FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

 こんにちは、霜です。

 昨日ですが、近所のスーパー行ったんですよ、家族と、外食の帰りに。
 もう高校二年になってしまったものですから、家族と一緒にスーパーなんて本当に久しぶり……でもないのですが、とにかく感覚としては久しぶりに行ったんですよ。
 適当にうろついて、お菓子売り場に行ったんです。私、基本的にお菓子は食べない性質ですので、お菓子の現状でも知っておこう程度で行ったんです。まあカオスでしたね。プリキュアの菓子を見ただけでカオスだと思いました。大いなる偏見です。
 すると、吊るされた形でクレヨンしんちゃんのお菓子があったんです。カレー味のスナック菓子のようで、表パッケージにはしんちゃんとかタンバリン振ってるネネちゃんとか色々ある訳ですが、その中でしんちゃんが女性を口説いているものがあるんですね。「おねいさん、遊ばない~?」みたいな、確実に五歳児が知らないような言葉を言いながら、照れくさそうにしているしんちゃんですよ(お腹にいた頃からひろしの持っている雑誌の表紙にある女性の水着写真に興奮したくらいですから、相当です)。
 そこで私は目を疑いました。
 そのしんちゃんの行為自体は何ら変ではありません。しんちゃんなのですから、まあしてしかるべきみたいな、そんな感じです。そしてしんちゃんには、五年で培った眼力があります。ななこおねいさんがしんちゃんの一番だとすると、大人の女性に興味がありそうなしんちゃん、当然、相手もその類の顔ではあったのですが……これは、明らかにマツザカ先生なのです。どう見てもマツザカ先生なのです。どの角度から見てもマツザカ先生なのです。

 ……やっぱり好きな相手には冷たくするものなんですかね(は?)

 ×××

 今週の土曜にはもう七月になってしまう訳で、早いものです。私も後二週間と数日でテストです。 早いものです。いや、本当に。
 毎日ちゃんと六時半には起きて、一時まで起きている、出来るだけ時間を無駄にしないよう生きているつもりなのですが、やはり時間が足りないな、と思わされるのは、学校のせいなのではないかとふと思います。
 別に勉強をすることに疑問など覚えはしないのですが、しなければならないことが沢山あるのに、一日の大半を学校で費やすのは、ふと時間のことを考えてしまうと無駄に思えてしまうんですね。休日だって部活ありますし、何だかんだで学校は私の時間を結構奪っていく訳です。本は読みたい、何か書きたい、ちょっとゲームしたい、音楽聞きたい(これは何か書きたい、本読みたいと同時進行出来ますが)……じゃあ遅くまで起きてろって話なのですが、この全部と比べると、寝るほうがよっぽど好きなので、遅くまで起きるのは火曜と木曜だけで十分なのです。

 でも時間は勝手に過ぎていきますし、折角の休日はいつの間にか終わりを告げます。サザエさんが始まった地点で、終わりを告げます。

 明日にはまた学校で勉強して、帰って、一週間過ぎるのでしょうけど、一週間後の日曜日も、きっとこんな風に思っているのだろうと思います。

 ……

 とりあえずMDの録音は早く済ませておきます。
スポンサーサイト

未分類

嫉妬

 嫉妬する、という感情がよく分からない。
 金曜日に数学のテストがあって、それなりに良い点を取って、隣の同じクラスの奴と点が同じだったから、互いの健闘を称えあうつもりで握手した。私も彼も努力してその点だったから、そんなことをするのは別に他人にとってどうだっていいことだろうと思っていた。努力もしないで良い点数を取って互いに喜んでいたならばその嫉妬に近い批判も甘んじて受け止めるが、我々は決して努力を怠っていた訳ではない。努力は報われるべきだという学校の先生が大好きな理論に従って出た結果なだけなのだ。私以下の点数だった人は、単に私より勉強していなかっただけに過ぎない。私は朝も勉強している。暇だから。
 なのに、今日、部活の顧問、通称ボスから、私とそのクラスメートが握手している光景を見ていたらしい違うクラスの奴が、ボスに報告してきたという話を聞いた。思わず憤慨した。何故そんなことを報告するのだ? 確かにボスは数学の先生で、確かにボスは違うクラスの担任ではある。気に障った? どうして。サッカーだって終わった後握手するじゃないか。私の点が良くて、隣の奴と握手をしていただけで、私の点を見せびらかしていたとでも思ったのだろうか。
 私はボスに、あいつらは我々のクラスに対抗心があるのだと言った。私は今年から1.5類とかいう微妙な類に入ったのだが、その違うクラスは一年の時からその類で、自分達の方が先にいるのだという自負が、何処かにあるのは疑いない。別にそれは構わない。我々に害さえなければ、の話である。
 私は向こうのクラスなんて眼中にない。頭ではない、存在がである。相手に敵対心なんて欠片もないし、また勝っても嬉しくも何ともない。努力したのだから、結果はついてしかるべきなのである、学校の先生の言葉を借りれば(無論私はそんなものは信じていないが、努力することは大事だとは思う)。

 ですが……はい、正直言えば、生理的に受け付けんのですよね、隣のクラス。何か傲慢と言うか、一方的に敵視されて、いつの間にか数学は出来る奴だなんて思われてるんですよ。本当に迷惑。勉強してんですから、出来ますよ、人並みに。ケアレスミスだって、出来ればしないように心がけてますよ。三角があれば本当に御の字で、先生に敬意を払いますよ、完全ミスのこんな問題に部分点くださってありがとうございます、と。
 でもですね「俺、バツ一個もなかってんで!? ケアレスばっかりやわぁ」と自己弁護するのは見苦しい。三角は間違いなんですよ、確実に。そんな自分騙しの言動を続けて、私の行動をボスに言う? 馬鹿らしい。そんなくだらん言葉と、眠ってる時間があれば勉強しましょう。

 ×××

 高校に入って、勉強が少しだけ楽しくなっていたりしてます。テストの点数も徐々に比例していってるような気もしますし、授業だって普通に理解できます。
 クラスメートを批判するのは嫌なんですが、授業の進みが早いとか、説明が適当とか愚痴ってる連中は何で寝てるんですかね。言う前に自分自身を省みようと意味なく叫んでみます。

 とりあえず、嫉妬よくない。嫉妬する前に努力しましょう。ボスに喋りながら実は、違うクラスにかなり腹立ってましたからね。はぁ? と。馬鹿じゃねえか? と。勿論、私のイメージもありますから、努めて理知的に話したつもりでしたが、震える声は隠し切れなかったと思います。言葉に感情が表れやすいんですよね、私。

未分類

恨むまい

 恨むまい、恨むまい、どんなことがあっても、決して相手を恨まず、常に自分の非を考える――そんな考えで人生を生きている私にとって、他人との言い争いとは愚の骨頂です。何の利益もないし、また向こうとこっちの心境もありますから、私と他人が口論する場合、大体の場合私が妥協することが多いです。
 しかしながら、妥協ばかりするのは流石に問題です。たまには強く出ないと、相手になめられます……という訳で。
 
 土曜日の話です。梅雨に入ったとはいえ、梅雨と言う名前に気後れしがちですが、その日は幸いにも晴れていました。前日がもう物凄く晴れていて、その更に前日大雨だったものですから、まるで台風の目に入ったみたいな天気です。その日、クラブは午後からで、午前中は何もなかったので、先週借りていたCDを返す為に某ビデオレンタル店へ向かいました。前日半額クーポンがきており、更に五枚1000円のキャンペーンをやっていたので、私は元から5枚借りるつもりで店に赴きました。そこで適当に5枚(詳しく書くと、メタリカの『S&M』ザ・クラッシュの『白い暴動』ガンマ・レイの『ヘディング・フォー・トゥモロウ』スレイヤーの『悪魔の鎮魂歌』オアシスの『ザ・マスタープラン』の5枚……5枚ですよね?)借りて、レジに向かい、会員カードを出して、借りる日数、七泊八日を申告。半額クーポンを出すのに手間取っていると、唐突に店員が、

「当日ですか?」

 と聞いてきた訳です。後ろには何人ものお客さん。既に焦り始めていた私は、大した考えもせずに「はい」と返答。そしてクーポンを見せて、払ったお金が――500円。値段はおかしくありません。そのまま出ようとして、ふと店員の「当日ですか?」発言を疑問に思い、確認してみると、案の定当日返却になっているのです。私は吃驚してしまいましたよ。当然です。5枚借りてるのですから、当日なんかに返せるはずがないのです。
 勿論その後七泊八日に変更しました。これは私に非があります。ボソボソとした喋り声である私の声を聞き取れなかったことは分からないでもないです。だから、その後5枚借りているのに1000円とせずに、250円追加で払うよう言われても、仕方がないか、と貸しを帳消しにする感覚で(今にして思えば、そんなこと気にする必要など何処にもないですが)あえて黙っていました。馬鹿とか言わないでください。素で傷つきます。
 まあ家に帰りまして、借りてきたCDをチェックします。メタリカは以外に良くて、ガンマ・レイはまあ想定の範囲内で、スレイヤーは一曲目以外全部同じに聞こえて(その一曲目はギルティギアのテスタメントのテーマにそっくりというか、笑えるくらい同じでした。どっちが先なんでしょう)ザ・クラッシュは何か良くて(ぇ)オアシスは――オアシスは――
 ん?
 中に入っているCDは明らかに違います。演奏時間も違います。音源も何か一昔前の音って感じで、元より番号が違います。
 は?
 どういうことでしょう。こんなの、返した時にチェックすれば一目瞭然じゃないですか。何の為に番号ふってるのでしょう。
 部活終了後、急に降り始めた大雨の中、私は怒りに震えながらレンタルショップ店に向かいました。もはや借りも何もありません。金もついでに返してもらいます。
 店内では、私の応対ををした店員が嫌そうな顔で私を出迎えたものの、そんなの知ったこっちゃありません。テメーのミスだよ、テメーの!(ぇ)
 
 ……
 まあ結局、お金は返してもらいませんでした。いや、応対してくださった方が本当に丁寧だったので、気が引けたんですね。あの糞店員だったら絶対こうはいきませんね。ましてや金返せ! なんて言ったら、舌打ちしそうな勢いでしょうしね。

 とりあえずちゃんとなったオアシスを延々と聞き続ける私。うん、いい、凄くいいよ。いいじゃないですか。音楽の前では全て許されるのです(弱者が)。

未分類

徒然・ジミジミ

 はい、霜です。

 テストが終わる~と叫んでいたら、もう六月も中頃を迎えようとしております。お元気でしょうか? 私は何とか生きています。パソコン触ったのも久しぶりです……正しくはインターネットをするのが久しぶりなのですが。
 
 不定期に訪れる創作意欲のお蔭で、バリバリ執筆はしております。辛気臭い話大好きなんで、そんな感じの話をだらだら書いています。
 同時進行で読書もバリバリ(ぇ)しています。一日100ページぐらいでだらだらと。最近は重松――清さんでしたか、曖昧で申し訳ないのですが、とにかくその方の小説を読み耽っています。でも飽きました(は?)『短パン・デイズ』という小説なのですが、恐らく私の読解力のなさから来る失礼な感情なのですけども、この方の小説の根本にあるものがどれもこれも似たり寄ったりで、遠回しに言えば、またかよ、この展開、というため息……有り体に言えば飽きた、みたいな。村上春樹さんの小説もそうだったんですよね……『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』から入って、良いなあ、と思って、『ノルウェイの森』に挑んで、そこから『海辺のカフカ』とか『ねじまき鳥クロニクル』とか『スプートニクの恋人』とか読んだんですが、やっぱり上記しました飽きが来まして。何か人消えて、気がつけば帰ってきて、終わって、の展開に……はい、読解力のなさって恐ろしいです。
 でも重松さんの作品、『ナイフ』や『流星ワゴン』は好きです。全てにおいて。

 次は向田邦子さんのエッセイを漁りつつ、適当に探してみたいと思ってます。

 ×××

 同時にもう一つの趣味である音楽鑑賞にも熱入ってます。最近の流行はレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。映画のデスノートの主題歌を歌ってらっしゃるようです。新作アルバムは聞いてませんが、私としては『By The Way』が一番ですね。名作と名高い『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』はあんまり好きくないです。第一印象五月蝿いですから、一ファンとしては失格なんでしょうか。『アンダー・ザ・ブリッジ』や『カリフォルニケイション』『アザーサイド』とか……知ってる人は、嗚呼、こいつこんな曲風が好きなんだ、と理解してくださるとは思うのですが。

 後、メタリカ。路線変更した(らしい)メタリカの楽曲を聞いているのですが、前評判に比べて大して良くない。むしろ嫌いですね。何か四~六分くらいの曲ばっかりで、何か面白みにかけると言うか。ギターソロで、ん? と来るものはあるのですが、何かダラダラしてて聞いててストレスが溜まる。スラッシュメタルって全部が全部あんなんなんですかね。もっとスピーディーなイメージがあったのですが……それともメタリカがもうスラッシュを意識してないんでしょうか。初期はもっとそれっぽいらしいので、そっち聞いてみます。

 大手らしいエアロスミス。聞いたことのある曲が多いので、とても親しみが持てたと言いますか、少なくともメタリカよりかは安定して聞けました。むしろ好きです、こういうサウンド。

 ガンマ・レイは……ああ……うん、カイ・ハンセンですし、はい(ぇ)

 ×××

 更新は多分不定期になりますし、不意に文体変わってたり、アルティ買った報告はあるかと思いますが、とりあえずまたいつかお会いしましょう。
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ