に行くことに。
 ここもカフーの里みたいに変な現象にやられて村を変えていた訳です。
 旧村は異次元空間と化していました。

 ……
 ええと、わかってることは、
 ガイアってのが文明を滅ぼした原因っぽい。
 光翼人は精霊石が輝きを取り戻す頃に出てくるとか何とか。
 リエーテは光翼人じゃない。
 アレントには虹の泉から行く。
 
 はぁ。
 ダンジョンが長いせいで、ストーリー的には存外進んでない気が。
 異次元を突破したらいよいよアレントで、ストーリーも何かしらの動きを見せるでしょう。うん。
 しかし、サブイベントどれくらい見逃してるんでしょう。
スポンサーサイト

未分類

結婚


 ふと思い立ってコメントやトラックバックの整理をしてみました。ご覧の通り滅多に両者ともされることのないこのブログですが、大体欲しいのならミクシィという最終手段があるのですし、とりあえず自分以外が見てないなら……どーなんでしょう。一応前日のアクセス還暦は見られるんですが、純粋な訪問数はIPの方だと思うのですけど、未だにまともなアクセスカウンターを置かせないこのブログのこと、同一IPカウントとかやっててもおかしくないはず。
 ……
 いや、別にそれでも全然構わないんですけど。

 話を元に戻して、ともかくどんくらいあるんだろうと興味本位で整理してみたら、あるわあるわDMじみたタイトル。そのほとんどが性関係って……もっとタイトル捻ってこいよと(お前が言うな)。
 
 でもですね、こういうのがあるってことは、少なくとも需要があるってことじゃないですか。児童ポルノも、もちろん私は性的興奮なんてあれに一切しませんが、世の中にいるから蔓延ってる。そして、ああいうのに出演してる子って、言っちゃなんですが親がどーしようもないんでしょう……これを引き合いに出して、児ポルの根本的解決策は貧困民の救済だと言うつもりはないのですが。

 ×××

 もう下火になってるのか知りませんが、婚活って言葉がメディアを席巻してましたね。そういうドラマもやってて、こっちはこけてるみたいですが、ともかく、結婚ってのをいかに世の中の人達がしたがってるかよくわかりますね。
 私の知り合いにも「とりあえず結婚は……」って人がいて、ふうん、と感心したものです。
 年齢=彼女いない歴の私にとって結婚なんてのはその遥か先にある未開の土地な訳ですが、どのみち年齢=でなかったとしても結婚ってそうだったろうな、とふと思います。

 戦国時代とかそれ以前の時代には、家系を残すために結婚ってのは積極的に行われてて、武士は結婚するのが当たり前(上杉謙信はしなかったんでしたっけね)、しかも側室だっていたってんですから、子供を授かることをいかに大事にしてたかわかります。もちろん貴族もそうですね。
 しかし今は別に家系に拘ってる人なんてあまりいないでしょうし、どちらかと言えばどうでもいい、と思ってる人が大半なんじゃないでしょうか。ではそこで結婚の意義について考えたとき、そして尋ねたとき、その答えは一体何なんでしょう。愛を育むだけなら恋人でいればいいのに、結婚して一緒になることに何の魅力があるのか。

 ラブソングにせよ恋愛小説にせよ、これらって結局スタート地点でぐふぐふ言ってるだけの妄想だと思ってます。だから嫌いなんですが。
 スタート地点が良いのは当たり前ですよ。遠足の前日の夜に眠れなくなるのは、それがスタート地点だから。始まる前や序盤は何だって楽しいものです。でも進んでいくにつれて、楽しくなくなってくる。惰性。こんなんじゃ駄目だって思って、終わる。ゴールじゃないですよ、リタイアです。そしてスタート地点で、開幕の合図が鳴る間、えへえへ妄想する訳ですね。

 そういう訳で、愛が恒久的じゃないのは、ラブソングがどれだけ素晴らしさを謳ってようと変えることのできない事実です。でも、高齢の夫婦を見てると、その答えが何となく見えてくる気がします。熟年離婚って一時期ありましたけど、あれって愛がなくなっただけじゃなくて、単にずっと他人だっただけなんでしょう。つまり、恋人同士でもあくまで他人なんです。付き合うとか結婚とかいう具体的な手段は、きっかけでしかない訳ですね。もしかしたらその垣根を越えられるかもしれないっていう期待。だからこそ失恋があり、離婚がある。「結局無理でした」。
 高齢の、おじいちゃんおばあちゃんの夫婦に、そこに愛はあるか、と尋ねても首を縦に振る人ってそんなにいないんじゃないでしょうか。多分「一緒にいるのが当たり前」って心理なんだと思います。垣根を越えたのです。

 婚活してる人って、後々の普遍感もちゃんと考慮してるんでしょうか。今の情熱が50過ぎても持続できる訳ないのに、今の焦りだけで結婚しても、結局それに耐えられないのではないでしょうか。

 結婚の意義があまりない世の中だから、安易な考えで結婚するのはどーなんだ、って言おうとしてたんですけど、結局のところ、愛を取り払った安易な選択が、結婚においては一番ベストなのかもしれません。いや、両親見てるとそんな気がするだけです。

未分類

コント


 今日は凄い日ですね。
 おそらくほとんどのブログのネタがマイケル・ジャクソン急死になるんでしょう。何だかんだでスーパースターでしたからねぇ。スリラーの売り上げは一億枚以上でしたか。これから絶対出ない枚数であることは間違いのないところ。

 でもまあ人は死ぬもので、それがほんの少し早まっただけ。特にマイケルに対して感慨もなく、何でもフジの特番は、京都では上沼が防いだみたいなので、関係なく手を合わせておきます。南無南無。

 そんなことより児ポル法。今日国会でコントが行われたらしいですね。聞くところによると2次元も3次元も関係なく、とにかく18歳以下の子がヌードとかなってたら犯罪! って流れになってるそーで。
 
 そういえば漫画の博物館的なもの作るとかいう話がありましたが、これ通ったら、まず間違いなくそこに展示されるはずの手塚先生の作品載せられるんですかね。火の鳥とか不可だと思うのですが、過去の記憶では。

 後は、家族写真として残しておいたものも無理なんですね、これの理論でいけば。とんでもねーですな。

 正直な話、ただの2次元排斥だと思ってましたが、実際は日本の文化を破壊するための狂った理論だった訳ですね。陣頭に立ってるのはアグネス・チャンでしたか? あれだけ長い間日本で仕事しておきながらあの日本語。後は推して知るべしってところですか。

 元より選挙の流れは民主党に行っている訳ですが、こういう陰での、一般の人にはどうでもいいところからも流れは変わっていくんでしょうね。これを受けて「もう在日とかどうでもいいから民主に入れる!」って人が続出したら、それはそれでお笑いですけれども。

 そのまんまの件と言い、これと言い、よくわからないことになってますね、最近。
 本当に日本のことを考えている人、いるんでしょうけど、政党制である内は……日本のことを考えている人に投票しよう、って流れになっても、結局テレビではどこの政党が何席とったかに終わってしまう。新聞読んでも「政党独自の」としか書いてないから、結局一般の人にとっちゃ、誰に入れるか、じゃなくて、どこに入れるか、になる。いや、難しいんでしょうけど、そういうところからの認識というか姿勢を変えない限り、結局いたちごっこで、しかもどんどん泥沼にはまって……泥の中に限りませんけど、そういうところで追いかけあってたら、いつか窒息して死んじゃいますからね。

 日本はどこに行くんでしょうねぇ。

未分類

グランディア 2

 とか昨日に言っていたら、急展開を迎えたグランディア。いや、急展開というより、ふるい落とされたというか。
 予想以上にぶっ飛んでそうなので、急遽グランディアのミニレポートを始めます。
 とりあえずどんなストーリーなのか、私のためにおさらい。ゲーム名をタイトルにしている以上、ネタバレなんて当たり前で、そんなの気にしない人しか続きを読むをクリックしてないと信じて大胆に。

>ストーリー

 父も祖父も冒険家である主人公ジャスティンは、過去に栄えたエンジュール文明の謎を解き明かしたいと考えている14歳の男の子。彼がエンジュール文明に熱意を傾けているのは、既に死んでしまった父親が彼に託した精霊石にありました。精霊石ってのはエンジュール文明に深く関わっている石なのです。
 彼の目下の目標はとりあえず新大陸に行くこと。幼馴染の8歳の女の子、スーと一緒に毎日色んなところを駆け回っていたジャスティンですが、ある日、町の博物館の館長の好意でエンジュール文明の痕跡がある遺跡の見学を許されます。その奥に進んでいくと、彼の持っていた精霊石が輝き、更に奥へ続く部屋。最深部、彼はリエーテという謎の女性(説明書を見る限りでは女の子にすべきなんでしょうが)にアレントに向かうよう言われます。
 その後、近所の鉱山に住んでいる爺さんから船のパスを貰ったジャスティンは、女手一つで育ててくれた母親に別れを告げず、またスーを置いて、新大陸に向かうのでした。

 ……
 何かキリがなさそうなので、後は適当に。

 パームって街一番の冒険者、フィーナを仲間にし、ついてきていたスーと一緒にずんずん行く一行。途中、同じくエンジュール文明の秘密を追う軍隊とのいざこざを経て(将軍がイケメンで度量も広いのはもはや芸術。後、その将軍の側近がフィーナの双子の姉)世界を分けている壁、世界の果てを遂に越えます。
 この世界の果て、誰も越えたことないところらしいのですが、過程を見る限り、誰も越えられなかった理由がよくわからなかったり。

 で、壁を越えた先にもやっぱり世界がありました。ダイトって村の1番の剣士であるガドインも協力してくれて、毒雨を止めたり、火竜を倒したりしながら、ジャスティンは順調に冒険者として成長していきます。フィーナとの仲も急接近。

 ツインタワーというエンジュールの遺跡に着いた一行。いざこざのあった軍隊もいました。
 世界の果てって、大陸しか隔ててないらしく。何が果てなのか全くわかりませんね。
 で、中に入ると案の定精霊石が輝き、ジャスティン、フィーナ、その姉、将軍の4人は更に奥に飛ばされてしまいます。
 そこで将軍はフィーナに、人類が禁忌の力に触れたから文明は滅んだ的な話をします。将軍は最も古くからいる亜人の子供で、これの親父は軍のトップっぽいのですが、そいつは文明を詳しく聞くために母親と結婚したんですって。

 エンジュール文明についてわかってるのは、そこに住んでるのは翼のある人で、そいつらが作った精霊石が文明の繁栄を助けてるものなんです。精霊石は翼人しかまともに扱えなくて、将軍の言う禁忌の力ってのは精霊石だったような(うろ覚え)。

 一方ジャスティンは姉と仲睦まじく。ジャスティンはエンジュール文明に過度な期待をしていますが、姉の方は将軍に色々聞かされてるからか「そんなに立派なもんじゃない」的なスタンスのようです。

 最上階でリエーテに「もっと東に行け」と言われたジャスティン。東に行くにせよ、その前には人魚の海って呼ばれてる危険な海域があるようで、誰も行きたがりません。
 ガドインの話によると、ダイトの長老が何か知ってる。で、その長老曰く、近くの丘には転送装置があって、そこに宝珠をはめて念じればどこにでもいけるそうなのですが、1回きりの代物だそうで。どうしてそんなのが今までつかわれてなかったのは不思議ですが、ともかくそれに頼ることに。
 しかしここでスーがダウン。3人で宝珠を取って来るものの、天心飯がチャオズを置いてきたように、スーはここで離脱することを決めます。体力って、ねぇ。あの壁を超える体力あって、それなのに「体力不足」って何の説得力が。
 ともかくその転送装置で最初の町に帰って行ったスー。ガドインも「お前見てたら俺ももっと強くならんとな、と思った。だからここからは別々の道を行こう」とか言って離脱。あれよあれよと言ってる間に、残ったのはジャスティンとフィーナだけ。ガドインから譲ってもらった船に乗って、彼らは東に向かうのでした。
 最初から出しとけよ(ぇ)。
 途中、人魚との心温まる交流を経て、遂に2人は東の大陸に降り立つのでした。
 ディスク1終了!

 ……
 端折って書いたにしても、存外ボリューム薄いですね。一応20時間経ってるんですが。
 いや、色んな含みを持たせてるのはわかるんですよ。世界の果てとかいっときながら平然と東の大陸にいる軍とか、エンジュール文明の光と影とか。まあ冒険がメインなんだからそんなもんか。
 ガドインの離脱は何となくわかってましたが(加入時、周りはレベル16とかだったのにまさかのレベル30。割に弱かったですけど)、まさかスーを離脱させるとは。いや、レベル差が縮まるどころか開いていくのには違和感ありましたけど、スーの頭に鎮座してる生物プーイに関して、後々大変な秘密が明らかに! な展開になると思ってたので……何なの、深読みし過ぎ?
 とりあえず下記からディスク2。

 新しい大陸に降り立った2人。カフーの里に住む少年……えーと名前は失念、ともかくその少年と一緒に、里の北にある怪しげな塔を破壊することに。何でもその塔ができてから、人や森が石化する現象が起きているそうで、里のちょっと北に行ったところには、石化した村の惨状が。少年の両親も石になっていました。
 で、その塔は案の定というかやっぱりというか、軍の施設でした。
 そこに単独で破壊行動をしていたカフーと敵対関係になる何とか族の女性、こちらも名前は失念、と協力して塔を壊そう、というのが今です。
 
 塔のボスにごり押しされて、やっぱり魔法って大事かも、と思い、しばらく魔法のレベルを上げる予定なので、進展はまだしないんですが……ボスを見てる限りでは世界は案の定滅びの危機に瀕す予定のようです。あーあ。

 でも、スーもガドインも復帰しそうと言えばしそう。何とか族の女性は魔法使えませんし、レベルも高いですし。少年の方は武器種類の関係上できればずっといてほしいです。この女性抜いてスーの復帰が一番嬉しいパターン。まあガドインかスー、どっちが現実的かって言えば間違いなくガドインなんですが……いや、ないか。むしろ復帰したら萎えます、間違いなく。

 とまれ、ディスク2になってもアレントに着く気配はまだ見えず。着いたところでどーなんでしょ。ジャスティンの持ってる精霊石は欠片とかいう話ですし、全部揃ったら何かの封印でも解けるんでしょうか。

 ……
 どうでもいいんですが、このゲーム、サブイベントってないのでしょうか。結構話しかけてると思うのですけど、そんな気配が微塵もなく。もしやクリア後とかあるんでしょうか。

 ……とか書いてたら3000文字近くになってきたのでこの辺で。結構楽しくやってます。雑魚戦が煩わしくなってきましたけど。

PS:世界の果てを世界の終わりと誤字。どこの村上春樹。

未分類

グランディア


 この平日、一度も自転車に乗ってません。雨のせいです。
 で、電車で通学してたんですけど、水曜日は1限からあるので朝早くに家を出たため、比較的地下鉄が混んでいたのです。3駅目からの乗車で、幸いにも端っこの方に陣取ることができました。行くにつれて車両は混み始め、すると、その満員をいいことに、いちゃいちゃしてる高校生のカップルが私の近くに。いやぁ、凄いですねぇ。くっつき過ぎだろって。男の首筋に鼻押し付け過ぎだろって。おにぎり食うなって、と思いながらゆらゆら揺れてました。あれです。行為と顔の質は反比例するt(以下略)。

 ×××

 2週間ほど放置していたグランディアを再開しました。
 現在はまだ1ディスクで、幼馴染の幼女がパーティから抜けるところ。そういえば主人公は14歳で、その子は8歳だったなって。主人公からならともかく、8歳の女の子の振るう鈍器の一撃でくたばる兵士って何なんでしょうね。
 ストーリーは、ともかく東に向かってます。以前書いた時に「ベタだなぁ」みたいなことを書きましたが、もう本当にベタ。古代の文明が滅んだ理由は我々人類の犯した過ちのせいだ、みたいな流れになってますが、これも清々しいですね。SO3みたいな悪いどんでん返しがない限り、実に安心して遊んでいられそうです。

 まあ主人公が若干うざくなりつつあるのが懸念材料ですけど(常に結果オーライだからつけ上がるんでしょうけど)。どうせこのベタさから見るに、仲間全員いなくなる→俺1人じゃ何もできないんだ、みたいな展開を挟んでくるのは明白ですね。挫折を経験する、と。挫折はRPGにつきものですけど、挫折のない、いわゆる性格は完璧超人な主人公がいてもいいんじゃないかなぁ、って、そんなことを思います。そういうイベントって鬱陶しいんですよね。はいはい、って感じで。

 難易度は随分低いです。今のところ。全滅はおろか、戦闘不能になったことがないですし。魔法もコストの良いものが初期で揃ってますし。
 魔法はレベル制で、上がるごとにダメージが上がるのですが、あんまり上げるメリットがないなぁ、と。コストはいいんですけど、MPの最大値が低いので乱用もできないし、シンボルエンカウントなんでレベル上げもなかなか面倒。

 そう、レベルがあんまり上がらないんですよね。シンボルエンカウントって、ダンジョン探索にはありがたいんですが、レベルの上昇でストーリーの進行度を推し量るとき、あんまり役に立たないので。

 まだ主人公のレベルが21なので、中盤に入ったか入ってないかってところでしょうか。古代都市はもうすぐらしいですし、ディスク1では後半になるんでしょうね。

 ラスト、人類が開発した殺戮兵器みたいなのを止めるって展開、あるいは人類を滅ぼそうとする古代人を止めるって展開なら、もう手放しでこのゲームを称賛したいと思ってます。
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ