FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

不健康

 
 毎日自部屋でゲームをしているせいか、食事に影響がでるくらいの口内炎ができました。他にも、鼻の穴にいつできたのかかさぶたがありますし、その中に血の塊があります。更に右耳も同様血の塊があります。左目も痛いです。できものができてます。それと、あくち、っていうんですか? 口の端が切れて、開けると痛いです。でもあくちって幼児がなるって広辞苑には……

 明後日から旅行に行くのですけど、北海道ですよ、旦那。北海道と言いますと海の幸が大体出てくるんでしょう。あんまり好きじゃないんですけど、もしかすればこの旅行でその認識が変わるかもしれません。でも噛むのが辛い状況なので、味わえないと思います。散々です。

 ×××

 ゲームの方はもっぱらスパロボ。ハマーン様との協力ルートに進んで、次はオルファンでリクレイマーとネオ・ジオンとの決戦になります。
 ハマーン様が仲間になったんですけど、キュベレイ、強いんですが移動後攻撃がビームガンって凄く微妙。ALLのファンネルもHi-νのフィンファンネルとか、ゴーショーグンのゴーフラッシャーSPとか、ウイングのツインバスターとかバスターとかありますから、もう別にいらないかな、という感も。だから、取ったのはいいけれど格納庫で埃かぶっていたフルアーマーZZに乗せてみました。うちのジュドーはνガンダムの重装備型に乗せていますので。

 もうすぐ終わるので、次は第三次を何とか買います(ぇ)。
スポンサーサイト



未分類

スパロボ

 前にも同じタイトル使ったと思うのですが、スパロボです。
 最近買ったんですよ、第二次のα。本当は一作目がやりたかったんですけどどこにも売ってないという悲劇を乗り越え(外伝もないってどういうことでしょう)、仕方がないので二次にしたのです。
 スーパーロボットが好きなのでもちろん主人公はスーパー系。OGでもおなじみゼンガーが主人公です。
 今は十五話だったような。ガンダムW勢とシャングリラチームとトピア君だけで戦うステージにいます。デュオは集中かけても撃墜されかけたのに、集中ないのにかなりかわした五飛すげえ、と感動してました。ニュータイプのジュドーよりヒイロの方がかわせるのは、機体の性能さなんでしょうかね。ウイングゼロとZZ……声優補正が濃厚ですかね(ぇ)。

 後、この作品から小隊システムっていう、複数の機体を1つの部隊として扱うシステムになってるんですけど、あんまり使いこなせてないんですよねぇ。ガイキングとブラックゲッターが一緒の部隊って色々と間違っている気がします。援護かぁ。援護なんでしょうねぇ……あんまり援護しないからなぁ(素人)。
 プレイ動画見ていても、多くの人がHPを改造しているのですけど、私過去のプレイでHPいじったことないんですよ(笑)。マジンガーとか低いですし、いじらないとなぁ……

 気長にプレイしています。

未分類

レビュー

 
 ネットでは、レビューがコンテンツの1つとして存在するサイトがちらほらあります。音楽とか、小説とか、ゲームとかに感想だけでなく評価もしているところもありますね。
 私はこのレビューを読むのが割に好きでして、自分の良かったと思えるゲームをこの人はどう評価しているのだろう、と興味津々で読む訳です。もちろん意見の相違はありますが、嗚呼こう思っておられるのか、とそのゲームに対する考え方も変わることもあります。だからレビューというのは、1つのゲームを深く理解し良いところも悪いところも全て受け止めて愛す為の手段の1つだと思っています(FF10-2? あれは無理です)。

 なんですけど。
 でも時に腹の立つこともあるのです。悪いところだけを列挙してそれだけで駄目な子扱いするとか、逆に良いところにしか目を向けず妄信的に素晴らしいと讃えているとか。
 何事にも良い点と悪い点があるはずなのです。()で入れたFF10-2だって、ギップルとかアニキとかシンラ君とかちゃんと彩ってくれるキャラがいてそれなりにカバーしてくれているのですから(でもそれを突き抜けてユウナが……いや、黙ります)。
 でもまあ、それを内心嘲笑うのも楽しみといえばそうなのかもしれません。怖いですね。

 実は、受験生だった時分に私FF7CCを買ってまして、一週間で全て終えてしまったのですけど、こんなテーマを掲げた以上やらない訳にはいかないだろうと、私も挑戦してみます。
 他にもゲームの紹介とかしてましたが、あれはレビューだと思ってません。感想です(でも批評じみてはいましたが)。
 嗚呼、ネタバレです(笑)。でもそんなにはしないつもりですけど。



 ×××

 FF7を使ったスクエニの、消費者からの金巻上げ作戦の目玉作品。7で、少ししか出なかったにも関わらず物語のキーパーソンとして登場したザックスを主人公に据えた7以前の物語。アンジール、ジェネシス等の、7本作では影の薄かったソルジャークラスファーストを2人出すことによって、狂気以外の何者でもなかったセフィロスの本来の性格を映し出すこともメインの1つであったと思われる。
 ストーリーは、ジェネシスの失踪事件を主軸としたザックスの成長記といったところか。
 しかし、所詮は7の前作。後付設定が多くて、無理を感じるところも多々あった。例えばセフィロスの変貌など、7をやっている人間からすれば「あんなに素敵だったセフィロスが……」とため息の1つでも漏らすところだろうが、未プレイ者(あんまりいないと思いますけど)にしてみれば「はぁ!?」「何ですかー!?」と叫んでしまいたくなるような急展開だった(その前のジュノンのセフィロスの姿を見ていた私は、何でやねんと思わずつぶやいてしまいました)。かといって原作に忠実かといえばそうでもなく、セフィロスが自分の正体に気づいた時、ジェネシスが出てきたのには興ざめだった。汚された思いだった。
 ただ、そういう急展開を別にすれば物語自体は無理のない進行であったと思うし、最後のシーンは7プレイ者の涙を搾り取ったと聞いている(私ですか? 笑ってましたけど)。それを思えば、物語自体は及第点といえるかもしれない。多くの人はザックスを操作できるだけで感無量だっただろうから。

 戦闘システムはキングダムハーツのエンカウント版。爽快感がないので途中で飽きてくる。あるマテリアをとってしまえばそのコマンドだけで勝てる。
 ただそれだけならつまらない戦闘システムに彩を加えているのが、画面の左上にあるスロットである。レベルアップや、特殊技を発動したり、その他のサポートもしてくれるものであるが、各キャラの顔がリールになっていて、リーチがかかるとたまにそのキャラとザックスとのエピソードが出る仕様になっている。本編では分からなかったキャラ達との絡みが気になった人には嬉しいものだっただろう(ただ全部見てしまえば邪魔なだけで、当たる可能性が高いだけの目印になってしまうのですけど)。その設定を最後のとある場面で活かすのだが、それはよくできていたと思う。

 その他のことは、レベルアップはそのスロットで行う。能力の成長はマテリアで補うことになる。これはFF8のジャンクションシステムみたいなもので、各マテリアに能力地補正が振られており、マテリア達を合成していくことによってその補正地を高めていく訳だ。他にサポートアイテムで補正地を高めたり、能力を変えたりもできる。合成によって特殊なマテリアもできたりする。それに必要なポイントはマテリアを売ったり敵を倒すことで手に入る。
 他にミッションという、FF12のモブ倒しみたいなものもある。しかしこれに関してはくだらないの一言で十分だろう。使いまわしのマップを走らされ、後半につれて異常なインフレを起こす敵達を相手にし、最終的なボスのHPは一千万ときている。しかし無理ゲーかといえばそうでもなく、とあるマテリアと能力地補正さえちゃんとしていればただの作業。FF10の訓練場もそうだったが、全く戦闘が面白くない。緊張感がない。
 このミッション、数だけは無駄に多い。でもマップは使いまわしの為、飽きる。固有マップを作れとは言わない。でも数は減らせたのでは?

 総括すると、所詮は7のファンの為のゲーム。会社の作品から少しずつシステムを借りてきて構成された使いまわしにゲームとしての面白味を見出すことは不可能である。だったらいっそのことミッションをなくしてストーリーに時間をかければよかったのではないかという気もする。

 ×××

 となります(笑)。
 ところでジェネシスとかシスネとかの声優は、明らかに初心者って感じでしたね。ジェネシスはガッくんでしたけど、シスネは……嗚呼、あすみか(誰だ)。
 ガッくん、下手じゃないですけど、ところどころのイントネーションが面白すぎて物語を楽しめなかったです。私の印象深い一言は、ジェネシスがセフィロスと戦っている時にアンジールに止められた際言った言葉ですね。

「邪魔をするなぁあぁあぁぁ~~~」

 噴出してしまったのは私だけではないはず。

未分類

機械音楽

 お金がないと言いながら、最近CD買いました。2枚です。

 1枚はゼノギアスのサントラです。何となく買ってみたのですが、正直あんまり買ってよかったとは思わなかったかも。クロノクロスと同じ作曲者さんで、有名な方なんですけど、EDの曲以外これといったものがなかったような。シェバトの曲とか、1回目聞いた時は何て名曲! と震えたものでしたが、実際聞いてみるとあの時の震えはなかったです。何でだろう。本当にこの曲だったんでしょうか(そうです)。

 でも2枚目は買ってよかったと思える、久々の名盤でした。何度か登場した『coaltar of the deepers』のNARASAKIさんと、バンドのサポートメンバーのキーボードひいてる方とのテクノバンド(になるんでしょうか)である『sadesper record』の「externalization 1」です。
 テクノってそんなに聞かないのですが(空手バカボンが唯一のテクノバンドというのは自分でもどうかと思います)、機械音楽ってはまると物凄く心地良いんですよね。もう五周くらい通して聞いています。通して聞くと魅力が倍増するのはこれと『The Smashing Pumpkins』くらいのものですよ、本当に。
 全部インストなんですけど、私が好きなのは2曲目の「Touch Air」と13~15曲である「Runnin' About Pictures」「Today Is The Day」「Terminus Of Love」の曲順ですね。特に「Today~」は最後の展開がしびれます。

 もう一枚出されているみたいなので、金欠にも関らず買うと思います(笑)。

PS:これを書きながらシェバトの曲を聞きなおしてみました。ごめんなさい、やっぱりいい曲でした(笑)。

未分類

お金

 普通はニートでもない限りバイトとかするのでしょうし、実際私の知り合いの多くはバイトをしていて話題にすることも多々ありました。
 
 ……なんでこんな話になるのかというと、四月からどうしようと思っている訳です。
 学校は京都市内にあるので自転車で行こうと思えば行けるところなのですが、それ以外のところ――例えば趣味に使うお金をどうしようと(答えは一つしかないにせよ)悩んでいたのです。入学祝は全没収されることが決まりましたし、預金は6000円ですし、手持ちのお金は1000円ありませんしね(笑)。
 だから冒頭のバイトという話になるんですが、大体多くのバイトって接客じゃないですか。私、客として従業員さんを観察するのが大好きなんですけど、見ている限りではあの機械を扱えればどうにかなるかな、と考えています。ほら、注文をとる時に用いられるアレですよ。手書きは駄目です。私の字は私しか読めません(ぇ)。
 
 ……
 私は行動的とはお世辞にも言えないので、決心しても行動に移るのに多大な時間を必要とする人間なのです。だから今までも多くのものを取りこぼしてきたのでしょうし、これからもそうなるのでしょう。
 元クラスメートは教室でバイトの募集先に電話をしていたものですが、私もそれくらいの積極性を持ちたいものです。
 やだなぁ(笑)。
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ