FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

ネット利用

 ついさっきヤフーニュースを見たら、ブログのコメントに「死ね」と書かれて自殺した学生の記事がありました。普通に考えればそれだけが原因でないと思うのですが(それで死ぬってどんなピュアっ子ですか)、この頃ネットでのことが頻繁にニュースになりますね。しかも、未成年が巻き込まれるケースで。
 噂に聞くと、あの2ちゃんねるに小学生が普通にいるみたいです。
 ニコニコ動画も小学生の利用者がそれなりにいるみたいです。
 
 別に小学生がネットするのはいいと思います。黙っていれば。
 ゆとりとかよく批判する言葉で見かけますけど、思うに、昔よりも利用者が増えたのですから、常識知らずの馬鹿が増えるのも必然なんですよ。それは年齢とか関係ないです。大人でも馬鹿はたくさんいます。
 そういう人間に共通してるのは、ネットでの“言葉”の重みをまったく理解していないこと。「死ね」とか「馬鹿」とか、見ると不快になる人がいると思いますが、なぜかというと、それが書かれた言葉だからです。もちろん、そもそも嫌いだ、という人もいるでしょうが、日常生活でもそれらの罵声は行き交っていますし、状況次第ではどうとも思わないでしょう。なぜなら、その言葉が音だからです。声音によって、その言葉の本質が見えるからです。
 そのため、多くの場合フォローがなされる訳です。「死ねw」や「死ね(笑)」など。まあ多くの場合嘲笑なんですが、冗談だよ、と意思表示のために使われることもあるかと思います。

 ですが、ニコニコ動画で動画見ていても、何のフォローもなされていないこれらの罵声があまりに多い。
 フォローなんてしねえよ、本気でむかつくんだ! ということなんでしょう。
 馬鹿ではないでしょうか。
 ネットで腹が立つことって、あります?
 そんな罵声を浴びせなければならないほど、はらわたが煮えくりかえること、ありますか?
 私は絶対にないと断言します。

 ネットの低年齢化がもたらす一番の害悪は、精神的に未熟な野郎が平然といられることでしょう。大人でも未熟な人はたくさんいますが、小学生の高学年、中高生は年々ひどくなりますね。大人びるということを反抗と履き違えたタコを毎日見かけます。

 そういう人間は罵声が反論だと勘違いしているみたいです。罵ればOKな訳ないでしょう。何の理由もなしに怒られたら納得いかないでしょうに、それと同じでしょうよ。嗚呼、理由と言っても、ちゃんと理解できる理由ですけど。

 自分の物差しで測れないことなら黙るのが大人のマナー。腹が立っても反応しないのが大人のマナー。あなたの意見で変われるなら、きっと以前に変われたことでしょう。

 声を上げないと何も変わらない。確かにそうでしょうね。ただし、相手の土俵に上がって言われても、同じ穴の狢にしか見えません。

PS:ゆとり、と言える俺優位、とか思ってる人を軽蔑します。ゆとり教育の、今のところの最低年齢って20そこらでしょう? それ以上の年齢にもなって……ゆとりじゃないかもしれないですが、カテゴリーでくくれば同じですよ。
スポンサーサイト

未分類

恋愛もの

 最近は2ちゃんねるの面白い、泣ける(?)スレッドをまとめたサイトで、それを読んで楽しんでいます。
 私の行っているサイトは何かオススメランキングみたいなのがあって、それを参考に興味のあるものから目を通しているのですが、見た限りでは面白系よりも、ちょっとした感動系が上位にくる傾向があるみたいで、内容もほとんどが恋愛がらみでした。

 正直恋愛ものって作者の自己満足臭がぷんぷんして嫌いなんですけど、それでも読ませる力はあるもので、どうせそうなるんだろ、と思いつつも気がつけば昨日も1時前になっていたりして、自分に呆れました。
 まあ正直どれもこれもテンプレートでもあるんじゃねーのと穿った見方ができるくらい似たような展開なので、創作も少なからずあるんでしょう。しかし、小説は作者だけで完成するものですが、スレッドは書き手になれる参加型小説みたいなものなので、だから恋愛ものが嫌いな私もついつい読んでしまうのだと思います。

 しかしまぁ、顔が見えないって得ですね。文章だけなら美しい恋愛ですが、文章は読み手の頭で好きなように美化されますからね。事実は小説より奇なり、と言いますが、仮に話がすべて創作でなかったとしても、そういう場で公開されるから感動も生まれるのであって、事実が、見た目が美しくない男女の恋愛だとわかれば皆白けるんでしょう。何だ、って。

 これからはできるだけ避けようと思います。いや、他人事さぁ~、ネタさぁ、と開き直って読んでも、なぜか、恋愛っていいのかもしれない、と洗脳されかけてしまうからです。
 ああいうところで紹介されるのは、ほとんどが成功ですからね。成功のやつ読んだら、そりゃいいかな、って思ってしまいますよ。
 失敗のやつ読んだって時間の無駄ですから(酷)。

未分類

SRW A

 
 今更な話ですが、スパロボのAがPSPでリメイクされて、発売ももう一ヵ月前になってるみたいですね。
 Aは二番目にやったスパロボです。最初がRで、武器は一括で改造できるものと思い込んでいたので、個別改造で随分苦労したものです。一回目はアクセル+ヴァイサーガでしたが、最終話で止まりまして。ある日思い立ってアクセル+ソウルゲインでもう一度やり直してクリアしました。
 
 Aって面白かったですよ。敵の命中率無駄に高いですし(おかげでガンダムは一切使わず、後スーパー系に傾倒するのはこれのせいだったりします)、改造した武器の威力は異常値ですし。気力の大事さが身にしみてわかりますし。だから、ダメージ幅の上下が大きかったです。
 だから個別改造だったんですかね。あれは良いシステムだと思いました。闇雲にやっては上手くいかないですもん。
 
 強かったのはアクセル、万丈さんと子供達、ドラグナー組、マスター、デュオですかね。
 アクセルはなぜかNTの技能をもっているので、スーパー系のソウルゲインと相性抜群でした。まあスーパー系もリアル系も、あんまり関係なかったかもしれませんが。どっちとも魂覚えますからね。
 万丈さんと子供達は主に協力攻撃で。でもザンボット、サイズ補正か乗り手の問題か、万丈さんが平然と命中率100%を出しているのに、70%とかで何度も外してた記憶が。
 ドラグナーは、あれですよ、1型のレーザーソードですよ。マイヨがきたらツインで大暴れです。3型の何とか装置も便利ですしね。2型は、MXで使えることがわかりました。Aでも多分強かったんでしょう。
 マスターは基本強いので、Aで強くてもおかしくないのです。EN消費のない何とかクラッシャーだけいじれば十分ですよ。切り払い受けますけど。
 デュオは、武器改造すればするほど強くなるAの変なバランスのおかげで大活躍でした。だってデスサイズってビームシザース以外改造する武器ないじゃないですか。

 どんなふうに変わるのかな、と思って調べてみたら、武器は個別じゃないんですね。それとスキルパーツがある、と。
 どうせラスボスとか後半のボスユニットのHPは大幅に上がるでしょうが(65000が最大では、あの武器バランスじゃ……)、それ以外の難易度仕様がないなら随分ぬるくなりそうですね。
 出てくる味方ユニットは魅力的ですから、欲しいとは思うのですけど……う~ん。Zもあるしなぁ。

PS:ところでDSで発売されるらしい無限のフロンティアって、ありゃ何ですか? 出てくる女性キャラのほとんどの胸が揺れてましたけれど。ヒロインの胸がラミアやゼオラもびっくりのサイズでしたが。そういうところでしかアピールできないから、地雷ゲーだと言われるのでは。しかし、おっきいなぁ(笑)。

未分類

修学旅行

 この時期は修学旅行なのでしょうか。大型バスがよく走っています。
 通っている学校が京都駅の近くにあるのです。府の名前がついているくらいですから立派なものです。そういえばガメラにも壊されましたっけね。
 だから、新幹線で京都に来たら、降り立つのはそこでしょう。そこから大型バスにでも乗って、有名だけど実際は大したことのないお寺巡りとしゃれこむのが一般的な京都旅行のはずです。
 なので。
 冒頭に大型バスをよく見ると書きましたが、よく見るんです。
 学生観察が面白い、みたいなことは……書きましたっけ。まあともかく、学生観察って面白いのです。バスに乗っている学生の何が観察できるかと申しますと、何か物憂げな表情がたまらなくおかしいのです(失礼)。何かいろいろ考えているのでしょう。
 どこから来たかは存じませんが、まあ新幹線か何かで来たのでしょう。たぶん中学生です。
 皆で行く旅行だから、できれば楽しみたいでしょうが……京都。

 京都というとお寺、舞妓さん、他に見るところなんてねーだろうなーと思うと自然に気分も暗くなるものです。東京に行ったら、千葉のデズニ―で遊ぶプランがあるでしょうが、京都でそんな心躍る遊びを体験したかったら祇園にでも行って舞妓さんと遊ぶしかない。中学生にそんなことさせねーよな。大体、テレビで見てる限り舞妓遊びって面白そうじゃないし、何よりたけーよ。あんなその子さんみたいな(今の中学生は知らないですかね)人と面と向かうのもやだよ、とか思いながら、ふと窓に目を向けると、シンボル的な京都タワー。でもこれってビルの屋上に設置されてるようなもんで、デバートの屋上遊園地と気分的には大差ないよな、と裏切られた気持ちになる少年(ぇ)。バスは信号で止まり、ぼんやりと外をまた眺めていると、どこにも学生はいるもので、何だよあの制服、何だよあの女子○○だな! とか他愛のないことを思っていたら、黒のジャージに黒のTシャツ、黒の自転車、黒のリュックという、かってに改蔵的にいえば、自分に酔ってる人の典型的な服装で信号を待つ男性がいたりして、まあそれは私な訳ですが。

 そんな風に見られていたら、それは私の思うつぼです(ぇ)。

 修学旅行生が来るようなところに住む人達は、彼らを見るたびに、どこに見るところがあるのだろうと不思議に思うのではないでしょうか。実際私もそうですし。近くに桜で有名なお寺がありますが、春になるとわざわざ他府県から来る車を見ては、いったい何を期待しているのだろうと首をかしげてしまいます。
 京都タワーが出てきましたが、あれって北海道札幌の時計台みたく、見ると「えぇ!?」と言ってしまう期待はずれスポットみたいですね。確かにしょうもないですよ。五稜郭跡のタワーの方が、歴史的なものもわかるのでよほど良いです。
 
 学生達を見ている限りでは、学生にプランを作らせて自由行動ってのが一般的なようです。まあ大体は目的地の見学じゃなくて、メンバーで力を合わせることが思い出になるのですけど。ただしメンバーの顔ぶれいかんでは、何も面白くない苦痛極まりない時間を過ごすことになるでしょうが。
 そんな人は、決まった観光コースをガイドさんが案内してくれる方が気楽なのでしょう。
 
 私はバスや新幹線からの景色を思い出にするタイプでした。
 その方が結構思い出に残るものです。

未分類

ぼんやり

 この一週間、ぼんやりしていた気がします。
 今日なんか、ぼんやりし過ぎて工事現場に突撃しそうになりました。

 五月病とかいうのがありますね。wikiで調べたら、無気力も症状の1つのようで。
 でも本来五月病は受験戦争を勝ち抜いた猛者がかかるのが歴史的に正しく、私のように何の苦労もせずに入学した人間がかかるような病気ではないですよね。こう、勝ち抜いた受験生がかかる、って、特権であり、何かしらの高尚さがあると思いませんか? ないですか。そうですか。

 新しい環境に慣れていないとは思わないんですけどね。毎日40分かけて自転車で坂道をえっちらのぼって、学校では数人ですけど話せる相手も見つかりましたし、授業も別段ついていけていない訳でもなく(Javaは怪しいところですが)、満ち足りているかといえばそうでもないですが、不満を覚えるほどでは……と。

 まあ担任のテンションについていけていないのが原因な気がします。来週なんか、先週のキャンプの報告会をするとか言ってて、全員がそのためのスライドショー作成に追われています。私もやらないといけないんですが、何かやる気がでない。何でそんなことをしなければならないのか、と言ったら身も蓋もないですが、意図がさっぱりわからないんですよ。
 絶望先生でもアイディア先生の話はありましたが、まさかこの年になってアイディア先生の被害にあうとは思いもよりませんでした。

 明日は金曜日。もう一週間が終わるんですね。嗚呼、課題がたまってるや。
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ