FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

TA-2


 何か新しいゲームが欲しいと思い、中古屋に直行。少し悩んだ挙句、FFTA-2を買いました。AはアドバンスのAですが、対応機器はもちろんDS。誰もがネタにしているところでしょう。

 前作は一応クリア済み。1周目でクエストコンプリートができなかったので(専用アイテム破棄。数制限なんて……)、2周目で停滞中だったような。
 前作の不満点はロウにつきますね。行動が制限される訳ですが、守ったところで何のメリットもないというのが酷い。敵は違反しようが関係ないですからね……いや、どうなんでしょう。ヒュム愛護とかしたら、敵はヒュムに攻撃してこなかったんですかね。

 とりあえず2をさくさくとプレー。1での失敗を考えて、攻略本を早々に解禁。でも読んでも大して助けにならず、成長の方針を決めるだけになっているような。現在は楽器の材料を探しに行くところ。
 気になったのは戦闘のテンポが悪いこと。いちいち間があるというか、さくさく進んでくれないんですよね。妖精の靴というアクセサリを装備したら移動形態がワープになるんですが、移動ごとにどうでもいいワープの演出がされていらいら。タクティクスオウガのワープみたいにさくっとしてほしいです。

 アイテムで武器防具を作るシステムは面白いですけど、面倒ですね。ジョブが多いので武器も多くなり、武器は結構充実しているのに、防具の方はからっきし。特に頭方面が寂しいです。

 前記したロウはやっぱりありますが、守ることによるメリットがようやく登場。守っている間発動するクランアビリティは便利です。しかしレベルが上がらないとあんまり実感できないのが悲しいところ。あがった頃には大概必要なくなりますからね。
 
 主人公の育成を間違った気が。いや、前作みたいにやっぱり戦士系だよな、と思い、現在用心棒なんですけど、物理系ユニットが多すぎて、主人公は魔法などの補助系に回した方が賢かったかも、と後悔してます。前作に比べて顔つきユニットが多く入るのですけど、今のところ全員物理系。ヒュムの女の子は後半に専用ジョブになれますが、これは立派な物理系ジョブ。バンガのおっさんはやっぱり物理系。後半にクエストで仲間になるヴァンも物理系で、違うのはパンネロとモーグリの吟遊詩人だけ。圧倒的に魔法系のキャラが不足している訳です。
 パンネロはなぜかヴィエラらしいので活躍できるのは確定ですが、ヴァンはどうせヒュムなので使えないでしょうね。モーグリの吟遊詩人は……モーグリ系は敵に回すと鬱陶しいですけど、味方のときは使えない印象。

 とまれ、クエストは無駄に豊富そうなので、気軽にやっていきたいと思ってます。
スポンサーサイト



未分類

読むこと

 ヤフーのニュース欄に、『本を読まない層に新世代小説』という項目があったので、あまり小説を読まなくなった(エッセイしか読んでません)私は興味を覚えて見てみることに。
 
 内容は、ここ数年女性向けのデジタルエンタテインメントが注目されており、この新世代小説とやらもその1つであるというもの。記事は「女性がこういうのを楽しんでいると腐女子と揶揄されたものだか」と述べていますが、そんなことはないでしょう。度の過ぎた馬鹿がそう言われているだけ。そんなこと言ったら、男性で楽しんでるのはキモオタと揶揄されるんじゃないですかね。

 ともかく、この新世代小説というのは、オーディオサウンドノベルというものらしいです。
 サウンドノベルというのは有名作品『かまいたちの夜』のようなゲームジャンルの1つであり、選択肢を選んで物語を読み進める形式。
 オーディオというのは音響機器のことです。
 ……
 要するに、サウンドノベルなんだけど商標登録されてるから、というところでしょう(失笑)。

 しかし開発者からしてみればそんなこと言えないので、

「これは小説です」
「前提に小説があって、それに音楽や、セリフのボイスデータ、凝ったBGMといったデータを付加してマルチメディア化した小説です」
「アニメ的な表現を、積極的に取り入れた小説がライトノベルだとしたら、その進化形は必ず音が出るはず。それをいち早くやっておきたかった」(全てその記事から引用)

 などと、ギャルゲーやアダルトゲームをやっているものからすれば噴飯ものの発言をしている始末。もちろん記事内でも「ゲームじゃん」と突っ込みを入れていますけど、その答えが1つ目。ゲームじゃない理由は2つ目と、記事曰く17万文字ものテキスト量なんでしょうけど、テキスト量の多さが小説のアイデンティティじゃないですからね。そんなこといったらショートショートはどうなるんだと。

 小説を読むって、読み手自身の力で物語を脳内に構成することだと思います。無理なら読むのを諦めればいい。本嫌いの人達はそれができなかっただけなのです。本を読むというのは字を目で追うことではなく、字面で繰り広げられているものを頭の中で作り出すことなはず。しかし、小説だと言い張っているこれは作り出す道具を与え過ぎている。BGM、ボイス、絵……それって小説を読むことなんでしょうか。そういうのはゲームやアニメ、ドラマがあるから、小説はその形式を変えずにいたのではないのかな、と。

 ちなみにお値段3150円。単行本4~5冊は買えますね。

PS:するとライトノベルも私の中では小説でないことになります。でもこれに比べればましに思える不思議。

追記:これだけ書くと上記のものを否定しているように見えますが、別にそうではなく。要するに小説というのに固執する必要なんてどこにもないんじゃないのかな、と。既にサウンドノベルやギャルゲー、アダルトゲームが同様の手法を用いているのに、それを認めず、あくまで小説と言い張っている姿勢が何だかなーと思ったのです。せめて「これはライトノベルです」と言ってくれたらなぁー、と(笑)。

未分類


 そういえば、昨日はバレンタインデーでしたね。いや、とぼけているつもりは毛頭なく、まったく何も貰えないなら、あってないようなものじゃないですか。
 大体バレンタインデーって以前にも書きましたが、恋人達が愛を確かめ合う日ですよ。そもそも参加資格がないのに、「俺、貰えなかったんすよ」なんておかしいじゃないですか世の中のバレンタインデー自虐者の皆さん、土俵に立ってましたかー?
 身の丈に合わないものを望んではいけないという好例でしたね。

 ×××

 神の存在は太古の昔からさんざ議論されたものだと思います。あなたは神を信じますか? 私は信じてます。いや、いた方が面白いなーって。
 以前、新聞の投書欄で、もしも神がいるならこのような不条理な世界にしないはずだ、と高校生が息巻いているのを見ましたが、私が神でもそうするだろうなー、と思ったり。いや、今どっかの国が争っていますけれど、ほとんどの人にとっては対岸の火事、自分には関係ないと思っているはず。神だって同様で、下界なんてただの観察対象で、そこに己が干渉するつもりなんて微塵もないんじゃないのかな、と。だから、もしいるのなら天空、あるいは地底で、我々の世界でいうモニターに映った映像を何か食べたり飲んだりしながら、日本なら八百万の神とか言いますし、たくさんいる神様達と談笑しながら見てるんじゃないでしょうかね。そうなると神様の世界、という妄想も広がりますけれど。
 
 ともかく、だから神様って何も救ってくれないだろう、と。信仰を否定するつもりはないですが、いたとしても別に我々に益あることをしてくれる保証はどこにもないのですから。会ったばかりの人に善を期待することがないように。まして、会ったことのない人が信用足り得る人である訳がない。

 もちろん、神は人じゃないからそれは間違っている、という意見もあるでしょうが、だったらどうして人じゃない何かに期待できるのか、と。

PS:しかし、神について変にも思います。どうして女神はいるのに男神はいないのか。男の神ってどこにいるのでしょう。神、ってのは男性でも女性でもない、何と言うか、第三の性って感じがするのです。ニューハーフとかふたなりとかでもなくて。
 

未分類

延期


 おそらく多くのサイトやブログで取り上げられたことと思いますが、ドラクエ9が延期になりました。
 あちこちのコンビニで……何でしたか、あれは……宣伝旗がたっていたのに。コンビニ涙目ですね。
 致命的なバグだか何だかが見つかった、とはスクエニの弁ですが、まあどう考えたって、できてないんでしょう。それだけで3ヶ月も伸ばすとは考えにくいですし。
 発売されるのは知っていましたが、評判を見るまではスルーを決め込もうと思っていたので、延期しようがどうでもよかったり。
 ところで、旗の絵。モンスターズじゃないんだから、もう少し等身伸ばせばいいのに、と思うのですが。

 ×××

 武蔵伝をあっさりクリアしてしまい、次に手を出したのは、武蔵伝が好きならやってみて損はない、とどこかに書いてあったアランドラ。これをノーヒント(攻略本やサイトを見ない)でクリアできたら大したもんだ、とか密林に書いてあったため、では見ないでやろう、と午前中に集中してプレイしてます。
 現在は……ええと、人が死にかけのときにお祈りするための祠にいます。主人公が人の夢に入れる能力を持っているので、ゲームの進行は夢→ダンジョンの繰り返し。
 ストーリーはゼルダっぽいです。人がよく死ぬゼルダ。何か紋章を集めて復活しかけの悪魔を蘇らせて、そこで一気に倒すのが目的のようです。
 紋章は2個所持で、敵が2個持ってるらしいので、全部で7個あるのですが、それを基準に考えるなら中盤に入りかけ、ってところでしょうか。

 システムもゼルダっぽいです。ゼルダに防具をプラスした感じ。どっちが難しいか……一概には何とも言えませんが、こっちの方が鬱陶しいトラップが多いですね。敵も鬱陶しいですし。じゃあこっちの方が難しいのか。
 
 ドラクエも延期になったことですし、これをクリアしたら何やりましょうか。まだ休みは続くので、真剣に卓上機用のテレビを買うことを検討しようかと思います。

未分類

19


 無事にテストも終わりました。
 無事に19歳になりました。
 ありがとうございます。

 ……
 しかし、19歳って微妙な年齢だと思いませんか?
 19歳になったらできることってこれだけしかないのです。

・少年法の適用上限年齢。
・Totoの購入可。
・2等航空整備士の資格がとれるようになる。

 一番上しか関係ないですよね。18と20は結構大きな出来事なのに、19歳の不遇さは何なのでしょう。
 スガシカオの楽曲に19歳というのがあります(PVがアレなので有名)。聞いたことないのでしりませんけど、きっとこの不遇な19歳を憂いた歌に違いありません。

 なので、今年はこの19歳という微妙極まりない年齢のように、起伏のない日々を過ごすことを目標にしたいと思っています。何も起きるなー。
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ