FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

未分類

プールプール! 1

 プールネタです。


 太陽の下、少年少女が楽しく泳ぐ小学校時代。
 太陽の下、着替えることに億劫になって何時しかサボりだす中学校時代。
 太陽の下、そもそもプールがない高校時代。というか現在進行形。


 今回は小学校時代です。
 

 小学校のプールの授業の最後は、いつでもテストがありました。
 一級から十級まで分けられたテストは、三級からが平泳ぎクロールに絞られるものの、それより前は自由形だったのです。
 あれは小学校四~五年の頃でしょうか。当時私はクロールも平泳ぎも出来ませんでした。挑戦しようと思っていた四級は自由形百メートル完泳。当時の私の一番自信があった泳ぎ方は犬掻き。自由形=自由だと思っていた私が、犬掻きをそれに選んだのは当然の流れだったのでした。

 いざ挑戦の時。皆が思い思いの泳ぎ方をする中、私がスタートした瞬間、プールサイドが興奮に包まれたのです(あくまで想像)

「霜犬掻きやぞ!」
「うっわ、無謀や」
「すげえ! アホや!」

 そのエールを胸に受けて進む私。四往復の道のりは、他の人達よりも遅くなるのは当然のことで、気がつけば私一人がプールに残されていました。
 出発の合図を出す先生も私の勇姿(馬鹿姿)に目を奪われ、言葉もなくその場で立ち尽くしていました(無論想像)
 大きくなる歓声(叫び声)、手を叩き出す男子生徒、尊敬の(哀れみの)眼差しで私を見つめる女性生徒!(無論(以下略))

 遂に私は百メートルを泳ぎきりました。沸きあがる歓声に、自分で言うのもなんですが、その時の私は生涯で何番目かに輝いていたでしょう。
 スタート地点で喜びの余韻をかみ締めていた私に、先生はにこやかな笑みを浮かべて言ってきたのです。

「あんな霜、言いにくいんやけどな」
「はあ」
「自由形って、そういう意味と違うねん」
「先生自由やったら何でもええんやろ!」
「でも自由形っていうのは大抵クロールとか平泳ぎのこというから……それが出来るようになってから再度挑戦してくれるか?」

 自由は自由なのだから、犬掻きでも構わないのではないか。
 先生は犬掻きを泳ぎと見ていないのではないか。
 様々な疑問を先生にぶつけたのですが、先生は曖昧な笑みを浮かべるだけでした。これ以上議論をしても私の意見が認められることはないと悟った私は、不本意ですが先生の言い分を承諾し、四級を落ちたのです。

 その瞬間、周囲で笑い声が起こったことは言うまでもないです。

 ですが、私の勇姿に感動したクラスメートが私に弟子入り祈願してきましたし、後に私の記録を破る二百制覇をした猛者も出てきたので、私の行いは決して無駄ではなかったのです。
 ちなみにそのことがあったので、その年の夏休みにクロールを習得しました。
 
 












 それから三~四年後、私は近くの市民プールで犬掻き五百メートルを泳ぎきることに成功したことを最後に追記しておきます。
スポンサーサイト

未分類

夏休み1

 夏休みなんで夏休みネタを一つ。

 
 夏休みの思い出といえば何でしょう。海に行った、プールに行った、山に行った、花火見た――色々あるでしょうが、私はダントツで夏休みの宿題です。
 
 
 美術が苦手だったので、夏休みになると毎度出てくるポスターの宿題が陰鬱で仕方がありませんでした。何が楽しくてポスターを書かねばならないのか。しかも人権ポスター。人権なんてくそくらえ、と思っている私には酷な作業です(ぇ)
 
 しかも、そういう宿題に限って成績に大きく影響するんですね。なので出さなければ成績が下がってしまいます。受験という将来の壁を考えれば、たかが美術といえど落とせなかったのです。
 出して美術の成績があがるのであれば、多少の苦しみぐらい乗り切ってやると決意していたのです。

 ですが、パワプロでいうところのサボり癖のついていた私は一向にやる気が起こらず、他の宿題は何とか後半でカバーしたのですが、アイデアが求められる美術の宿題に夏休み終了一週間前から頭を悩ませていた訳です。
 無論ですが両親は早く終わらせるよう急かしてきます。成績は気にしないうちの両親ですが、宿題となれば話は別です。何処の家庭も大体そうでしょうが、宿題くらいはやれというのが親の言い分でした。
 が、私の美術センスのなさは親が一番分かっています。特に母親。過去、私が小学生の時に五重塔を紫一色で塗り固め、先生に呼び出しを食らい、「何か悩みでもあられるんですか?」と聞かれた母親ならば、この私の苦しみも理解できるはずなのです。

 恥ずかしながら母親の協力もあり、地球にスライムのようなゴミ袋をのせてはどうか、ということに決まりました。その日、既に夏休み終了三日前です。
 なりふり構わず筆を走らせ、色塗りの段階までこぎつけました。その日、既に八月三十一日です。色塗りが終わったのは九月一日の十二時半でした。
 本当に、美術って嫌なものですねぇ~(某映画評論家風に)
 

 皆さんもこんな苦しみを味あわぬよう、宿題は早めに終わらせることをおすすめします。九月一日までのばすのは苦痛ですから。










 え? 成績ですか? 一年の三学期から三年の三学期までずっと2でしたけど。何か。
 出したところで変わらないくらい分かってましたよ。だって私、三年間ずっと一緒だった美術の先生に嫌われてましたので。

未分類

戦国BAKAKA?

 とあるサイト様で取り上げられていたので私も興味本位で見に行ったんです。
 
 ゲームシステムは無双のまんまですが、そんなことはどうでもいいのです。問題はキャラですよキャラ。

>伊達政宗

 何か青いです。後異国の言葉も使えるんだとか。
 後こいつ馬鹿です。馬に乗るとき手綱持ってないんですよ。偉そうに腕組みしてるんですね。
 しかもそのくせ十九歳。何か世の中おかしいよ!
 ちなみにこいつは真空波を出すことが出来ます。ジェットエックスらしいですよ。ダサいですね

>真田幸村
 
 伊達と同レベルのアホさ。何か赤いです。
 二本の槍を使い、随分露出度が高いです。明らか戦場をなめてます。
 ちなみに彼は赤い竜巻を起こすことが出来ます。大車輪……何か違うね!

>織田信長
 
 え~っと、分かるんですよ? 織田信長って魔王っぽいですし、そういう風に解釈するのは間違ってないと思うんです。
 でも、これじゃあただのラスボスですよ。しかも武器ショットガンって何ですか? この時代火縄銃じゃないんですか? 隙だらけじゃないですか。
 ちなみにこの人は地面から剣を出現させられるようです。何でもアリですね!

>濃姫
 
 信長の嫁さんでしたっけ。武器二丁銃。この時代、既に南蛮渡来の銃はクイックモーションで銃を撃てるようですよ。
 しかも彼女、ガトリング砲まで持ってるんですよ。何か時代背景間違ってませんか?
 ちなみに彼女は一人で一個大隊に匹敵する強さらしいですよ。何でもありですね、マジで!

>上杉謙信

 何この弱そうな風貌。
 何か女っぽいです。ちなみに彼は周囲の気温を瞬間的にさげて空気中の水分を凍らせ、巨大な氷柱を作ることが出来るらしいです。人間ですか?

>武田信玄

 えっと、ただのオヤジ。こいつは竜巻を巻き起こせるんです。
 更には叫び声で隕石まで落とせます。先生! 隕石の大きさを見るとクレーターできてもおかしくなさそうなんですけど。

>いつき

 一揆の親玉は五歳に見える女の子でした。
 何か、こんな子供に負ける兵士が痛々しすぎます。
 それに農民もこんな女の子を戦場に送らないでください。

>ザビー

 元ネタはフランシスコ・ザビエルでしょう。
 自分で作ったザビー教なる怪しげな宗教を広める為、日本を愛で統一するんだそうです。
 合言葉は「愛ミナギル!」皆さんも感銘を受けたらぜひ「愛ミナギル!」
 ちなみに彼は両手バズーカ持ってます……何だかな。

>森蘭丸

 ガキ。雷を呼ぶことができ、流星群を呼ぶことが出来る危険な子供。
 ゲームに理屈は必要ないですね。

>明智光秀

 気持ち悪い鎌男。
 吸血が出来るヴァンパイア。
 俗に言うところのサ○ィ○ト。

>かすが

 露出度の高すぎるありえない忍者。
 自分の分身を作り出してスケート選手よろしく回って攻撃することができる。服以外はまともですね。

>前田利家

 何処の酒飲みオヤジですか?
 こいつも戦場なめてます。ちなみに彼は鷹を呼んで攻撃できるんだそうです。鷹に負ける兵士も兵士です。
 後火吹き芸が出来る芸達者な男。戦場出ずにそれで食ってけ。

>まつ

 利家とまつ、というドラマがありましたっけ。前田利家の嫁です。
 まず服がありえない。この時代の服じゃないです。
 彼女も鷹が呼べます……何だかな。

>猿飛佐助

 服がありえない。メタルギアにいそう。
 技は先ほどのかすがとほぼ同じ。忍者ですし。

>島津義弘

 ギルティギアに同じようなキャラを見たような気がするんですけど。
 彼は雷を剣に宿して戦うことが出来るんだそうです。凄いですね(棒読み)

>本多忠勝

 ロボット。巨神兵。それしか思いつきません。
 ともかくでかい。ありえない。というか、機械を内蔵している地点でありえない。
 加速装置内蔵、砲撃砲装備、雷を起こすことが可能。
 戦国最強と言われているらしいですが、単に装備が卑怯なだけです。

>敵キャラ

>徳川家康

 ガキ。え? 何歳の頃です? これ。

>ちょうそかべもとちか。

 戦場なめてます。以上。

>北条氏政

 ただのおじいちゃん。無理したら駄目ですよ。

>毛利元就

 いや、若すぎ。何か風まとってます。

>今川義元

 中国人。


 
 えっと、まず服装が全員ありえない。
 武器もありえない。
 技もありえない。
 こ……これは、戦国という範疇を超えている! 兵器としても通用しそうな破壊力d(終了)

 気になった方は公式サイトへどうぞ。

 いくらなんでもパクったらおしまいです。

未分類

たこ焼き

 
 たこ焼き。大阪名物とまで呼ばれる、お好み焼きの具の塊にタコを入れただけのシンプルなもの。ただお好み焼きと違うのはその中にキャベツが入っているか否か……違いますか?(ぇ)
 
 土曜日の十二時から、関西ローカルかは知りませんが『たかじん胸いっぱい』という番組があるのですが、その中で大阪人の特集がされていたのであります。
 その中で当然取り上げられた項目がたこ焼き。大阪では前記しました通り、キャベツは入っていません。ですが、私の住む京都ではキャベツが入っています。
 
 キャベツが入っているということは、純粋なたこ焼きではないという意味です。純粋なたこ焼きが何で大阪の物なのか、という疑問もあられるでしょうが、たこ焼きの本場とも言われる(かどうかは知りませんが)大阪のたこ焼きを純粋と呼んでいけない理由もないでしょう。
 
 私も同意権だったのですが、キャベツが入っている=お好みボールではないかという反対派の意見がありました。お好み焼きは無論キャベツ入ってます。色々入ってます。家庭ではたこも入れるところもあるかもしれません。
 ですが、そうであるならばお好み焼きを食べればよいのであって、それをたこ焼きを位置づけておくのは非常に不可思議ではないでしょうか。たこ焼きとお好み焼きの区別を大小で片付けるのはあまりにも陳腐です。
 
 さて、京都の人が大阪のたこ焼きを試食してみるとほとんどの人が味が薄い、という意見を言いました。
 本来たこ焼きとはタコの甘みを楽しむものであり、キャベツがいるとその味を打ち消し、かわりにキャベツの味が大きくなる可能性があります。大阪人がキャベツ入りを邪道だと罵る原因の一つがこれでしょう。純粋なたこ焼きに味を感じられないのであれば、お好み焼きを食ってればいいのです。
 
 お互いが共存することは無理です。キャベツという一つの野菜によって、この両者ははっきりと別物の料理になってしまったのですから。
 本当のたこ焼きはどちらなのか。私にはどうでもいいことです。
















 タコ食べれないですもん。何か問題が?





 失礼しました。

未分類

二十五時間テレビ

 
 最初に。かなり長文ですので、読むさいは覚悟してくださいませ(何を?)

 一人では~遠い明日を~夜明けの中で越えそうで~♪(今回聞きまくった曲の歌詞)

 というわけで、一昨日から昨日まであった二十五時間テレビ。去年全て起きていた私は、前回の面白さに期待してまた起きることを決意しました。
 今回の総合司会は……釣瓶さんだったわけですが、それは別にどうだっていいのです。問題はもう一人の司会青木さやかにあったわけです。
 私の中で彼女は司会むけではありません。ロンドンハーツから分かるように、何かの企画のゲストなりなんなりで活きてくるタイプなのですから、司会という枠には絶対合わないのです。
 ですので、まあ始まり方で私の心はつかめずに、本当に諦め半分で見ていました。

 コーナー一つ一つを突っ込んでいきます。

>ドラマ
 
 ドラマは見ない性質なので、はじめの方は見てません。
 ですが全部見まして、別に悪い出来ではないと思います(芸人の演技力は芸人なので期待してません)。ですが、少し脚本が甘いかな、とは感じました。
 ドラマ内で、作戦の一つ、逆電波ジャックをやったことによって明石屋さんま演じる主人公(名前失念)の家族が人質にとられるのですが、考えようによっては当たり前の行為のような気がしますし、それ以前に出来たのならば何でさっさとやらなかったのかと。主人公を追い詰めるのにここまで効果的な作戦もないでしょう。
 個人的にハッピーエンドは好まないので(内容によりますが)、今回の内容であれば主人公を殺せばもっと感動度が上がると思いました。ドラマとしての後味は非常に悪いかもしれませんが、その場合私確実に泣いてます(ぇ)

>女子アナの何か。

 山中アナをはめる為だけに存在したくだらない茶番。女子アナの四割ほどが馬鹿であることぐらい常識(ぇ)なので、今更それを見せられてもつまらない。
 どうせなら全国の女子アナ集めて去年みたいな対抗戦をすれば良かったのではないかと。

>トリビアの温泉

 面白かったです。前半よりも後半(二十四日一時頃からのところ)の方が面白かったですが。
 特に蒲ちゃんがキャラ濃すぎです。男性なんですけど、ウナギ屋の息子で、名前通りのキャラなんですが、選んだ各テレビ局のスタッフの彼を選んだスタッフが意地でも満あっつい(という単位)を取りたいのか、追加VTRにKABA.ちゃんとの競演をさせたんですよ。もう反則。無敵のツータッグで出ないはずがないです。
 後はフジテレビの0の数字に笑ったり、若槻千夏の奮闘やら、12あっついだったから審査員を睨みつける女性やら、結構面白い企画だったと思います。少し時間の分け方がタルかったような気がしますが。

>自衛隊米軍運動会

 せっかく活かせる面白いネタなのに、短時間過ぎ。でも凄かったですよ。面白かったです。

>すぽると

 特にコメントなし。

>さんま・中居の今夜は(も、かもしれません)眠れない

 今回、一番二番を争う面白さ。
 島田伸介の乱入が全て。過去話の暴露は反則なほどに面白く、期待していた真夜中の大かま騒ぎの存在を忘れさせるほどの面白さだったと思います。
 ともかく語るのは無理です。見れなかった? ご愁傷様です。
 
>真夜中の大かま騒ぎ

 暴露話関係ですが、もっと過激な内容が飛びかってました。
 極楽とんぼの加藤の話が一番の盛り上がり。その中で、ヤフーで佐野アナの発言についての何か記事がありましたが、人間で尚且つ男なんだから仕方がないと思います。というか、そんなくだらないことを記事にするから記者という職業が好きになれないんですよね。アナウンサーってそんなに神聖な職業でしたっけ。
 ともかくも、面白かったですよ。語るのは無理です。でも、深夜枠は今年も面白かったです。

>めざましスペシャル

 まあ特に。ニュースですから。

>いいともスペシャル

 爆笑問題の大田の物まねが面白かったです。内容ではなく、しようとした人物が。
 そのほかは特になし。いいともですから、いいともなりの面白さでした。

>真夏の何とか(ぇ)

 全員見たことのあるネタだったので、面白いも糞もないです。
 アンタッチャブルはM1の呪いで徐々に面白くなくなります。今回も全く笑えませんでした。
 アンガールズは個人差があるのでどうとも言えません。友達曰くオチがないのが良いらしいです。そうならばある意味では革命者なので、そこら辺は評価しますが、面白いかどうかはやはり個人差。私は面白くないと感じる一人です。気になってるんですが、どれくらいの人がアンガールズを面白いと思い、そして何処が面白いと感じているんでしょうか。もし顔だったら自然淘汰されるのは間違いないと思いますが。
 波多陽区……もういいや(ぇ)

>アニメ

 三谷幸喜の脚本したサザエさんの内容は、テンポが良すぎて逆に駄目でした。

>テレビ局対抗――

 まあ準決勝と決勝の競技は駄目でしょう。フェアじゃないです。

>マラソン

 それに至る経緯が茶番。でも山中アナとても良かったです。前回みたいな笑わせる応援はありませんでしたが。


>総評

 今回の個人的MVPは芸能人では島田伸介と矢嶋さん。一般人(ぇ)では蒲ちゃんと村上さん(フジテレビの人。真夜中の大かま騒ぎでは仕込みかと思ったが、トリビアの温泉で評価急変。というかk(終了))。
 
 本気で総評しますと、どうでもいい茶番が目に入ったのが嫌でした。例えば、山中アナのハメなり(私はドッキリ芸人と呼ばれる連中以外の人をドッキリにかけるのは嫌いです)、マラソンのボーナスと称したくだらん問題なり、釣瓶脱走なり。所々で見受けられるそこら辺の些細なことが非常に鬱陶しくて、特に釣瓶脱走は明らか三年前か二年前かの事件を煽る内容でしたし、本気で事件起こせば良いんですが、どうせ起きないことは分かりきっていたので非常に興ざめしました。
 この出来ならば起きてても良かったとは思いますけど、後一歩です。茶番するんであればもっと笑わせる内容にして欲しかったですね。

 以上。今回はTMレボリューションの『HRERT OF SWORD――夜明け前――』とBZの『Calling』にお世話になりました。名曲ですよ、どちらも。

 来年も恐らく起きるでしょうが、二曲のどちらからの歌詞からこんな歌詞を引用。

「今までもこれからも約束などすることはないだろう」

 ごめんなさい(蹴)
カレンダー
06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ