FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

限界突破

 いつぞや、ピンポンを鳴らしているにも関わらず玄関先で怒鳴る迷惑な宅配便の人のことを書きましたが、今日また何か腹立たしい宅配便の人に遭遇(?)しました。
 ピンポンを続けざまに押す人です。
 一回で分かるんですけどね。なのに小気味よく、ピンポーンピンポーン、って。最高記録は三回ですね。殴ってやろうかと思いましたが。
 いや、急かされてるみたいで落ち着かないじゃないですか。一回で理解してるし、続けて押すにせよもっと時間空けろよ、と。急いでる? リラックスするべきですね。
 
 ×××

 *敬称は省略させていただきます。

 二日続けて本の話題から入る訳ですが、昨日も書きましたが唯一借りてきたライトノベル、成田良吾っていう作家の『世界の中心、針山さん 2』って作品なんですけど、ここ最近この作家の本の分厚さが増して、これもその例に漏れてないんですね。
 元々薄い本出す作家ではなかったんですけど、『バッカーノ』シリーズの最新作にせよ『デュラララ』シリーズの最新作にせよ、唖然としてしまう分厚さなのですね(ところで同じ電撃文庫の『終わりのクロニクル』とかいうシリーズの一部の作品の分厚さは、あれは冗談なんでしょうか)。
 ただでさえラノベの世界観に飽きやすい私が、その分厚さの中に最後まで集中してい続けることは不可能に近い行為なんですよ。だってどうでもいいシーン多いですもん、ラノベって。

 ……このまま続けてもラノベへの罵声しか出てこない気がするのでこの辺にして、世間では色んな量が無意味に増えすぎているのではないかと思うのです。
 例えばうちの高校の物理のテストの量は無意味に多いですし、今回の現代文のテストは無意味に問題数が多かったですし、世界史や日本史のテストは範囲の広さから増える傾向にあるみたいですし。
 ゲームでもHP四万って聞いただけで震え上がった時代があったのに、気がつけば五千万とか平気で出てきますし。そのせいで戦闘時間も増えますし。
 夏になりますから電気代も上がりますし。
 受験生は夏期講習とかで勉強時間が増えますし。

 ともかく増えすぎなのですよ。

 何より許せないのが娯楽の手段であるはずのゲームの、敵HPの無意味な多さですね。前記した五千万なんて、私倒すのに四時間はかかりましたから(一回倒す寸前で全滅したのも含めて)。
 RPGは時間がかかるものだとしても、ラスボスのHPはせめて十万がいいところだと思うんですけどね。限界ダメージはドラクエみたいに999まで。某FF10みたいに99999なんて数字見たくないのですよ。
 ゲームの難易度=敵HPの不条理に見える多さ、ではないですよ、きっと。
 確かにHPが百万超えると腰引けますけど。

未分類

読書

 昨日は地震だったみたいで。台風の通る時には何かしら嫌なことが起こるものです。仮にこの地震が四国とか九州とかだったらもっと悲惨なことになっていたのではないでしょうか。
 京都は二回地震がありました。一回目はもちろん十時過ぎのものだったのですが、地震を察知したのは私だけだったみたいで家族はテレビを見るまで気づかなかったらしいです。二回目はそれなりに揺れたので気づくだろうと思っていましたが母親だけは気づかなかったみたいです。お気楽な人です。

 ×××

 図書室で夏休みに読む本を借りました。無制限に借りられるということだったので中には三十冊以上借りた馬鹿……失礼、読書熱心な方もいました。まだ一年生や二年生の間はそれくらい読もうと思えば読めますよね。見た限りでは平均二十冊というところでしょうか、皆さん。今日から読むとしても返却日まで三十日はありますから、二十冊なら読める範囲内ですね。

 私は十四冊、苦心して(笑)借りました。友達に、「お前公立狙ってるんやろ?」と呆れられましたが、「そういう時こそ息抜きできる奴が勝つのだよ」とそれっぽいこと言って誤魔化しました。分かってますよ、当の本人が一番。
 
 しかし、三十冊以上借りた馬鹿……いや読書熱心な方のことを書きましたが、そのことを同じく読書熱心な友達(彼は二十冊くらい借りていました)に言ったところ、

「嗚呼、去年も三年生がやってたな、そんなこと」

 とぽつりと。面白いことに、その人も借りた本が全部ライトノベルだったらしいです。
 まあその三十冊以上借りた読書熱心な方は一生懸命借り出しカードに本の名前を書いていたのですけど、書きながら、同じクラスか何か知りませんが女の子と話しているのですよ。他人の話を聞くのが大好きな私は自分のカードを書く為になるべく近づいて聞いていたのですが、またその内容がくだらないんですね(ぇ)。

 書くのも面倒なので感想だけ書くと、ライトノベル好き=オタク、ではないってことですかね。そんなにこの世界偏見に満ち溢れていないよ、と。

 でも、眼鏡かけて、喋り方が「いやあ僕、アニメとかネット世界に影響受けたんですよ参ったなー」的なものだったのでオタクと勘違いされてるでしょうね、可哀想に。

 本当、うちの学校の図書室は面白いですよ。腹が立つ面白さですね。

未分類

裸足

 たまになんですが、宅配便とかでインターホン鳴らしてすぐに大声でうちの名前を叫ぶ人がいるんですよ。もちろん他の家でも。押すボタンしかないならそうしてくれて構わないんですけど、ちゃんとスピーカーみたいなのあるんですからもうちょっと臨機応変に対応してくれればいいのに。何か恥ずかしいんですよね。別に恥ずかしがることでもないんですけど。

 ×××

 昨日も書きましたが、雨が続くので学校に靴で行くと靴がぬれるんですよ。ちゃんと履かずにかかとのところを踏んずけてるせいですが、学校に到着して既に靴下がびしょびしょだとやる気もなくなるもので、その日の物理のテストなんて散々な出来で……嗚呼、これは関係ないですか。
 
 なので、どうして靴下なんかで学校に行かなければならないのか、という怒りに似た思いが私の中にこみ上げてきまして。
 元々靴下も大嫌いだったので、小学校の中学年くらいまで靴下を履かずに靴を履いていたのです。つま先にくる気持ち悪さが嫌で(それと足が臭くなるのが嫌で)ちゃんと靴下を履きだしたのですが、それでも靴のあの拘束される感じが嫌でした。

 そんな私が、どうして今更靴下なんかに頼れますでしょうか!
 どうして今更律儀に靴下なんて履かなければいけないのでしょうか!
 どうして世間の人は、休日くらいサンダルを履かないのでしょうか!

 父曰く、曾お爺様は年がら年中ぞうりだったらしいです。父もお爺様も皆休日は草履しか履きません。私はその血を受け継いでいるのでしょう。
 
 ので、昨日からサンダルで登校したのです。嗚呼、何という開放感! あたかも重力から開放されたように私は自転車をとばしたのです(ただしサンダルに使われているゴムがキュッキュ鳴ってうるさいのがたまに傷)。
 そして教室に乗り込み挨拶すると、当然のようにどうして裸足なんだという質問を受ける訳で。そこで、面倒だから、と答えると、

「でも、裸足って校則で禁止されてるよな」

 と誰かがぽつり。

 うそん。

PS:生徒手帳にはそんなこと書いてありませんでした。嘘つきめ。

未分類

 雨ですね。
 昨年よりも梅雨なんだな~と思える天気に毎日辟易している私ですが、母親にそのことを言うと、曰く「祇園祭が終わるまで梅雨やで~」だとか。
 京都に住んでいるのでそういうイベントは事欠かないのですけど、特にこの祇園祭というのは無意味に有名ですね。

 行ったことないですけど。
 というか、誘われたこともないですけど。

 とはいえ、誘われても何を楽しめばいいのか分からないところもありますけどね。
 夏の風物詩的な扱いを受けている祭ですけど、無意味に人が多いじゃないですか。人ごみが嫌いなので(好きな人がいると思いたくはないのですけど)金を積まれない限り行く気がしないのですね。昔は屋台にとても憧れたものですけど、憧れというのは実際それが出来るレベルになると途端に魅力を失うものなのですね(例:ラジコン、ローラースケートなどなど)。あの屋台の商品を鬼のように買い漁ってうはうはしたいという憧れもいつしか、「そんな無駄なもん大量に買うんだったらCD買うよ」となってしまい、本当に近所で開かれる祭にすら参加しなくなりました。

 小遣いを貰っていない頃、祭の為に渡されるお金は500円でした。当時も今も大金だと思っていますけど、しかし屋台で使うには少ない。当時の私はフライドポテトにはまっていましたから、どうしてもそれが欲しかったのですね。しかも大きい物好きでしたからサイズは大を頼みたい。
 300円するんですよね。
 記憶があやふやなので定かではないですが、200円ではなかったはずです。
 ともかく、それを買うとなるともう200円しかないのですね。後何が出来るのか。お祭にお決まりの福引もやりたいですし(当時、遊戯王が流行っていたので景品もそれ系統が多かったです。私も俗に言うレアカードを取ったことがありますけど、勿論妙な細工のされたものでしたね)、何か他のものも食べたい……結局福引に走るのですけど、良い物なんて当たらないです。
 来年こそは、と思うのですが、結局翌年も同じように終わってしまうのでした。

 そして月日は流れて今、祭に行く時間よりも自宅にいる時間を何より望み、食べ物への執着心も順調になくしています。
 そんな私が祭りに行って何を望むのでしょう!

 ……出会い?

 ……いや、まさか。

未分類

閣下

 ここ最近、ニコニコ動画で三時間ぐらい簡単に失っています。一度見始めると数珠繋ぎ的に見たい動画が増えて、どうしようもなくなるという話ですね。
 例えば最近発売された(もう大分経つのかもしれませんが)スパロボの最新作の映像なんか見ていると無性に欲しくなったり。受験の目標をこれにしようか、なんて思っていますし。でも、来年の二月辺り、公立目指していたということで二年生に何か言わなければならない状況に陥った時、

「え~と、私はスパロボがやりたくて――」

 なんて言っていたら、二年生の立場から見れば何言ってんだろこの人、ですよ。

 でも最新作のスパロボも結構恥ずかしいですね。ラトゥーニとシャインの連携攻撃(何か違う)なんかこれはもう一体何のギャグなんだろうか、と。戦闘アニメも無駄に派手ってますし、プレイしていると、うおおおお! と興奮するのかもしれませんけど、第三者として見ているとあはは、という乾いた笑いが出てくるのも確かなのです。
 ……多分受験終わったら買ってると思うのですけどね。

 ×××

 で、本題なのです。
 そのニコニコ動画、多種多様な動画がある為に、当然音楽関係もある訳で。タイトルの『閣下』というのは勿論言うまでもなくデーモン木暮閣下のことです。ご存知ですよね? かの伝説バンド『聖鬼魔II』を。まさかビジュアルのおかしい人達が組んでるバンドだと?
 
 嘆かわしいっ!

 駄目ですよ先入観。どこかの動画サイトでぜひ見るべきですよ。世界で余裕で通用する演奏陣(特にリズム隊の格好良さはとんでもない)、そしてこれも世界で余裕で通用する閣下の高尚な歌声、冗談でもなんでもなく、彼らを見ると今の日本のバンドが聞けなくなってしまいますね。言いすぎ? そうかもしれませんけど。
 私が一押しなのは1995年(だったかはあやふやですが)、サタンオールスターズというライブで演奏された『Jack the ripper』って曲ですね。ニコニコなら絶対にあるのですけど、他は知りません(ぇ)。
 アルバムよりライブの方が格好良いバンドって本当に素晴らしいですよね。

 
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ