FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

夏風邪

 いつぞや選挙があったみたいですね。
 でもこれもいつぞや書いて、とある優しい人から優しく忠告を受けたので書きません(いや、本当にそう思ってますって)。

 ×××

 先週の木曜日に風邪をひきまして、まあ父親の責任なんですが、ずっと寝ていたんです。これでもかってくらいに寝汗をかいたんですが、今も鼻の調子はそんなに良くありません。頭も少しぼんやりしていますが、これはすぐに回復するでしょう。
 問題は味覚ですね。今私、何を食べても何の味も感じないんですよ。酸っぱいとか、そういう感覚はあるのですが、ご飯とパンの味の区別が今はできません。

 先日食べに行ったんですよ、私がこんな状態なのにも関わらず。
 そこは普段物凄く込み合っているのですけど、その日に限って偶然すぐに座れたのですね。あの料理、よく分からないのですが、串系統のお店です。
 びっくりしましたね。
 いくら何でもソースとかつければソースの味くらいは分かるだろうと思ったのです。
 感動するくらいに味を感じませんでしたね。
 舐めましたよ、ソースだけ。駄目なんですよ、レモン齧っても。酸っぱいだけです。そこからレモン独特の味が見つからないんですよ。
 何が悲しいって、せっかく食べに行ったのにその味が分からないままにお腹だけが膨れていくことですね。どこかから胃に直接押し込まれているようなものですよ。

 友達に話したところ、鉄分を取れと言われました。
 鉄分というとレバーですか。あんまり好きじゃないのですけど、今この状態なら何とかなるかも……いや、レバーは味云々と言うより、その食感が苦手だったのでした。

  
スポンサーサイト

未分類

二十七時間テレビ

 
 こんなに休むつもりはなかったのですが、ある日いきなりインターネットに繋がらなくなるという悲劇に見舞われまして。最後に更新してから数日、何かあったはずなのですが、永遠に私の胸の中にしまわれるみたいです。

 ともかく、ここ二年かかさず見ている二十七時間テレビのお話。今はヘキサゴンですけど。
 今年のテーマは『なまか』でしたっけ。読売の二十四時間は募金目的で行われる慈善番組ですが、フジもこんなつまらないことをし始めるのですね~

 と最初は思っていたのです。
 でも大体二十七時間もするのですから、番組の構成にそういった偽善行為(失礼、でも私にはそう見えるのです)を入れておくのは、悪くないと思うのです。というか、必出品でしょう。
 問題はそんな中途半端なことをすることによって質自体が中途半端になってはいないか、ということですね。

 笑顔を届けたい? 結構な試みですね。でもそれをメインにし過ぎたら読売と被ってしまう。なるほど。で、ボーリング。ふうん。優勝したら公約に必要なお金を出してくれる。ふむふむ。三回投げて決着がつかなかったらじゃんけん? え? それでいいんですか? 
 
 という訳で、主に深夜枠しか見ていませんでした。『さんま中居の――』はいつも通り面白かったです。『ココリコミラクルタイプ――』はまああんなもんでしょう(何様だ)。MCハマーに感動しました。

 個人的に何が嫌かって、総合司会が孫悟空ってところですね。いや、香取慎吾でいいじゃない。
 正直あの香取慎吾の演じる孫悟空、ムカつくんですよ、何か(笑)。
 それに、どうせ彼系列のキャラの安売りみたいにするんでしょう。
 ……怒られ侍は好きですけど(ぇ)。

未分類

ファッション

 夏休みなので、これから午後は家にすらいないので更新は朝になります。でも朝、まだはな○マーケットをやっている時間に書くのは色々と複雑な気持ちです。
 
 ×××

 日曜の朝の八時から京都テレビでやっている番組がありまして、それを見ていたのですが、そこで息子がファッションに無頓着で将来が心配だと憂いている母親の手紙が読まれたのです。
 私も自他共に認める無頓着さですから、心配されるほどってどんなもんだろうと色々想像していたのです。例えば一日中パジャマで過ごして、外に出るときは必ずジャージと適当な無地のシャツ、靴下ははかずにサンダルで――ってそれは私なのですが。ともかくそれ以上の無頓着、というかただの馬鹿レベルではないかと思っていたのです。
 が。

「よれよれのシャツにジーパンで――」

 は?
 よれよれのシャツはともかく、ジーパン?
 無頓着な人間がジーパンはいてちゃ駄目でしょう(ぇ)。

 ファッションって何なんでしょうかね。
 人間が生まれ変わる為の手段に用いられるケースが多いですけど、その為にお金をつぎ込むってどういう気持ちなんでしょう。
 私がゲームにお金を費やす気持ちと同じなんでしょうかね。
 ただ違うのは、年を重ねてもゲームの名作は名作ですが、ファッションはただの時代遅れになってしまうことでしょうかね。
 
 大人になってもジャージを愛用していきたいです。

未分類

戦慄

 ただ思うことは――
 この後に、象牙の塔~か君が言いかけた~という言葉が出てきたら私と仲良くなれるかもしれません。別に良いですか? そうですか。

 ×××

 今日は終業式でした。終業式の時、体育館に集められて話を聞かなければいけないじゃないですか。高校生になるともう校長先生は何も言いませんが、代わりに三部長とかいう先生達が話されるのです。
 まあ夏休み、しかも三年生ですから、話す内容はたかがしれてます。勉強とか学校祭とかです。もちろん聞く気がないのでロマサガ3のサントラで声を圧殺していましたが、あんなものに一時間潰されると思うと我慢ならないものがあります。しかも体育館は、そこに三年生全員が集まるものですから蒸し暑くなるんですね。おまけに場の空気が読めない駄目な子達がかまわず喋りまくっていますから、その注意で無駄に時間がかかる。
 勉強のできない子は害がないですが、精神が馬鹿な子はとても害になります。
 でももしもそのことを本人達が自覚していれば、それは馬鹿ではないのですけど。長い目で見ればそうかもしれませんが。
 
 で。
 終わった後、学校祭の催し物について話し合いがあったのです。
 随分前に書きましたが、三年生は演劇をしなくてはいけなくて、一年二年とうちの高校の演劇は演劇部までくだらないと斬り捨てていた私(よくよく考えると演劇がくだらないんじゃなくて脚本がくだらなかったんですけどね。でも選ぶセンスがないのは駄目でしょう)ですから、自分の時ぐらいはまともなものをやって欲しいと強く願っていたのですけど(他人任せなところが私の俗物度合いをよく表しています)、残念ながらその願いは届きませんでした。
 まあ書いてしまいますけど、戦争物だったのです。

 戦争物が嫌いだって話は……したことないですか。
 
 戦争が悲惨で良くないこと、ってのは、小学校からの洗脳教育によって叩き込まれているのですが、結局人の死って娯楽物になりがちで、そういう面では戦争物は格好の材料じゃないですか。大量に人が亡くなりますし、無意味、というところから感動みたいなものも誘えますしね。
 私はそのお涙頂戴のスタンスで繰り広げられるスクリーンないし舞台上の光景に辟易してしまうんです。ほらほら、悲惨だよ~よくないよ~――知ってますってば。もう良いじゃない、と思うのです。
 思うに、戦争とか人の生命がかかった物事は、善し悪しで片付けられる問題ではないのです。だから私は戦争を否定しませんし、また肯定もしません。その物事を経験した、本物を知った人でなければ判断することができないんですよ、恐らく。そして知っている人でさえも決してこれだという判断は下せないでしょう。
 なので、戦争を題材にしたありとあらゆるものは、どうしても否定的に見てしまうのです。なぜって、結局行き着くところは戦争否定ですからね。それってフェアじゃないでしょう。フェアとかいう問題ではないにしても。
 だから戦争物は喜劇です。誰が何と言おうと、私にとってはあれは喜劇です。茶番とまでは言いませんけどね。

 話を元に戻します。
 台本もやっぱりオチが戦争反対だったので、その地点でやる気をなくした私。でもこういう決め事ってのはなかなか決まりません。誰が望んで演技なんてしたいですか? しかもシリアスもので。うちのクラスは女性が少ないので女性は全員出演しなければならなかったのですが(それで一人の女子がぶつくさ言っていました。思うに、自分でまともに意見することができない子がそうなりがちです)、男子の方はなかなか決まらない。
 女子はもう決まってますから、当然男子をなじりますね。早く帰りたいのは皆同じ。でも劇には出たくない。そんな感情渦巻く中、数人の男子が率先して役を選ぶのでした。

 ……
 ここまで書いたらもう何が言いたいのか分かるような気もするのですが。
 ええそうです。私も主演することになりました。
 
 祝!

 じゃないですよ。
 でも頼まれたら断る理由もないじゃないですか。
 私は基本、自分に害のないことであれば頼まれればするタイプなのです。特にこういう決め事ならば尚更です。だって断る理由がないですからね。この場合断る=劇を否定することですから、私が新たな演目を決めないといけないくらいの覚悟でなければいけなかったのです。それが面倒だったか、というのもあるのですが。

 まあ決まってしまった以上真面目にやるつもりです。役も別に気に入らないキャラではないですから(数人いたんですけどね)。

 PS:ここ数日、ツールメニューの下にディーエイチシーとかいうよく分からない何かの宣伝があるのですが、そこに顔を隠した女性の胸元が映ってるんですね。宣伝文句もバストを上げるものですし。目のやり場に困る訳ではないのですが、ちょっと迷惑です。

未分類

アイス

 夏ですから、既にバクバク食べてる方もおられるとは思うのですけれど。
 この季節は無意味にアイスが冷蔵庫の中にあったりします。なかったらなかったで別に困るものでもないのですけど、それでもあればちょっとは嬉しかったりします。
 しかし、アイスは今本当に色々ありますね。棒つきとかシャーベット系とかチューベット(これってこの名前で当たってますかね?)とか。私はモナカとかが好きなのですが。

 ところで、アイスには難点がありますね。一度食べたら二個目が欲しくなるとか、太るとか、口の中が乾くとか。
 私は一番最後に挙げたものが嫌で、あんまりアイスって食べたくないのですけど、でもあるとどうしても手を出してしまう。シャーベットなら幾分かマシなのですが、バニラとかチョコとか、普通のアイスキャンデーになるとたまらないですね。うああ! 口の中がぁ! と、叫ばないですけど、そんな感じでお茶に手を出して、がぶがぶ飲んでしまう訳です。

 ので、そんな私はアイスではなくいつでも氷で我慢しているのです。シャーベットじゃないですよ、ただ水を凍らせただけのものですよ。
 意外とこれは軽視されてるのではないかと思うのです。分かりますよ。誰が好き好んで味気ない氷なんて食べるでしょう。でも、一度はまってしまうとその味気なさが良さに繋がることが分かるはずなのです。口の中で上品になめたりしてはいけませんよ。豪快にがりっといってしまうのです。十分咀嚼して、ごっくり。ほら、ちょっとだけ冷たくなって、ちょっとだけ虚しくなるはずですから。
 私は氷狂として家の氷をばくばく食べているのです。
 かかるのは水道代と電気代ですから、アイスにお金を使うのが嫌な人はぜひお試しあれ。

 PS:氷って食べ過ぎると禿げるんですか? 父がそれで私を脅して困っているのです。
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ