FC2ブログ

日常、ゲーム、その他のことをぼちぼちと話す場所。

雑本 66

 まちカドまぞく、これは原作を買う宿命にあった! と帰りに近所の本屋に行ったんですが、5巻しか置いてませんでした。
 アニメ絶賛放送中なのに揃ってないってどういうことなの……。
 ダンベルだとか手品先輩だとかソウナンなんとかとか、なろう系ももちろん、そういうのは特設コーナーまでできてるのに、なんでこれはないのか。
 ……
 嗚呼、女子高生の無駄づかいはなかったです。どういうことだ! どっちもギャグじゃないのか!
 
 今週の木曜にきんいろモザイクの最新刊が出るので、帰り道に一応通れる更に大きな本屋に期待したいと思います。

>追記

 我慢できなくて買っちゃいました。我慢できなくて読み終えました。
 設定盛り盛りなお話でびっくりしましたが、これ、アニメでは美味しいところまで進められないのでは……。

>追記終わり
スポンサーサイト



雑本 65

 最後に書いたのは一年前なのか……。時間が経つのは早いですね。

 色々買ってたんですが一部だけ。

 こみっくがーるずは5巻。流姫妹の同期(?)である新キャラくりすの登場と、かおす先生の連載決定という大イベントが発生します。
 くりすに関しては、流姫妹の出番をもう少し増やしてから満を持して、という感じの方がよかったですね。キャラ設定の関係で、完全にくりすに存在が食われているように思えました。
 で、存在が食われている、と言っても、くりす自体のキャラにそれほど惹かれるものもなく……。
 全員で温泉旅行に行く話で、先生にしきりに酒を勧めるくりすという構図に違和感があったので、そこから何もかもの印象が悪くなっただけなのかもしれませんが。

 かおす先生の連載決定話は編沢さんの独擅場。やっぱりこの人がナンバーワンですよ。
 でも連載決定した話、ネタ的には出落ち感しかないのですが、大丈夫なのだろうか……。

 嗚呼、今作のMVPは小夢の元担当の優子さんですね。以前にも何度か出てて存在感を出していましたが、これで退場(?)なのは惜しい。でも新しい担当さんも良キャラのにおいがしますです。

 XXX

 かぐや様は告らせたい、は15巻。去年の5月では9巻だった訳ですから、やはり週間連載は早いっすね。月間連載の単行本ばっかり買ってるので、年一が当たり前な気がしてました。
 
 14巻は、一先ずかぐやと会長の関係に一区切りがついたものの、そこに氷かぐや復活で更に一悶着か!? という終わり方でした。かぐや様に関してはリアルタイムでも人様の感想を追っていたのですが、恋愛漫画によくある引き伸ばしパターンではないか、という論調が多く、内容自体も、大体が煽りのようなものとはいえ、ネガティブなものが目についた印象でした。

 序盤は以前のやり取りを氷かぐやですればどうなるか、というような内容で、表面だけ見るとネガティブな印象になるのですが、前巻で既に明らかになっているように、会長を好きになったのは氷自体な訳で、ギリギリ恋愛頭脳戦が機能していたあちらとは違い、終始、氷ちゃんがどれだけ会長のことが好きなのか、の解説だったように思います。正直、氷ちゃんがあまりにアホすぎて、ノーマルかぐやよりも好印象だったくらいです。

 大体の恋愛漫画が付き合う=ゴールな訳で、極端な話、相手を好きになる、の一点だけ描いていれば成り立ってると思うんですよ。各キャラの背景を盛ったところで、告白が成就しない限り、そのエピソードは「どれだけ相手が好きなのか」のスパイスでしかない。しかしもうこの話はそれが終わってしまいました。現実の恋愛でも、付き合い始めてから相手のギャップに戸惑って別れる、なんてのはよく聞く話じゃないですか。同棲で破綻するケースも多いんですよね。お互いのことを本当に理解できるのは告白の「後」な訳で、だからこそ私はずっと「恋愛漫画はきちんと告白の後も描け!」と叫び続けているのです。
 
 とはいえ恋愛漫画という視点で見ると、それが一般的に面白いかどうかは微妙なところですよね。「え? フィクションなんだし、めでたしめでたしでよくない? 描く意味あるの?」という言い分もまっとうだと思います。
 後、相互理解って、あんまり好きな表現ではないのですが「闇」に焦点を当てない訳にはいかない。元々この作品はあんまりそこから逃げてなかった印象はあるのですが、それでも今巻は今までになくお互いの負の部分を出してきた訳で、前巻の終わり方を考えると、「なんで普通にイチャイチャしてくれないの!?」という感想になるのは仕方ないと思うのでした。

 それで言うと、今の石上君の内容もそれに近いのかなぁ、と思うところはある。こちらも本人は意図していないとはいえ、告白というイベントがつばめ先輩的には終わってしまっているので。
 でも、石上君に一番お似合いなのはツンデレ先輩だと思うんですよねぇ。ミコちゃんルートって内容的に期待値低いんですよね。会長とかぐやがお互い大好きからの駆け引きだったのに対し、こっちはいかにしてお互いに恋愛感情持たせるかという、それこそ普通の恋愛漫画になるじゃないですか。

 ともあれ、今巻はあくまでかぐやの心の解決のみなところがあり、会長側は不完全燃焼だし、かぐやの留学問題は一切進展してないし、そこら辺の読後感は微妙ですね。まとまってはいるけどなぁ、みたいな。

 今巻のMVPはヤブ医者こと田宮さんの看護師。この人以前にも何度か出てて、真顔で言うセリフがわりとおかしかった気がするんですが、ついにグイグイ前に出始めたのには笑いました。

雑本 64

 そんな訳で、Kindleの明度のまばらさに我慢できなくなり、本屋に飛んでいって色々買ってきました。
 近くの本屋ではなぜかこみっくがーるずの4巻だけ売ってなくて驚愕する。絶賛アニメ放送中の作品の最新刊が一冊もないって……

 こみっくがーるずは既刊4巻。例によって年1発売なんですねぇ。
 アニメ4話でダイジェストとして通過されたエピソードも当然原作にありましたが、案の定、やらないのが惜しい話ばかりでした。
 5話のCパートは話の順番が入れ替わっている関係で、アレだけだとさっぱりわからないですね。

 原作はわりとサブキャラが登場するんですが、全員結構爪痕残して帰っていくのが印象的でした。特に小夢の少女漫画友達2人とその先輩はいいキャラしてます。ただ私の一押しは編集の編沢さんですが。この人はええですよ。

 エピソードは流姫の妹とかおす先生でアイドルのライブに行く話が一番好きですが、アニメはそこまでいかないと諦めてます。

 ただこの作品のキモはやはりかおす先生ですね。好きなものに対する狂気性はきんいろモザイクのシノを彷彿とさせる。全体的に似ているところはそんなにないんですが、きんいろモザイクを初めて読んだ時くらいの没入感があったのは、そこら辺が理由なのかもしれない。

 そういえばアニメでは1年後に寮を建て替えるなんて言ってましたが、原作ではそんなのないままに2年生に進級してましたね。そもそも建物自体が全然違う(原作はアパートっぽい)。原作では他の入居者がいましたが、この設定は他の入居者を出さないための苦肉の策なのかどうなのか。
 ……
 後半の謎シリアスの伏線でなければいいのですが。

 XXX

 かぐや様は告らせたい、は9巻。メインは体育祭でした。
 石神君の過去話だった訳ですが、本人が前に進もうと決意したってところだけでおさめるのが素晴らしかった。前振りも良かったですね。風紀委員のお仕事回でミコちゃんと石神の類似性を出されては、中学時代の石神君への対応に抗議するところや、リレーでじっと応援するところや、レース後に駆け寄ろうとするところの全てが鮮烈に胸に焼き付いてしまう。実に憎い。
 ただ一番凄いのはシコシコゲームで巻を締めるところだと思う。いつもより分厚いと思ってたんですが、1話多いんですよね。この落とし方はこだわりを感じる。

 今回はわりと今後に繋がりそうな話の種が色々ありましたね。白銀家の家庭事情が一番目に付きますが、会長特訓回で見せた藤原書紀の表現に関する熱弁も印象的でした。各人色々と心にモノを抱えていますが、そんな素振りのない藤原書紀にもなんかあるんじゃないの、と思わせてくれる話だったように思います。ギャグ回なのに。

 最も、一番重要なのは早坂さんがマザコンなところでしょう。早坂さんの母親……間違いなく美人だろうなぁ……

雑本 63

 後2年くらいで引っ越しすることになりそうなので、荷物を減らさないといけないんですが、毎月本を買ってしまう関係で、そろそろ電子書籍への移行を真剣に考えていたのでした。
 Kindleはあるため、試しにかぐや様の最新刊を買って読みました。普通に読みやすかったです。

 しかし、電子書籍の最大の問題点は裏表紙でしょうね。これは出版社によって対応が異なるそうで。少なくともかぐや様の最新刊に裏表紙までの対応はなさそうでした。
 ちなみにきんいろモザイクも買ってみたんですが、こっちは裏表紙対応してました。素晴らしい。

 そんな訳で、出版社によって移行を決めた方がいいのかな、という感じ。きらら系は移行して問題なさそう。

 ただ、本気で移行するなら、漫画用のKindleが欲しいですね。参考書と一緒に漫画混ぜるのはどうも……
 漫画向けのKindleはあるものの、私はタッチパネルが嫌いなので、ボタン付きでないと……
 ついでに容量も……
 うーむ。

>追記

 第1弾としてこみっくがーるずを買ってみました。Kindleの拡張子って2種類あるんですかね。PC経由とネットワーク経由で違うような。そして画質も後者は白すぎて読めたもんじゃないような。

>追記終わり

>追記2

 やっぱり明度がまばらすぎる。気になって仕方がないので、もう本買ってきました。

>追記2終わり

雑本 63

 先月分+今月発売のいくつかを購入。
 感想は、ふらいんぐうぃっち、恋愛ラボ、月刊少女野崎くんです。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

frostcolumn

Author:frostcolumn
HN:霜

冴えないゲーム好きです。

月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ